2019年12月13日 (金)

2019年冬長野(15)自分がボランティア体験をした場所

  

今日は令和元年12月13日。

  

前記事に引き続き、ボランティア体験の話です。

  

2日間働いてから、どこで働いていたのか、地図で調べました。

2 googleマップ  

私が2日間働いたのは津野地区でした。

バスから降りて歩いてサテライトセンターに行きました。

そこから、現場に向かいました。

決壊したおよその場所を地図に示しましたが、本当に近いです。

参考までに当時のニュース動画。


YouTube: 決壊した千曲川 過去最高の水位 上流は最多の雨(19/10/16)

Photo_2

☝ この写真の大きな屋根の建物が長沼体育館。その右下にある

のが現在のサテライトセンターです。

 

12月4日に、私が撮った写真を並べます。現在修復された堤防は、

ブルーシートが被さっています。

Rimg2166

Rimg2168

Rimg2162

Rimg2179

Rimg2184  

ここをほぼ堤防の高さの濁水が流れたのかと、想像しました。

 

  

堤防付近の被災地です。☟

Rimg2174

Rimg2160

Rimg2183

Rimg2182

Rimg2177_2

Rimg2176

Rimg2190  

  

サテライトセンター入口には、この旗がありました。☟

Rimg2188

 

一緒に働いたメンバーの一人から、体験してみて学校では

どう教えますか?と聞かれました。

体験してみて思ったことは、復興は簡単ではないということ。

決壊によって流出した泥土は大量でした。

泥土を片付け、家を改築再建して以前ようにするには時間が

かかると感じました。

 

でもメンバーに、1カ月前の同じ場所の写真を見せてもらうと、

山のようにゴミが積まれていたのが、だいぶ片付いていました。

まだ道半ばですが、ボランティアの人たちがたくさん働いてい

る姿を見ると、確実にいい方向には向かっているよなとも感じ

ました。ボランティアの人たちがいる風景は、今は地元の人た

ちの励みになっていると思います。

   

  

以前、長沼小学校のことを記事に書きました。

ここでも道草 ニュース/劇「桜づつみ」が避難行動につながった(2019年11月26日投稿)

長沼小学校はどこにあるんだろうと思っていましたが、

地図を見て驚きました。

バスを乗り降りした場所の、道をはさんで反対側でした。

なんてこった。

無知はもったいない。そう思いました。

 

  

12月3日・4日にボランティア活動をしてきたことを

まとめました。5日は山に登りました。

山梨県の日向山です。

したがって「2019冬長野」シリーズは今回で終えます。

2019年冬長野(14)12月4日のボランティア体験

  

今日は令和元年12月12日。

  

前記事の続きで、ボランティア体験2日目の12月

4日のことを書きます。

   

朝の駐車場で、3日に一緒に働いた足山田の男性と再会しまし

た。その方の考え方で、今日は別グループで働きましょう、新

しい出会いを楽しみましょうということで、別れ別れになりま

した。今日はどんなメンバーになるだろうか。どんな仕事をす

るのだろうか。昨日の経験で、現場にはスコップがたくさんあ

ったので、自分のスコップは自動車に残しました。

  

今回も5人グループができました。リーダーはじゃんけんで決

めました。一番勝った人がリーダー。

今回のメンバーは、高田純次風のお坊さん(リーダー)。

アメフト体験者で何度も長野のボランティアに来ている男性。

富士見町から来た明るい女性。

作業で絨毯取り外しを根気よく一緒にやった女性。

自分は2番目に勝ったので、タイムキーパー役をやりました。

  

 

被災地に向かうバスに乗った時に、係の人から、行き先は

津野」だと言われます。偶然です。でも行きたい場所だったので

今度はじっくり見るぞと思いました。

1日目はとにかく作業することで精一杯だったので、

2日目が与えられたのは幸運だと思いました。

   

今回の作業場所は、1日目とは違う家でした。

どの家もたいへんそうだけど、この家は特にたいへんそうだと

思っていた家でした。家の1階部分は、水流で多くが流され、

柱のみが残っているような状態でした。

庭にあった2階建ての倉庫は、1階部分がつぶれて、

2階部分が落下し、堤防側からの水の勢いで斜めになっていました。

何かのはずみで、倒れて来るのではと思われる状態でした。

  

