アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「さっさとこいつを完成させて、おいしい酒飲みに行くぞ」 | メイン | 「北斎インパクト」/バカラ 1878年ホイールの開発 »

2017年11月12日 (日)

「北斎インパクト」/「竹林の不二」の何がインパクトなのか

今日は11月12日。

  

11月4日放映の「北斎インパクト~世界が愛した超絶アート~」より。 

  

番組の一部を聞き書きします。

   

Rimg1195

ナレーター:ここはイギリスを代表するクリスタルブランド

   「バカラ」の作品を集めた美術館です。

   北斎の作品は、ガラス工芸の世界にも大きな変革を

   もたらしました。

   

Rimg1174

ナレーター:複雑な装飾が施されているこの花瓶。

   それまでのガラスの器とは全く異なる作風で

   人々をあっと言わせました。

  

Rimg1175

ナレーター:ガラスに彫られているのは、富士山。

   

Rimg1176

ナレーター:反対側から見ると、

   竹林越しに富士の山を眺めることができます。

  

Rimg1177

ナレーター:デザインの元となったのが、北斎のこの作品。

※「竹林の不二」(富嶽百景)

  

Rimg1178

ナレーター:主人公の富士山の手前にあえて竹林を描き、

   遠近感を出しています。

   北斎の斬新な絵に、バカラの職人たちは大きな衝撃を受けます。

        

  

Rimg1179

馬渕明子さん:あれは手前に竹が

   非常にリズムよく並んでいるんですけど、

   ふっと気がつくと、その後ろに線だけで富士山が描かれている。

   そういう何か手前のものを見ていながら、

   視点をちょっとずらすことで、

   奥にあるものに気がつくっていう経験は

   誰にでもあるはずなんですけど、それを描くという方法を

   ヨーロッパの人たちはもっていなかったんですね。

   それを風景画で見事にやったのが、

   北斎の「富嶽百景」の「竹林の不二」で、

   バカラのデザイナーにとって、あの竹のリズム、形というのは、

   装飾デザインの上で非常に斬新で新しくて

   面白かったんだろうと思います。

  

国立西洋美術館の馬渕明子さんの説明は魅力的でした。

「竹林の不二」のような手前の向こうに何か見えるという表現方法が

ヨーロッパ人はもっていなかった!

そうなんですね。

北斎の、もっと広くいえば

浮世絵の何がヨーロッパ人に影響を与えたのか、

もっと具体的に知りたいと思っていましたが、

その一つを知りました。

  

さらに「竹林の不二」の竹を「リズムよく並んでいる」

と言っています。なるほどと思いました。

この絵の竹林がいいなと思えるのは、

「リズム」(そして形)なのですね。

 

バカラの職人たちが、

北斎の絵に衝撃(インパクト)を受けて、

その絵をガラスで表現しようとしました。

そのことについては、次の投稿で。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0444
  • Rimg0443
  • Rimg0442
  • Rimg0439
  • Rimg0436
  • Rimg0435
  • Rimg0433
  • Rimg0432
  • Rimg0428
  • Rimg0426
  • Rimg0424
  • Rimg0422

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