アクセスランキング

Powered by Six Apart

2019年1月15日 (火)

世界一の埋蔵量を誇るカラジャス鉱山の鉄鉱石を運ぶ鉄道

今日は1月15日。

  

以前は、世界で有数の埋蔵量を誇る鉄鉱石鉱山

メサビ(アメリカ)のことを書きました。

ここでも道草 いいサイトを発見!導かれてメサビ鉄山へ(2018年12月18日投稿)

今回はいよいよ世界一の埋蔵量の鉄鉱石鉱山の話。

場所はブラジルのカラジャス

 

広大な露天掘りで採掘された鉄鉱石は、

カラジャス鉄道の貨車で、海岸にある街サンルイスに運ばれます。

ブラジル紹介 カラジャス鉱山鉄道

このサイトには、次のようなことが書いてありました。

 

カラジャス鉱山のスケールの大きさは

露天掘りの巨大な鉱区の写真でも分かりますが、

鉄鉱石を運ぶカラジャス鉄道がそれを雄弁に物語っています。

因みに、カラジャス鉄道は鉄鉱石を892km離れた

サンルイス港に運ぶために1985年に敷設された鉄道で、

CVRDが運営に当っています。

  

CVRD」は「ヴァリ・ド・リオ・ドセ社」のこと。

世界最大の鉄鉱石産出メーカー。

  

長距離輸送を効率的に行うため考案されたのが、

車両を極限にまで連結する手法で、

機関車2両で180両の貨車を連結した長大なものです。

仮に、貨車一両を10メートルとすると、

車両の全長は1.8kmにもなります。

  

こんな説明を読むと、次に何がやりたいか。

わかりますか?

映像で確かめたくなりますよね。

180両もの貨車を連結した列車を見たいです。

そして数えたいです。貨車の数を。

  

映像を探しました。

  

ありましたよ。

 

これです。↓

Photo

Photo_5

Photo_2

Photo_3

Photo_4

  

3分近くかかって、貨物列車が目の前を通過します。

私はまだ貨車の数を数えていません。

授業で生徒と一緒に数えたいと思います。

いかにたくさんの鉄鉱石が産出されているか実感する

ひとつの方法だと思います。

鉄鉱石が、ブラジルの海外への輸出品目のトップ5に

入っているのもうなづけると思います。

こうやって動画をアップしてくださった方に感謝。

  

  

こんな貨車にどうやって鉄鉱石を積み込むのか。

そんな疑問を解いてくれる映像も発見。

カラジャス鉄道ではないのですが、

ブラジルの他の鉱山鉄道での積み込み映像がありました。

サルゼドという場所です。

Photo_6

この大がかりさに驚きです。

昨晩は失敗してしまう/父親をのぼせさせてしまう

今日は1月15日。

1月も今日で前半終了。

  

昨日はひとつ失敗。

父親が高齢のため体が不自由なので、

風呂は私が身体を洗うのを手伝っています。

昨日は体を洗ってから、

私は風呂を出て他のことをしていました。

 

父親はその後、湯船に入って、寝てしまったようで、

気づいた時には40分以上が経ってしまいました。

見に行ったら、父親はのぼせてしまったようで、

少々意識がぼうっとしていて、話していることが少々おかしい。

 

湯船から出そうとしても、

身体がますます思うように動かず、

特に足が動かないために、湯船から出すのでも一苦労。

 

風呂の傍らにやっと座らせたけど、呼吸も荒く、ぐったり。

風呂場の窓を開けて涼しくして、水を飲ませました。

しだいに本来に戻り、ホッとしましたが、

足の動きがいつもより悪く、

結局昨晩は、足が動かずに家の中で2回転倒。

できるだけ移動は付き添っていました。

 

今朝は少しは足の動きは改善したようですが、

まだ本来ではありません。

 

反省です。

風呂場は暖房をきかせ、お湯も保温状態。

良かれ思ってやっていたことですが、

その中に長時間いたなら、体温は上がる一方。

のぼせさせてしまいました。

以後は気をつけたい。

湯船に入る時間は短時間にして、

必ず湯船から出る時には手伝いたい。

  