持ち主のBさんは男性でした。私と一緒ぐらいか、

少し上の年齢だと思います。

作業は、家の裏側の片づけでした。

1日目と同じような仕事かなと思いましたが、今回の家は、

決壊して流れてきた川の水が、一度家の中に入って、ガラス戸を

ぶち割って裏庭に出てきています。

したがって、泥土の中に、家の中にあったものとか、

割れたガラス片が含まれていました。

屋根瓦も屋根から落下して、散在していました。

  

泥土を運びながら、中に入っているいろいろなものを取り出して

分別する作業でした。

ガラスの破片が多かったです。

ガラス戸を流水(いや泥を含むので濁水ですね)が

ぶち割ったシーンが想像できました。

茶碗などの瀬戸物、ブリキなどの金属などがありました。

入れ歯もありました。

壁の板と思われるものもありました。

家の壁まで濁水は破壊しました。

 

瓦はどうするか?

けっこう大量でした。

分別して捨てるか、それとも泥土と一緒にするか。

リーダーは、泥土と一緒でいいのではと考えて、

Bさんに打診しました。

Bさんは、お疲れ気味の表情で、「どうせ片づけるのが

たいへんになるから、土といっしょくたにしてください」と

少々投げやりに言われました。

被災から1カ月半。その心労が伝わってきました。

「わかりました!」「そうします!」

こちらは、張り切って答えました。

こちらは元気よく働くことで、

Bさんに少しでも貢献できたら思いました。


昼ごはん。

5人でサテライトセンターへ行って、食べました。

そしたら、Bさんもやって来ました。

「一緒にどうですか」と誘って、一緒に食べました。

Bさんはテーブルにやってきて、座る間際に一言、

「あんなところ(家)で食べたくない」とつぶやきました。

少し皆沈黙。

1日目のAさんは気丈にふるまっていましたが、

住んでいた家が壊滅状態では、そりゃあ心は安定しないですよね。

でも、その雰囲気を壊そうと、みんなで明るい話をしました。

アメフトの話とか、筋肉の話とか?

Bさんは親戚の家に泊まって、通っているそうです。

 

  

この昼休みの最中に、私は教師であること、

社会科教師であることを活かしました。

活動中には撮影してはいけないと説明を受けていましたが、

教師として必要であることをグループのメンバーに言って、

「いいよ。撮影してきたら」と賛同を得て、撮影しました。

サテライトセンターは、決壊した堤防をすぐ横にありました。

1日目に気づかなかったのが不思議なくらいに近かったです。

すでに堤防は改修され、ブルーシートがかけられていました。

その堤防を撮影したり、堤防付近の被災地を撮影しました。

その写真は次の記事に載せます。

  

午後からの仕事は、家の表にまわり、倒れそうな倉庫の前で、

泥土のなかにあるものをほじくり出して分別する仕事でした。

倉庫から濁水によって押し流されたものがあり、

こちらもいろいろありました。

 

厄介だったのは、数本のコードとビニール、絨毯、ブリキが

絡み合ってできあがった大きな塊です。

濁水に揉まれて揉まれてこうなってしまったのでしょう。

コードをほどこうにも、がっちりかみ合ってしまいほどけません。

コードの中は金属の線が入っていて、スコップの先で切断しようと

しても、なかなかできませんでした。

  

そしたらBさんがハサミを持ってきてくれました。

そのハサミはすごい。

金属の入ったコードが切断できるのです。

これはいい。

調子に乗って、どんどん切って、コードをほどき、

絡まっていたビニール、絨毯、ブリキも外すことができました。

厄介な場所がデーンとしていた場所が、スッキリしました。

「このハサミ、とってもよく切れました」と言って

Bさんにハサミを返しました。ニコッと笑ってくれました。

  

  

2日目の活動も終わりました。

肉体労働が多く、体は疲れました。

でも被災した人たちは、こんな生活をずっとやってきたんだよな、

疲れるよ、心身ともに。そんなことを思いつつ、

これで終わりではなく、また長野市にきて働きたいと思いました。

珍しくやり始めたこと。続けたいと思いました。

  

   

1日目、Aさんが「また来てくださいね」と去り際に言っていました。

そうだよなあ、まだやることはあるので手伝いたいし、

復興して普通の生活に戻ったところも見たいよなと思いました。

Bさんにも、去り際に「ありがとうございました」と

頭を下げられました。

いえいいえ、たいしたことができませんで、すみません。

(元気出してくださいね。)と言いました。( )内は

言ってません。

  

  

つづく

2019年冬長野(13)12月3日のボランティア体験

今日は令和元年12月13日。

  

昨日の記事に引き続き、12月3日のことを書いていきます。

  

ボランティア活動1日目。5人のメンバーが決まりました。

リーダーは、京都から日帰りの女性。

タイムキーパーは、ボランティア経験豊富な足山田の男性。

飯田から来たものしずかな若者。

山好き、そして冬はスキー好きの男性。

そして私。

 

簡単に自己紹介の後、装備チェック。

「長ぐつの中にインソールが入っているか」と尋ねられました。

現場では、くぎを踏んでしまうことがあるため、

丈夫なインソールを敷く必要があるそうです。

入ったいない。

それなら借りるといいということで、センターで貸してもらい

長ぐつの下に敷く。

こういうことからも、現場のたいへんさが予想されました。

山好きの人も敷いていないということで、

借りていました。

5人の中では2人がボランティア未体験者。

 

センターから被災地に出発するバスに乗り込みました。

行き先は「津野」だと言われました。

初めて聞いた地名であり、どのあたりか皆目わかりませんでした。

  

10分ほどでバスは到着。

ここからサテライトセンターまで徒歩8分。

私はここで初めて被災地を見ました。

背丈以上の水が流れたのでしょう。

1階部分が壊滅した家がいくつかあり、

柱だけで立っている家がありました。

土台ごと40メートルほど流されて、

それでも立っている家がありました。

倉庫の1階部分がつぶれ、2階部分が下まで落ちていました。 

一見して、決壊した川が運んだと思われる土が多く、

当たりの風景は、基本濃い茶色が多かったです。

前日の12月2日は大雨だったので、より濃い土の色でした。

  

サテライトセンターに5人で向かい、そこで道具を借りました、

スコップは山のようにありました。

スコップと一輪車を借りて、係の人の後に付いて、

現場に向かいました。

  

今日の仕事は、Aさんのお宅の裏庭の土の運び出しでした。

Aさんの裏庭には、コンクリートの塀があったようですが、

家と塀の間に濁流と土砂が押し寄せ、

塀がこわれてしまったそうです。

その塀は、先日松商学園高校の生徒たちが、

とりのぞいてくれたけど、土砂は残されたとのこと。

その土砂・・・雨で湿っていたため泥土を運び出すことが

私たちの仕事となりました。

  

いよいよボランティア活動が現実となりました。

「さあやるぞ」とやる気一杯で、スコップで泥土を一輪車に

いれました。泥土を持って行く場所は、Aさんの畑です。

すでにたくさんの泥土が畑に山となってありました。

家の周りの土はこうやって片付いても、今度は畑にたまった

土はどうするのだろう。重機でならしてもらうのか。

それもまた大仕事だなと、そう思いつつ、泥土を運びました。

 

川の水がどこまで泥土を運んできているか考えながら

掘っていきました。

植木鉢とかが出てくると、きっともともと置いてあったものだから、

ここまでだなと思います。

泥土はやわらかいけど、もともとの地面は固いと予想されるので、

スコップの土に触れる感触でも見当をつけました。

もちろん、Aさんにもおよその高さを聞きました。

  

畑までは50メートルくらいあって、

泥土をたくさん入れた一輪車はフラフラでした。

特に畑内は轍ができていてハンドルがとられたり、

進行方向に垂直な溝は、一輪車の写真がはまってしまって

動けなくなってしまいます。

そのような時には、廃材の板を轍や溝に載せてしのぎました。

 

「北部は重たい仕事」というのを痛感しました。

足山田の人が知恵を紹介してくれました。

一輪車の左右の持つところに、タオルの両端を巻いて、

上から手でしっかり握ります。

タオルがピンッと張るようにします。

そうするとタオルが腰部分に当たり推進力が出るというのです。

やってみたところ良好でした。

  

重たい仕事が多いので、20分ごとに休憩を取ろうと

提案されました。確かにそれがいいです。

 

厚手のビニール手袋が役立ちました。

最初は軍手のつもりでしたが、経験のある息子から、

「これを貸してあげる」と貸してくれた手袋がよかったです。

泥土を扱うので、軍手では沁みて大変だったでしょう。

   

泥土の中から、1万円札がでてきたときには、大騒ぎしました。

もちろんAさんに渡しました。

  

仕事時間は午前10時くらいから始めて12時までやって

昼ご飯でした。

家の表の庭で食べました。

お湯が沸かされていて、お茶を飲んでくださいと勧められました。

Aさんは、奥さんでした。

ニコニコして、今日はありがとうございますと声をかけてくれました。

その明るさに救われました。

  

