« 2024年3月 | メイン | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月30日 (火)

なんと、アニメ「忍風カムイ伝」と「どろろ」は同じ日の晩に放映されていた


   

今日は令和6年4月30日。

  

アニメ「サスケ」も「カムイ伝」も、

50年以上前の放映なのに、

YouTubeで解説をしてくれている動画があり、

ついつい見てしまいます。

動画のコメント(1年前)に、「これは60歳以上の人のアニメですね。

今年54歳の私には覚えがありませんが・・・」とありました。

そうでしょうね。

私が7〜8歳で、やっと記憶に残っている年代でしょう。

2本動画を並べます。

リンダリンダ【ゆっくり解説】原作・白土三平の「サスケ」

リンダリンダ【ゆっくり解説】原作・白土三平の「忍風カムイ伝」  

  

「忍風カムイ伝」の動画の中で、

こんな場面がありました。

Img_5397

  

これはフジテレビ系の番組紹介です。

フジテレビ系の毎週日曜日18時30分と言えば、

お馴染み「サザエさん」です。

実は「忍風カムイ伝」が終わったのは1969年9月28日。

そして「サザエさん」が始まったのは、1969年10月5日。

提供は共に東芝。

つまり、長寿番組の「サザエさん」が始まったのは、

「忍風カムイ伝」の後継番組としてだったのです。

  

そして、上の写真のもう一つの注目点は、

アニメ「どろろ」が同時に放映されていることです。

調べました。

放映されたのは、1969年4月6日〜1969年9月28日。

ドンピシャ、「忍風カムイ伝」と同じだったのです。

  

これで長年の疑問が解決しました。

私の中では、妖怪を倒すたびに、体を取り戻していく

ストーリーが、「カムイ」と混同していたのです。

それはカムイではありませんでした。

妖怪を倒して、体を取り戻していくのは、

手塚治虫原作のアニメ「どろろ」に登場する

百鬼丸だったのです。

百鬼丸の名前をすっかり忘れて、

そこにカムイの名前が上書きされていました。

大人になって、図書館で「カムイ外伝」を読んだ時に、

え、カムイって、妖怪を倒す話じゃなかったけなあ。

そんなふうに思ったのです。

なぜそう思ってしまったのか。

  

1969年当時、同じ日の晩に半年間放映された2つのアニメ番組が

混ざってしまったのです。

この記事は、60歳以上の人じゃないとわからないかもしれませんが、

私にとっては、長年の疑問が解決しました。

リンダリンダ【ゆっくり解説】は、「どろろ」についても

解説してくれています。

決まり文句は、これです。

Img_5396

満喫させてもらったかな。感謝。

リンダリンダ【ゆっくり解説】手塚治虫の未完の名作「どろろ(アニメ)」

この動画も良かったです。

60歳以上の方はぜひ見てください。

アニメでは途中から視聴率のために路線変更しています。

そんな大人の事情を知らずに、最後まで子どもだった私は、

番組を楽しみ、心に残っていました。

ちょっと前はモッコウバラ/今はジャスミン/夏はクサギ

    

今日は令和6年4月30日。今日も「即今着手」

   

ちょっと前まで、街角で見かける花は、モッコウバラでした。

あちこちの家の庭で、モッコウバラの黄色を見ました。

どこの家にモッコウバラがあるのかわかる期間でした。

そうだ、モッコウバラの「モッコウ」は、

漢字が「木工」が浮かんでしまって、

いまいちイメージが悪かったです。

でも、先日花の苗を売っている店で、

「木香」という漢字になっているのを見て、

こちらの方がいいなと思いました。

でも黄色のモッコウバラは香りがないそうです。

白い花は少し香るそうですが、

木の香りかというと、そうではないような。

   

そのモッコウバラの勢いがすんで、

今、目立ってきているのがジャスミンです。

我が家にはジャスミンがありませんが、

北隣の家の庭のジャスミンが、

垣根を飛び越えて、我が家の空間でも咲いています。

Img_5705

おかげで、我が家でもジャスミンを楽しんでいます。

  