同年代の、親の介護をしている皆さん、

気をつけましょう。

2019年1月14日 (月)

2月6日(水)記念切手発売/3月30日(土)落語独演会

 

今日は1月14日。

  

こんなチラシを目にしました。

Epson012

Epson013  

3月30日に何か用があるかどうかはまだ不明ですが、

チケットを買ってしまおうかな。

チケットの発売は、昨日(1月13日)から。

まだ残ってますよね、チケット。

  

  

昨年、年賀状を購入した付録で

郵便局からいただいたカレンダー。

1月2月のカットが素晴らしい。↓

Epson014  

こんな説明が書いてありました。

引用します。

  

天体シリーズ第2集 

発行予定 2019/2/6

惑星や星雲などの美しい天体の世界をイメージしたシリーズ。

切手シートを傾けると光が反射される透明ホログラム箔を使用し、

切手の表面をキラキラと輝かせることで、

天体の美しさを再現しています。

  

楽しみです。

丸い切手が楽しそう。

  

Epson014a 

カレンダーのカットの右の上の部分にあるのは

エウロパ(上)とィオ(下)。

どちらも木星の衛星。

00010247  

上の絵は平塚市博物館HPより。

この絵の中にある4つの衛星は、

1610年、ガリレオにより発見されたものです。

ガリレオ衛星と呼ばれています。

望遠鏡で見ると、木星がとても大きいので、小さな天体に見えるそうです。

しかし、地球の月と同程度かそれよりも大きな天体なのだそうです。

  

さらに、HPのイオに関する説明が興味深かったので

平塚市博物館HPより引用します。

 

イオの火山活動

イオは木星に一番近いところを

2日足らずでまわっている衛星です。

大きさは赤道半径1821kmで、特徴は火山があることです。

惑星探査機ボイジャーの観測から、

いくつもの火山の噴火が発見されました。

地球以外の天体で活火山が見つかったのは

これが初めてなのです。

イオは木星から約42万kmと非常に近いところをまわっているため、

木星の大きな潮汐力によって、その内部がたえずゆがみ、

その摩擦熱で内部が溶け、溶岩となって噴出すると考えられています。

表面が黄色く見えるのは火山から噴出した硫黄分が

表面を覆っているからです。

 

イオの色に納得です。

火山活動している天体なんて、興味深いです。  

  

2月6日。水曜日。

平日だけど、郵便局に行けないかなあ。

中学校だと空き時間がある。

生活ノートを急いで見て、近くの郵便局に走るか!

 

  

2019年1月13日 (日)

テレビ番組と動画配信サービスが共存することを象徴するCM

 

今日は1月13日。 

   

今日はテレビ番組のことを書いてきました。

そしてインターネットを使った「見逃し配信」

「動画配信サービス」のことまで調べて書きました。

そしたら、このCMに出合いました。


YouTube: 【CM】ソニー ブラビア

この偶然を大事にしたい。

書き留めます。

  

  

北川景子:スマホひとつでいろんなネット動画を楽しめる。

  じゃあ、テレビは何をしてくれるの?

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

ナレーター:テレビ番組もネット番組も限りなく美しく、BRAVIA。

Photo_8

Photo_9  

Photo_10

北川景子:私、欲張り?

Photo_11

以上がCMの流れです。

 

注目はリモコンです。

Photo_12 AV Watch

   

前投稿で書いた動画配信サービスのボタンが

テレビのリモコンに組み込まれています。

もうテレビはテレビ番組だけ映していたらダメなんですね。

こうやって動画配信サービスを簡単に見ることができますよ

と言うことを示さないと、

テレビ機器が売れなくなってしまうのでしょう。

テレビ番組とネット動画が共存する時代になった

象徴的なリモコンだと思います。

  

  

さあ、考えよう。

テレビ番組とネット動画が共存する状況を

生きている生徒たちに、

社会科をどう教えるか?

  

「動画配信サービス」どんなのがあるのか?

