« 新しい1万円の裏には東京駅丸の内駅舎 | メイン | 「姿三四郎」のモデルは、嘉納治五郎の弟子でした »

2019年4月14日 (日)

4月1日の「雑学王」より/ティッシュペーパーを2枚重ねにしている理由

 

今日は平成31年4月14日。

  

新年度、毎日がなかなかハードですが、

それでもひとつ、ひとつ片付けていきます。

副題にあるように「シングルタスクで行こう」ですね。

ここでも道草 マルチタスクは人間には向いていない/シングルタスクで行こう!(2017年1月3日投稿)

 

2本前の投稿の続きで、

4月1日放映の「芸能人雑学王最強No1決定戦2019春!」より。

 

問題

ティッシュペーパーを2枚重ねにしている理由は?

Rimg1864

  

ふだん疑問に思っていなかったことを

問われました。

 

解答

Rimg1865

Rimg1866

Rimg1867

Rimg1870

 

そうだったのですね。

では、なぜ製造過程で肌触りの違う表と裏ができてしまうのか?

この疑問にも、「雑学王」はすぐに答えてくれました。

 

ティッシュペーパーは、仕上げの段階で、

ドラムで一度きれいに伸ばした後、巻き取ります。

Rimg1868

Rimg1869  

その際に、ドラムに接する方は、ツルツルになりますが、

接しない方は、熱風で乾かされ、ザラザラになってしまうそうです。

そこで、ザラザラの面同士を合わせることで、

ツルツルの面が両面できるというわけです。

なるほどです。

 

そうと知ると、さっそくティッシュペーパーを触ってみたくなります。

  

触ってみました。

う~ん、表は確かにツルツルですが、

裏もザラザラって感じではありません。

私の触覚が鈍感なのでしょうか?

きっとそうでしょう。

 

皆さんも試してみてください。

つづく。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg4750
  • Rimg4746
  • Rimg4745
  • Rimg2150a
  • Rimg2150
  • Rimg2149a
  • Rimg2149
  • Rimg2141a
  • Rimg2141
  • Rimg2156_2
  • Rimg2155
  • Rimg2132

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography