アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 20170521御池岳付近散策その3/達人たちと出会う | メイン | 20170521御池岳付近散策その5/最後はハルゼミの話 »

2017年5月22日 (月)

20170521御池岳付近散策その4/ダンドボロギクのダンドは?

  

今日は5月22日。

  

前投稿に引き続き、昨日の御池岳付近登山・散策の報告を書きます。

  

自然観察会で教えてもらったことを書きとめます。

  

Rimg0018

Rimg0020

Rimg0022

エビネ

全国で絶滅が危惧されている多年草です。

市域では、落葉樹林に稀に生えます。

根茎(パルプ)の形がエビの姿に似ていることから

名付けられました。

市域でも減少しています。

保護に、ご理解ご協力をお願いします。

「いなべ市の自然」(三重県いなべ市教育委員会)より

  

 

Rimg0055

Rimg0056

トリカブト

  

Rimg0091

サワギク

黄色い花が咲きます。これから咲きます。

白い冠毛(かんもう)・綿毛が

ゴミのようにボロに見えることから、別名「ボロギク

ボロギクの名前がつくのは他に

ベニバナボロギク」「ダンドボロギク

ノボロギク」があるそうです。

ダンドボロギクのボロ状態↓

Img_4518花山の四季 まさにボロギク より

 

教えてもらったときから気になっていたのが「ダンド」

これってもしかしたら・・・・

地元の愛知県段戸山で見つかったことから、

この名前がついたそうです。

地元の名前が出てくるとうれしいです。

  

  

Rimg0096ハシリドコロ

名前についてWikipediaには次のように書いてありました。

和名は、食べると錯乱して走り回ること、

また、根茎がトコロ(野老)に似ていることから付けられた。

  

ナスのような紫の花が咲くとのこと。

実際に見たいと思いました。

Hashiridokorohana2東京都薬用植物園 フキノトウとハシリドコロ(有毒)より

  

  

カラスノエンドウ(カラス野エンドウ)と

スズメノエンドウ(スズメ野エンドウ)の中間である

カスマグサの話もしてもらいました。

鞘に入っている種の数が違うそうです。

カラスノエンドウが13、

カスマグサが4,

そしてスズメノエンドウは2。

この数を数えれば、どの植物か同定できるそうです。

カスマグサは以前に出会っていたぞと思い出し、調べました。

4年前に出会っていました。

ここでも道草 H25 4月の花々33 カスマグサ(2013年5月18日投稿)

  

報告のつづきは次の投稿で。

次が報告の最終回になりそうです。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0444
  • Rimg0443
  • Rimg0442
  • Rimg0439
  • Rimg0436
  • Rimg0435
  • Rimg0433
  • Rimg0432
  • Rimg0428
  • Rimg0426
  • Rimg0424
  • Rimg0422

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