  

今日は1月13日。

  

前投稿に引き続き、1月2日晩放映された

新春TV放談 2019」(NHK)の内容を

書き留めていきます。

  

Rimg1437

Rimg1439  

番組では、このテーマで意見交換されていました。

私は「動画配信サービス」もよくわかっていません。

 

 

【Youtube】

これは知っています。体験もしています。

ただ、Youtubeプレミアムというサービスが

昨年11月から始まっています。

月額1180円。いろいろできることがあります。

動画を簡単にダウンロードできるのが私には魅力です。

WiFiの通信制限に引っかからない可能性が高まります。

参考までに・・・

ここでも道草youtubeは2005年4月23日にスタート(2016年5月15日放映)

  

  

【Hulu(フールー)】

月額1007円(税込)。

Huluの魅力は“いまそこにある機器”で

いつでもお楽しみいただけることです。

例えばスマホで見ていたドラマの続きを

テレビの大画面で見たり、その続きを

ベッドに入ってタブレットで見ることもできます。

Hulu HPより

これは他の動画配信サービスも同じでしょう。

 

  

 

【Netflix(ネットフリックス)】

スタンダードプラン 月額950円。

ネットフリックスとは毎月定額を支払えば、

制限無しでいくらでもテレビ番組や映画、

アニメなどのコンテンツ楽しむことができる

動画配信サービスです。

コンテンツは毎月続々と追加されて行くので、

見つくして飽きてしまう心配ももういりません。

WideShallow より

  

  

  

【Amazonプライム・ビデオ】

Prime Videoチャンネル

プライム会員なら、観たいチャンネルを選んで楽しめます。

映画&TV番組、スポーツ、ドキュメンタリー、

ニュースなどの幅広いジャンルのチャンネルがあり、

チャンネル毎に無料体験できます。

ケーブルやアンテナの設置なしですぐ利用でき、

いつでもキャンセル可能。

お支払いは観たいチャンネル分だけ。

amazon より

 

  

  

【AbemaTV】

PC・スマートフォン向けのライブストリーミング形式である

インターネットテレビ(放送事業者ではない)。

サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して設立した

株式会社AbemaTVが運営している。

Wikipediaより

試しにAbemaTVアプリをタブレット端末に入れました。

Avema TV アプリ

Abema

 

 

U-NEXTという動画配信サービスは、

かつて利用したことがあります。

見逃した番組を見たいために、

無料体験をしました。

残念ながら、iPadで映し出された番組を、

AppleTVでモニターに映そうとしましたが、

著作権の関係でできませんでした。

授業でこの使用ができないのは、私には辛いところ。

無料体験だけで終えました。

  

  

動画配信サービスを書き並べただけです。

まだまだ未体験が多く、語ることはできません。

でもインターネットが始まったことで、

20年ぐらい前では考えられないことが起こっていることは、

少しずつわかってきました。

  

 

動画配信サービスの多くは、視聴者からお金を集めます。

TV番組はスポンサーから集めます。

この違いについて、SHOWROOM株式会社代表取締役社長

前田裕二さんは番組でこう言ってました。

  

お金の出し手が違うというのは、大きいですね。

見ている人が払うか、スポンサーが払うか。

見ている人が払うならば、

全く忖度(そんたく)しなくてよくなるので、

ただ見ている人が面白いかだけに集中できるというのは

強いなと思います。

  

確かにここは大きい。

さらに前投稿でも発言を書いた

テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さんの発言が

またもやヒントを与えてくれました。

  

Rimg1440   

東京03がものすごく10代のファンが増えたんですって。

それはYoutubeチャンネルを開設して、

2年ぐらい経ったら、

昔のコントを10代が見てて、テレビにあまり出ていないのに、

ライブの動員が2万人を超えた。

それがYoutbeチャンネルの開設が理由だった。

  

テレビ番組に出ていなくても、

SNSやタブレット端末、PCで視聴できるようにしておけば、

10代は見る可能性があるということです。

ちなみに東京03のYoutubeチャンネルはここです↓

東京03 Official Youtube Channel

Photo 

そして最近アップされた動画↓


YouTube: 東京03 - 「それぞれの災難」 / 『第11回東京03単独公演 「正論、異論、口論。」』より

 

 

  

以上です。

テレビ番組だけでなく、インターネットに関する動画まで

少し勉強をして、教育に活かしたいですね。

  

「見逃し配信」「TVer」を今年は体験したい

今日は1月13日。

  

1月2日の晩にふと見た番組がよくて、急きょ録画しました。

新春TV放談 2019」(NHK)です。

午後10時15分からの番組でしたが、

私が録画したのは午後11時から30分間。

たったの30分間だけど、面白かった。

この番組は毎年行われていて、今回が11回目。

知らなかった~。

  

印象に残ったことを、ここに書き留めます。

  

Rimg1434  

「見逃し配信」でテレビはどうなる?

  

というテーマで意見が交わされました。

私は、「見逃し配信」についてはよくわからず。

いい機会なので、調べました。

 

ここが参考になりました。

appllio テレビ見逃し配信アプリまとめ、見逃した人気ドラマも無料で追っかけ 

 

ここに「見逃し配信」の目的が書いてありました。

  

いつも見ているバラエティ番組を見逃してしまったり、

ドラマの録画予約を忘れてしまったりと、

忙しい日常では決まった時間に

テレビの前でスタンバイするのは難しいもの。

見たい番組を自分の好きな時間に好きな場所で楽しむ、

それを無料で叶えてくれるのが、

いわゆるテレビ見逃し配信サービス(アプリ)です。

  

見逃した番組を見るだけでなく、

自分の好きな時間に好きな場所で楽しむ。

この後半の目的は、かつては考えられなかったことです。

これらの「見逃し配信」が、パソコンやSNSやタブレット端末で

見ることができるからできることです。

録画して、プレーヤー、TV画面を利用して視聴するのに比べて、

自由度が高くなりました。

  

ただ「見逃し配信」は、原則として放送日から

1週間限定で視聴できます。

ここが録画とは大きく違います。

録画は手元に保管できるのがいいところだと思います。

  

 

「見逃し配信」はたくさんあります。

各テレビ局が無料で期間限定で配信するものと、

有料で、テレビ局が選んだ番組をいつでも見ることができるものが

あるようです。

 

Rimg1435

新春TV放談 2019」では、

「見逃し配信」として「TVer(ティーバー)」のことが

話されました。

名前は聞いたことがあったけど、

全く利用したことがなかったので、

今回、アプリをタブレット端末に入れました。

TVer 民放公式テレビポータル

Tver

これで「見逃し配信」を体験してみたいです。

  

  

テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さんの発言を

聞き書きします。

  

見逃し配信について聞かれた答え。

  

ドラマにおいては「見逃し配信」はキャッチアップ、

(今の回に)追いつくことにプラスになっていることが立証されていて、

ドラマ(制作)の人たちは、(「見逃し配信」は困ると)全く思っていない。

ただ、バラエティーの人は、いまだに視聴率を下げるもんだと

思っている人もいるから、

バラエティーはおそらく全部はTVerにはできない。

そこはまだ分かれていると思いますね。主義が。

  

全ての番組がTVerで視聴できるわけではないのです。

ドラマでは、見逃しても、TVerによって視聴することができ、

本放送に間に合うわけです。

でも視聴率を大事にしている人たちにとっては、

「見逃し配信」によって、本放送を視聴しない人も出てくるわけです。

だから都合悪し。なるほどと思いました。

しかし、佐久間さんは続けてこう言います。

  

どう考えても、直(じき)に、全部「見逃し配信」に出して

かつ、インターネットで同時に生放送、

テレビで見るものと同じものがTVerでも見ることが起きないと

不便なまま(テレビから)離れる若い人たちが増えるだけだと

思います。

Rimg1436   

テレビ番組がテレビ画面だけでなく、SNSの画面でも

同時に見ることができる。

つまり帰宅する電車の中で、今まさに行われているドラマ、

サッカーの試合、野球の試合が見たいわけです。

世間より遅れて視聴するのは、興ざめしてしまうのです。

もう欲求は留まりません。

ますます、私の考え方は古くなるのかな?

あらかじめ番組を調べて、見たい番組を選別し、

そして見逃さずに録画したり、視聴したりします。

それが学習に効果的だと考えています。

 

18年ブランクがあっても、

この考えは揺るぎないと思っていたのに、

最近のテレビ事情を知るにつけて、揺らいでいます。

若者がテレビ番組から離れつつあります。

  

  

つづく。

  

  

  

テレビ番組を見るのが当たり前ではない生徒を教えている

今日は1月13日。

  

前投稿に引き続き、1月6日放映の「サンデーモーニング」の内容。

メディア総接触時間の割合

Bf4faee344fb408689ebd1c143c412f9301  

 

私の社会科の授業のやり方は、

テレビ番組を利用して説明しています。

視覚的教材なので、生徒はイメージが浮かびやすく、

効果的だと思ってきました。

テレビ番組がとても勉強になることを授業で知らせたら、

生徒自ら進んで番組を選んで見ることになり、

授業だけでなく、授業以外にも生徒の学習は広がると

もくろんでいます。

  

このやり方は、18年前まで勤めていた中学校でも

10年間、その考えでやってきました。

久々の中学校勤務で、再びこのやり方を思い出し、

日々実践してきました。

  

でも、思ったのです。

18年前に比べて、授業で紹介した番組、

例えば「大河ドラマ」をよく紹介しましたが、

実際に見たという生徒は思ったよりも少ないのです。

授業の時の様子からして、もう少し生徒は見るぞと思っても、

それほどではないのです。

前中学校勤務の体験と比べても、少ないと思っていました。

  

「サンデーモーニング」で示されたフリップで、

少し理由が見えてきました。

今の時代、テレビ番組以外に、帰宅した生徒が見るものは

多岐になったのだと思います。

パソコン、タブレット端末、そして携帯電話・スマホ。

テレビ番組からだんだん遠のいています。

さらに、このフリップの下に隠れていた

20歳代に限ったグラフが登場してますますそう思えました。

E1ec49cb77114e109947b0e3449b0c78301  

携帯電話・スマホに接触している時間の多いこと!

パソコン・タブレット端末・携帯電話・スマホを合わせて約70%!

実際に自分の息子・娘(20歳代 息子は今日成人式参加)を見ていると

うなづけます。

 

テレビ番組を見るのが当たり前ではなくなっている若者を

今は教えていることを認識しないといけないなと思いました。

  

「番組を逃さず見る」という積極的な関りが有効と考えてきました。

この考えは変わりません。

それだけではなく、パソコンやスマホで見る動画も含めて

紹介していきたいと思いました。

実際、先日、Youtubeで番組を紹介した時は、

「これって検索したら(家で)見ることができますよね」と

言ってきた生徒がいました。

 

18年前とは違う状況です。

    

平成30年間の技術革新/パソコン、インターネット、スマホ他

今日は1月13日。

  

1月6日放映の「サンデーモーニング」では、

平成30年を振り返ることをやっていました。

「技術革新」というキーワードで、

その変遷を紹介するコーナーもありました。

そこから、転載・引用します。

  

まずはこの写真。↓  

Ad51e60b20fc42f987e04072e3444d9f3_2    

世界初の電子式コンピューター

「エニアック」(1946年)

  

先日、コンピューターの元を作ったチューリングの

映画を見た後だけに、気になりました。

ここでも道草 1年前の「見たい」を実行/映画「イミテーション・ゲーム」を見る(2018年1月4日投稿)

何気なく「サンデーモーニング」をみていましたが、

このフリップを見た途端に、録画をスタートさせました。

  

チューリングが作った機器は、電子式ではなく、

電気・機械式なのだそうです。電子式ではないのです。

どう違うの?