ジャスミンの花を見ると、かわいそうな名前をつけられた木を

思い出します。

「クサギ」(臭木)

ここでも道草 7月下旬の花々5/ボタンクサギ(2012年8月19日投稿)

Img_5359

Img_5360

花はいい香りですが、葉っぱが臭いそうです。

まだ体感していません。

実も特徴的。

Img_5361

この夏、クサギの花も見逃さずに撮るぞ。ちょっと前は

2024年4月29日 (月)

小学生で見たアニメ「サスケ」「カムイ外伝」

   

今日は令和6年4月29日。

  

最近、白土三平のことを書きました。

「カムイ伝」「カムイ外伝」が懐かしいと書きました。

特に「カムイ外伝」はアニメで見ました。

いつだったのか?

1969年4月6日〜9月28日でした。

私はほぼ8歳でした。

アニメのオープニングとエンドを見ることができます。

カムイ外伝 テレビ動画 OP ED

Img_5350

Img_5351

Img_5352

Img_5353

Img_5354

懐かしい映像です。

そして水原弘さんが歌う「しのびのテーマ」

歌ってましたね、この歌。

8歳の小学生は、夢中になって見ていました。  

  

白土三平のアニメといえば、もう1本。

「サスケ」です。

これも良かった。

これはいつの放映だろう。

1968年9月3日〜1969年3月25日。

「サスケ」が先で、その後に「カムイ外伝」だったのですね。

こちらのテーマ曲も、とっても好きでした。

聞けます。

サスケOP mov歌詞付/ハニーナイツ

Img_5355

Img_5356

Img_5357

Img_5358

この懐かしい歌の歌詞を聞き書きします。


風よ吹け吹け 嵐よほえろ

逃げ道ないぞ

サスケ覚悟 オーオーオーオーヤッ

忍法微塵がくれ サスケ

来るぞ来るぞ来るぞ来るぞ

手強いぞ 

行けよ行けよ行けよ行けよ

負けるなよ サスケ サスケ

俺ら男さ 名はサスケ

  

1人のサスケが2人のサスケに

3人に4人に

5人10人 オーオーオーオーヤッ

忍法影分身 サスケ

来るぞ来るぞ来るぞ来るぞ

手強いぞ 

行けよ行けよ行けよ行けよ

負けるなよ サスケ サスケ

俺ら男さ 名はサスケ

  

空に月なく 闇夜の中に

影が浮かぶ

お前は誰だ オーオーオーオーヤッ

忍法おぼろ影 サスケ

来るぞ来るぞ来るぞ来るぞ

手強いぞ 

行けよ行けよ行けよ行けよ

負けるなよ サスケ サスケ

俺ら男さ 名はサスケ

 

もうこの中で文句なく良かったのが2番です。

  

「1人のサスケが2人のサスケに

 3人に4人に

 5人10人 オーオーオーオーヤッ

 忍法影分身 サスケ」

  

胸をときめかせてくれる歌詞とメロディーでしたね。

  

関連して書きたいことがありますが、

今晩はここまで。

      

  

2024年4月27日 (土)

通算9300本目の投稿/日めくりより 少なくとも78歳まで登山

   

今日は令和6年4月27日。今日も「即今着手」

  

日めくりの「雑学王」(TRY-X)より。

Epson103

そうか、一気に老け込む時があるのですね。

平均して34歳、60歳、78歳。

34歳の時は、どこの学校に勤めていたかな。

O中学校の時だな。

あまり思い当たることがないなあ。

60歳は引退の年。

それ以後ハーフタイムじゃないと働けないと思いました。

60歳定年は理にかなっていたのかな。

78歳は、登山をするのにめざしたい年になりそうです。

78歳までは多少無理があっても登りたい。

その後は緩~い登山にしたいですね。

  

皆さんには、心当たりがありますか。

誤差は前後3年だそうです。

2024年4月26日 (金)

「いざる」「いざり」の意味は?/白土三平の漫画

   

今日は令和6年4月26日。今日も「即今着手」

  

昨日、親戚の叔父さんの手伝いで、農作業をしました。

畝を作って、マルチをはりました。

叔父さんは、北設楽出身で、若い時に豊川市に来ました。

もう一人、農作業に加わった方は、蒲郡市の出身在住の方です。

3人で働いていて、私以外の2人が使っている言葉で、

むむ、聞きなれないぞと思ったのが「いざる」です。

地震で揺れて、いざる。

そんな使い方でした。

「いざる」ってどういう意味だろう?

