アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 豊橋市には「現場急行支援システム」がある | メイン | 千両墓地の場所がわかってきた »

2009年2月21日 (土)

映画「しゃべれどもしゃべれども」を見る

興味はあるけど、深入りすることはなく、

さりとて離れてしまうことのないのが落語。

だからNHKのドラマ「ちりとてちん」は見てしまうし、

今回も映画「しゃべれどもしゃべれども」も借りてきて見ました。

20070530_300541 20070530_300543

   

   

   

国分太一さんの落語「火炎太鼓」がすごいとは聞いていました。

確かに良かった。しゃべり、顔の表情などなど、見とれました。

いろいろ体験して、急成長した主人公をよく表現していました。

役者さんとしても、随所でよかったです。

この人、もとから役者さんだっけ、と思えました。

軽快でいて心に残る動き、話し方でした。

   

香里奈さんは・・・・う~ん、話下手でいつも怒っているように見られる美人役ならいいんだよな。

もしかしてそのような不器用さを買われてのキャスティングでしょうか。

でもジーンときたのは、そんな香里奈さんのラストの落語。やられたぁ。

    

子役森永悠希君の落語「まんじゅうこわい」も面白かった。

小学4~5年生だと思うけど、

登場シーンから最後まで堂々と演じていました。

こういう小学生もいるんだなあ。

映画の中で母親が「この子は見かけによらずデリケートなんです」と言っていました。

でもこの子はデリケートとは思えない。

図太いよ、きっと。わが道を行く、といった演技に見えました。

   

八千草薫さんも、門前の小僧のように、落語を口ずさんでいました。

「私の方がうまい」と言いつつ。年輩の人の方が落語は似合うのかな。

    

ゆっくりできる土曜日に、くつろいで見ました。

もちろん、お薦め。

   

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31075965

映画「しゃべれどもしゃべれども」を見るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1933
  • Rimg1931
  • Rimg1930
  • Rimg1929
  • Rimg1928
  • Rimg1927_2
  • Rimg1926
  • Rimg1925
  • Rimg1921
  • Rimg1920
  • Rimg1919
  • Rimg1918

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