調べても、スッキリわかりませんでしたが、

電気信号を使ううか使わないかの差なのかなと思いました。

  

 

そしてこのフリップ↓

5b283c27ffc64d30ad6ad6a8822675043_2  

「携帯電話普及率」を示すグラフです。

平成元年(1989年)には普及率0.2%。

それが平成30年には135%!

平成の30年間は、

携帯電話が当たり前になる期間だったと言えます。

  

私が初めて携帯電話を購入したのは、

1996年ぐらいだったかな。

ちょうど普及率のグラフが上向きになった時です。

中学校に勤務していて、生徒指導担当だったので、

きっと使うよと買うことを勧められて買った覚えがあります。

  

携帯電話の形も変遷してきました。

  

D48390e2fcc143ba9b838735eb160681301

↑ 平成より少し前に登場したショルダーフォン。

 1985年。

その2年後に、本格的な携帯電話が登場。まだまだ大きい。↓

16a9759e028a4a12af0f7c3a00737f3d301  

 

平成元年(1989年)

 

東芝が世界初のA4サイズ「ノートパソコン」

ダイナブックを発売  

  

F2342c4fb90e42deab2e63b59668c060301

302748341e424f1a9751fd2c0364a839301  

今は当たり前のノートパソコンは、日本が最初だったのは

知らなかったし、すごいなと思いました。

  

そして1995年(平成7年)の「Windows95」の発売。

17f6a8440f4f41f3a2e5d7bfd501ceb6301

F72b51b8a3254dd2a2a7014133171504301

7c5edbbeca2e455cbf3caf65184d76ef301  

参考:ここでも道草 20年前に発売が始まったWindows95(2015年11月24日投稿)

私もこのタイミングでパソコンを買いました。

Windowsの登場で、インターネットの普及率は、

急激に増えます。

32f4cda7ce364cf7894102ac66804a5b301  

1995年がスタートだとすると、

庶民の中でインターネットが始まってもうじき24年。

まだ24年なんですね。

このブログがスタートしてもうじき12年。

ちょうどインターネットの歴史の半分。

ブログの歴史で言うと、2005年に流行語大賞に選ばれたりして、

ブログが目立ち始めました。

私がブログを始めたのは2年後。

ホームページを作るよりブログの方が簡単でいい、

そんな選択で始めた覚えがあります。

  

  

1999年(平成11年)、携帯電話でも革新。

Fe872d7916084634aa9e733d6cd67ff6301

037f01edc60c448195030bbf9390fd86301  

NTTドコモが、iモードを生み出して、

世界に先がけて、携帯でネットに接続することが

可能となったのです。

ここでも日本が早かったというのが驚きでした。

さすが日本。

  

話をするための機器だったものが・・・

9c822cd980fe4ff2b8ae357152534341301  

知りたい情報を手のひらで得ることができるようになりました。

  

 

 

そして、2008年7月。

アップル社の「iPhone」が日本に上陸。

0c7a921c750c455990b15911337f5951301

9a036e7be3d44389be7ab9dd63f72b0c301

3d9aa9c382f743e59bb32b1d38803fb2301  

スマホの時代の到来です。

今、お年寄りが通うのは、パソコン教室ではなくて、

スマホ教室なのだそうです。

Ee401c4f3ad3442b84a17f12d9319d5c301  

 

今回まとめてみて、平成30年間の技術革新は、

あらためてすごいなあと思います。

パソコン、スマホの普及は私たちの生活を

いつのまにか変えていました。

  

  

私にとって、気になる変化について

次の投稿で書きます。

  

続く

  

 

2019年1月11日 (金)

「リチウムの池」その3/アルゼンチンのオラロス塩湖でも・・

  

今日は1月11日。

  

前投稿に引き続き、

「リチウムの池」について書いていきます。

 

最近、「リチウムの池」がCMに登場しました。

ビックリです。

Youtubeで見ることができました。

オダギリジョーさんが出演している豊田通商のCMです。

 

Youtube 企業広告TVCM リチウム資源開発事業編

  

写真を載せつつ、読み物化します。

たった15秒。セリフは短いけど、

たくさんの映像が詰め込まれた動画です。

 