それは方言か?

北設楽の方言かと思ったけど、

蒲郡の人も使っているぞ?

う〜ん、わからん。

調べました。

  

コトバンク いざる

ここから引用します。

漢字で書くと「躄る」「膝行」

意味は、「座ったままで移動する。膝をついたり、

しりを地につけたままの姿勢で進む」

その他に、「物が、置かれた場所からずれて動く」の意味もありました。

  

なるほど。

そしてこれは方言かどうか。

  

物をずらして動かす意味では、方言のようです。

名古屋弁辞典

Img_5338

  

でも、「座ったままで移動する。膝をついたり、

しりを地につけたままの姿勢で進む」の意味では、

標準語のようです。

参考:栃木県佐野市HP 座ったまま前に進み出ることをイジャリデルという

う〜ん、複雑です。

叔父さんが言うには、足が不自由で歩けない人を

「いざり」と言うそうです。

確かに、上記の「コトバンク」に載っていました。

63歳になって、私はやっと「いざる」を認識したことになります。

まだ若造ですね。

   

「いざり」は現在差別用語のようです。

したがって、かつて漫画で使われていたのが、

削除されているようです。

そのことを書いてあるのが次のサイト。

白土三平絵文学 飛礫

白土三平の「飛礫」の初出は1960年。

1975年の出版までは、「いざり」「めくら」が使われますが、

1977年、1992年の出版で、2つの言葉が削除されています。

この削除では、意味がわからなくなっていると、

この記事を書いている人は言っています。

Img_5339

白土三平といえば「カムイ伝」「カムイ外伝」

懐かしいなあ。

2024年4月25日 (木)

桜の定点観察/花芽だけでなく葉芽の観察も面白そう

   

今日は令和6年4月25日。

  

町内会の電子回覧板で、

3月3日から地区にある桜の冬芽の定点観察した写真を

発信し続けました。

3月の寒さで、なかなか開花しませんでしたが、

4月3日に開花。

その日で発信を終えていました。

  

久々、その定点観察した冬芽を見てみました。

予想外のことが起こっていました。

  

まずは開花直前の様子を写した写真を載せます。

Img_5334

Img_5295

Img_5332

この後がどうなったかです。

今回の冬芽。3つあって、両側が花芽。

そして中央が葉芽(はめ)でした。

その葉芽がどうなったのか、気になったのです。

  

見に行ったのは、2日前の4月23日(火)

驚きました!

これです。

Img_5662

葉芽だから、葉っぱが開いているくらいかなと思いましたが、

とんでもなかったです。

太い茎が伸びて、枝分かれして、何枚も葉っぱが誕生していました。

こんなににぎやかになるんだ。

そして、葉芽から出てきた立派な茎は、

枝になるのかなという予想です。

どうなるんだろう。

  

観察は、続けようと思いました。

ミミズは口から卵を産むの?

   

今日は令和6年4月25日。今日も「即今着手」。

  

2日前に庭で見かけた塚。

Img_5667

なんだと思いますか?

アリ塚?

でもアリの出入りはありませんでした。

蜂に関係があるのかな?

ミミズの糞塚では?

それにしては土がサラサラしているような・・・。

試しに手で塚を均(なら)してみました。

思ったより粘着質でした。

アリは全く出てきませんでした。

ミミズの糞塚でいいのかな。

  

世の中にはいろいろな動画があるので、

ミミズが糞をしている動画がないか探してみました。

  

あるもんですね。

4月 どうやってミミズは糞塊を作るのか?