Photo  

オダギリジョー:へんなことを言います。

  ここ、クルマの時代を変える現場なんです。

Photo_2

Photo_3

ナレーター:バッテリーの原料リチウムの安定供給を実現し、

  電気自動車の普及に貢献。

Photo_4  

Photo_5

Photo_6  

Photo_7

Photo_8

オダギリジョー:現場に立て、明日に役立て。

Photo_9

ナレーター:豊田通商

Photo_10  

前投稿までののように、番組「アーススキャナー」によって

予備勉強をしていると、オダギリジョーさんの

「へんなことを言います」は「へんなこと」に聞こえません。

アルゼンチンのオラロス塩湖も、アタカマ塩湖と同じように、

地下にリチウムの含まれた塩水があるであろうこと。

その塩水をくみ上げて、「リチウムの池」を作っていることが

この15秒でわかります。

さらに電気自動車に積まれている大型のバッテリー。

これからリチウムの需要が高まることがわかります。

オダギリジョーさんが、瓶を振っています。

その中にある白い粉がリチウムです。

  

アルゼンチンのオラロス塩湖を探します。

もちろんグーグルアースで。

ここがそうかな?↓

グーグルアース

Photo_12

確かめたくて、これより拡大しようとすると、

この青い池らしき場所は消えてしまいます。

でもCMに出てくる池の形から考えても、

ここがオラロス塩湖の「リチウムの池」と思われます。

「リチウムの池」その2/日本はリチウムをチリから多く輸入している

  

今日は1月11日。

  

前投稿に引き続き、昨年5月19日に放映された番組

アーススキャナー宙(そら)からわかる奇景」の

読み物化をしていきます。

  

Rimg1404

最初↑、塩水1リットルに対して2cc程だったリチウムですが、

太陽の光による水分の蒸発によって、

塩水1リットルに対して60cc(30倍!)程になります。↓

Rimg1405

こうなるのに、およそ10ヶ月。

  

水は濃い黄色になり、

含まれていた塩分は白く結晶化されます。↓

Rimg1406  

しかし、リチウムは水に溶け込んだままです。↓

Rimg1407

Rimg1408  

↑この黄色い液体は、言わばリチウム入りのジュースです。

  

  

このジュースを加工工場に運び、

化学的に処理してできあがるのが、

炭酸リチウムという物質。↓

Rimg1409

これを原料にして、リチウムイオンバッテリーが作られます。

  

輸出先は、日本をはじめ世界各地。

  

  

世界のリチウムの生産高のグラフを示してくれました。

Rimg1411  

今回の産地はチリ。

世界の33%を占めます。

そのうちのほとんどが、アタカマ塩湖のリチウム池の生産。

そして日本が輸入しているリチウムはチリからの輸入。

つまり日本製のリチウムを使ったバッテリーは、

今回見た番組で紹介されたリチウムが入っているということです。

  

  

次は過去の衛星写真によって、

アタカマ塩湖のリチウムの池が

どのように増えてきたかを示します。

  

Rimg1412

↑ これが現在の様子。

 

1980年代まで、遡ります。↓

Rimg1413

Rimg1414

↑ ひとつ池がありますが、それは農業用のカリウムを

 生産するための池だそうです。

  

1990年代になって、リチウムの池が誕生します。↓

Rimg1415

Rimg1416  

Rimg1417

Rimg1418

Rimg1419  

リチウムが携帯電話やノートパソコンのバッテリーに

使われるのに合わせて、池が広がってきました。

  

Rimg1420

Rimg1421  

スマートフォンが世界中に普及し、さらには電気自動車の登場で

ますます需要が高まるリチウム。池は年々増えています。

  

番組では、この後、「リチウムの池」が近隣住民に及ぼす、

悪影響についても紹介していますが、ここでは割愛。

 

まだ続く。リチウムのことをもう少し。

最近の写真

  • Photo_6
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Photo
  • 00010247
  • Epson014
  • Epson014a
  • Epson013
  • Epson012
  • Photo_12

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