実際にミミズを捕まえてきて、巣箱に入れて観察していました。

素晴らしい。

Img_5311

Img_5312

Img_5314

Img_5315


Img_5313

貴重な映像です。

  

  

ミミズに関しては、最近、びっくりすることがありました。

ミミズは卵を産むのですが、その卵は口から出すと言うのです。

ミミズは口から卵を産むらしい・・・ミミズの産卵・放卵

Img_5316

Img_5317

Img_5318

  

う〜ん、今気がついたけど、このこと、

すでに4月20日に書いていました。

  

今回はもう少し付け加えます。

普通、卵1つから1匹が誕生するのが常識ですが、

ミミズは、1つの卵から複数出てきます。

みみずが生まれる瞬間がエグい!!

Img_5329

2つの卵から孵化します。

Img_5330

Img_5331

今朝も糞塚/ミミズをどんどん捕まえる方法

   

今日は令和6年4月25日。

  

ミミズは、夜、糞をする。

今朝、我が家の庭のグランドカバーの何箇所かに

ミミズの糞塚がありました。

Img_5668

Img_5670

ミミズによって糞塚の形態は違うようです。

我が家では、糞塚ができても別にかまわないのですが、

ゴルフ場の芝生ように、景観を大事に知る場所では、

糞塚ができるのは厄介なことのようです。

ミミズ退治が行われます。

糞塚を調べていると、椿油粕を使って、

ミミズを地中から出して捕まえる動画によく出合います。

ミミズ退治は正確ではなかったです。

ミミズを捕まえて、花壇に引っ越しさせています。

例えばこの動画。

芝生のミミズを捕る方法

Img_5319


ミミズが芝生によくない理由は、景観を損ねるだけではなかったです。

上記のような理由があるようです。

Img_5320

使うのは「椿油粕」

この中に含まれるサポニンの界面活性作用が良いようです。

界面活性作用とは。

Img_5321

Img_5322

この動画では、界面活性作用を、水と油の実験で説明してくれています。

実にわかりやすかったです。

良かったら見てください。

ただし、このサポニンが、ミミズにどのような作用をして、

ミミズが陸上に上がってくるのかは、

正確にはわかっていないようです。

Img_5323

Img_5324

雨の日に、ミミズが地上に出てくる理由も、

確定しているわけではないようです。

Img_5325

Img_5326

理由ははっきりしませんが、椿油粕を撒いて、

散水すると、数分でミミズが次から次に出てきます。

それを捕らえます。

Img_5327

これはありがたいですね。

  

でも、雨降りで、椿油粕の海面活性作用のある液体が、

すぐに河川に流れる状況では、使用禁止だそうです。

魚には悪影響を与えるからです。

Img_5328

  

最近はちょっとミミズに凝っています。

2024年4月24日 (水)

通級指導の勉強 学校の先生による説明

今日は令和6年4月24日。今日も「即今着手」

  

動画を使った通級指導の勉強。

昨日の動画と同じでこぼこさんチャンネルの動画です。

昨日の動画が、オレンジ色担当のりんりんさんでしたが、

今日の動画は、むらさき色担当の保健室の先生、ねこままさんです。

オレンジ色担当、むらさき色担当って何だよと、

突っ込みたくなりますが、まあいいでしょう。

今回は、学校の先生の立場で通級指導を語っています。

でこぼこさんチャンネル 通級指導教室 どんなところ?

Img_5296

通級指導の初心者。まずはこういう基本を押さえます。

Img_5297

「週に数時間通う」

これは勤務校では、対象の子どもが多くて無理。

2週に1時間の子どももいます。

  

Img_5298

知的障害は入らないというのをチェック。

身体的な障害は入るのですね。

  

Img_5299

勤務校では、通常学級の授業を一部抜け出しての参加型です。

  

Img_5300

Img_5301

Img_5302

「楽しく話をする」

話そうとするから、どう表現しようか考えます。

表現する力が育ちます。

「楽しく話をする」は大事です。

  

Img_5303

Img_5304

「子ども自身が理解して受け入れられるように」

これは難しい。

具体例が欲しいなと思います。

残念ながらこの動画では出てきません。

  

Img_5305

週に1時間、2週で1時間の通級担当の教師のできることは

限界があります。

通常学級の担任、保護者との情報交換は必要ですね。

前任者は、プリントによる情報交換でしたが、

情報と指導の記録が残るように、今年度はノートを使います。

通常学級の担任の先生の目に入りやすいように、

ノートの表紙には、大きな文字で「通級ノート」とうちました。

  

Img_5306

簡単に書いてあるけど、難しいことです。

  

Img_5307

これも難しい。

週1時間、それも通常学級での授業を犠牲にしています。

その気にならなければ、マイナスになってしまう通級指導。

  

Img_5308

以上、3本の動画で、通級指導の基本を勉強しました。

今頃遅いと言われそうですが、実際に通級指導を体験しながら、

並行して勉強をしていきたい。



  

2024年4月23日 (火)

通級指導の勉強 保護者の声「通級指導教室は通わせる価値あり」

今日は令和6年4月23日。

  

通級指導の基礎を、動画でしっかり確認していきたいです。

前記事に引き続き、今回は2本の動画を持ってきます。

1本目。

でこぼこさんチャンネル 行く価値あり!!通級指導教室

「行く価値あり」と思って欲しいから、

保護者が語るこの動画は気になりました。

Img_5284

りんりんさんの息子さんMくんが、

1年生の夏休み明けから強い登校しぶり。

そのMくんが、通級指導教室に通った話。

  

Img_5285_2

これはりんりんさんから保護者に対しての質問です。

教師の私だって、通級指導がどんなことをやっているのか、

しっかり説明できない身でした。

保護者はわかりにくいでしょうね。

 

Img_5286

りんりんさんは、結論としてこう言ってくれています。

やるからにはこう言われたい言葉です。

なぜりんりんさんは、この結論になったのか、

見ていきたいです。

  

りんりんさんの息子のMくんは、

2年生の秋から通級教室に通い始めました。

Img_5287

りんりんさんが、通級指導教室おすすめの理由を言っています。

聞き書きして、参考にしたいです。

 

Img_5288

りんりんさんはまずこう言いました。

そして続けます。

  

何よりもM君が以前よりも自信がつき学校嫌いが緩和したことです。

それは個人に合った指導をしてくれる場所だからです。

個別での成長を見とってくれる場所なので・・・

Img_5289

連絡帳で保護者と通級指導の先生と学校の担任の先生とで

情報を共有していくので、学校での支援もあり環境も

整いやすいです。

Img_5290

 

M君は言語クラスで学んでいます。

1週間に一時間のみです。

自分の思いを言葉で相手に伝えることが苦手だったので、

コミュニケーションを伸ばすための学びや

語彙を増やすためのプリント

先生とボードゲームなどをして言葉の関連性を

学んだりと盛りだくさんの内容を先生と1対1で行います。

M君、めちゃくちゃ楽しんでいます。

通常学級の授業とは違ってM君のペースや

気持ちに寄り添ってもらいながら進めてくれるので

M君は通級指導の時間が大好きでした。

Img_5292

Img_5293

Img_5294

  

  

保護者のりんりんさんのように思ってもらうためには、

子どもに合った指導を、週1時間の授業でやることです。

その結果、子どもたちがたくさん話をしてくれるようになったら、

子どものことがよりわかって、指導ができるでしょう。

通常学級の担任、保護者、そして私が得た情報を共有することも

大事になってきます。

  

この動画はでこぼこさんチャンネルです。

同じチャンネルで、学校の先生が通級学級教室のことを書いています。

明日、その動画について書きます。

  

頑張って、通級指導の勉強。基礎勉強。

  

最近の写真

  • Img_6093
  • Img_6092
  • Img_6091
  • Img_6090
  • Img_6089
  • Img_6355
  • Img_6349
  • Img_6346
  • Img_6343
  • Img_6328
  • Img_6327
  • Img_6326

楽餓鬼

今日はにゃんの日

いま ここ 浜松

がん治療で悩むあなたに贈る言葉