 

洪水の時には、庭で飼っていた烏骨鶏の親、

3羽のうち2羽が死んでしまい、1羽が生き残ったけど、

水害のショックのせいか、卵を産まなくなってしまったそうです。

8羽いたひなは、飼っていた籠ごと流されてしまったけど、

流れた先で奇跡的に生きていたそうです。

1羽の親鳥と8羽のひなは、現在は近くの小学校で

飼ってもらっているそうです。

  

  

休憩中に、遠くの山に雪が降っているように見えました。

山好きのメンバーが、「あれは苗場方面」だと教えてくれました。

Aさんが、「山に3回雪が降ると、里に下りて来る」という言葉を

教えてくれました。

雪が降る前に、少しでも片づけたいとも言っていました。

  

 

午後の仕事は午後1時から2時半です。

重労働なのでちょうどいい時間ですが、

ここで仕事の内容を相談して変えました。

泥土を掻き出す範囲をもう増やさずに、

今日やった範囲の中を丁寧にきれいにしようという方針です。

足山田の男性の提案ですが、とてもいいと思いました。

泥土の積もった範囲は広いです。

時間内に全て片付けるのは無理なことです。

なので、今までやった範囲は、とにかく薄皮をはぐように

きれいに泥土をはがし、土の中から出てきたコンクリや

植木鉢の破片などは分別して捨てる作業です。

 

こうすることで、どこまで作業が進んだのかが明確になり、

次の日に他のボランティアが来た時に、どこからやればいいか

明確になります。

Aさんにも、今日のボランティアがどこをやってくれたかが

わかって、報告しやすいです。

なにより!私たちが「今日はここをやった」と目に見えてわかるので、

達成感がありました。

  

  

作業終了。Aさんに喜んでもらい、ホッとしてサテライトセンターに

戻りました。

やっぱり、午前10時~午後2時半でできたことは

微々たるものだと思いました。

この微々たるものを毎日積み重ねていくしかないのだなと実感です。

  

現場で使った道具の水洗い。長ぐつの水洗い。

長ぐつについた泥土は、なかなかしつこかったです。

水圧で落としたと思ったけど、ふと見ると落ちていない。

泥土の中で何度も踏ん張って仕事をしたので、

泥土はしっかりはりついていたようです。

 

手洗い。うがいもしました。

何が落ちているか、舞っているかわからない被災地です。

これも必要なことと思いました。

  

 

津野のバス停からバスに乗った時の会話で、

今日の被災地は、堤防が決壊したすぐ近くだったことを

教えてもらいました。

そうだったんだ。

だからあの惨状だったんだと思いました。

 

  

行きと同じルートで戻りました。

柳原総合市民センターにもどり、

長野運動公園東側駐車場まで今日のメンバー5人で移動。

駐車場で別れました。いい出会いでした。

平日に同じ時間の使い方をしたメンバーとの別れは淋しかったですね。

  

山好きの人が、12月5日に登るといい山を紹介してくれました。

小淵沢の日向山です。

景色がよく、登山道がふかふかしていて、心が温かくなる山だよと。

実際に12月5日には登りました。

  

 

つづく

 

2019年12月12日 (木)

開会式で放鳥されたハトの行き先は?

  

今日は令和元年12月12日。

  

寝る前にもう1本。

  

12月8日放映の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の

オープニング曲の一場面です。

Rimg2375  

1964年東京オリンピック開会式の映像。

多くのハトが放たれ、飛んでいる姿が一瞬映っています。

このシーンに関係のある記事と出合いました。

 

12月10日朝日新聞夕刊です。

Epson157

Epson158  

印象に残った文章です。☟ 

 

開会式でハトを飛ばすと知って応募した。

開会式前日、近所の集合場所の神社まで、訓練した5羽を持って

行った。

翌日は家族4人でテレビの前に陣取った。入場行進、聖火の点火、

ハトの放鳥、ブルーインパルスが描く五輪・・・。開会式の終わ

りまで見守ると、バタバタとトタン屋根から音がした。

「帰ってきた」。屋根に上がって巣箱を眺めると、5羽が仕事を

終えて羽を休めていた。

  

とても面白い体験です。8000羽のハトは、開会式の後、それ

ぞれの家に戻っていったんだ。そういう裏方があったことが知れ

た記事でした。

  

  

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~

いよいよ12月17日の放映が最終回です。

1964年東京オリンピックの開会式が描かれます。

毎週、元気を与えてくれた大河ドラマ。

見届けたいです。

 

 

2019年冬長野(12)プリント「ボランティア活動をはじめる前に」

 

今日は令和元年12月12日。

  

12月3日のことを書きます。

被災地でのボランティア活動初体験の日です。

駐車場は長野運動公園東側駐車場でした。

広い駐車場でした。

午前9時前には着いて、車を駐車しました。

この時点で、まだ被災地らしいところは見られませんでした。

 

周囲の人たちの様子を見て、上着はカッパにしました。

長ぐつもさっそく履きました。

スコップも持って、皆の行く方向について行きました。

1列に並んでいました。

バスを待つ列でした。

  

マイクロバスが来て乗り込みました。

10分ほどで着いたのが柳原総合市民センター。

ここが長野市北部ボランティアセンターでした。

まだ被災している場所を目にしていません。

あのテレビ映像で見た被災地をいつ目撃するのか、

ドキドキしていました。

  

バスから降りたら、係の人が初めての人とそうでない人で

別れて並んでくださいと指示されました。

係の人は、他県から応援に来た社会福祉協議会の人でした。

何と初めての人は3人ほど。

他の20数人の人たちはボランティア経験者でした。

 

初めての人にはプリントが配られました。

ボランティア活動をはじめる前に」というプリントでした。

印象に残った文章を引用します。

  

〇助けてあげたい!というボランティアの気持ちと、不安でた

まらない被災者の気持ちには温度差があります。相手のペース

でゆっくり話す、尋ねる際はリーダーが代表で聞くなど配慮し

てください。

 初めての者にとって、緊張する内容です。

  

〇活動中の写真や動画の撮影は禁止です。

被災した家の写真がネット上にアップされて、その家がその

盗難の被害にあったそうです。

  

〇お昼・飲み物は持参。

お昼は出ないですか?」と被災者に尋ねた人がいたとのこと。

  

〇早くやるより、丁寧な仕事を心掛けましょう。  

説明を聞いてなるほどと思い、実際に活動してみて、

この考え方は大事だと思いました。

  

〇依頼者に確認を取りながら作業を進める。

〇一人で作業をしない。

〇チームリーダーの指示に合わせる。

〇タイムキーパーを決めて、30~45分ごとに休憩をとる。

  

  

〇北部方面は重たい作業が多い状況です。無理せず休憩を取り

ながら安全な活動をお願いします。

私は北部でした。気をつけました。

   

説明を聞いて、いよいよ活動が始まるぞと思いました。

  

この後、グループ分けでした。

5人グループがつくられました。

  

つづく

2019年冬長野(11)各地から来たボランティアとの交流は楽しい

  

今日は12月12日。

   

12月11日朝日新聞朝刊の「声」のページにあった意見

 

ボランティア頼みでいいのか

               NPO法人役員 栗原辰司

 10月末から11月末にかけて、宮城、長野、千葉の台風

被災地でボランティア活動に参加した。宮城では住宅敷地の

泥かき。長野では畑の片付けや出荷できなくなったリンゴを

木から落とす作業。「年寄り1人ではどうにもならなかった。

助かった」と言われたが、先の展望をもてずにいるように感

じた。

 ボランティアは被災者の背中を押す役割を果たしていると

思う。だが、被災者の今後の困難と比べると、微力と感じて

しまう。しかも人数が足りず、今でもボランティアを待ち望

んでいる人が大勢いる。

 困難が大きい時こそ国や自治体の出番ではないか。復旧に

必要なら人を雇ってでも支援すべきではないのか。皇室の一

代に一度の行事に20数億円かけ、戦闘機に何兆円も使う余

裕があるなら、その一部でも回してほしい。

 とはいえ、各地から来たボランティアとの交流は楽しいし、

人間の優しさや良心を信じていいと実感する。今後もできる

だけ参加していきたい。 

  

  

ボランティア活動に参加した時のことを書きたいと思っていて、

もう1週間以上が経ってしまいました。

この記事は、いいきっかけです。

この記事の方のように、自分が2日間にやったことは、

微力だと感じました。

そして各地から来たボランティアさんたちとの交流は

楽しかったです。

どの方もよく働きます。わざわざやってきた人たちだから、

当然かと思いますが、感心します。人助けのために頑張ると

いう時間の使い方をしている人たちが、こんなにいるんだなと

うれしくも思いました。

働いたのは火曜日、水曜日。平日の真っただ中。

一緒に働いた人たちは、私よりも年下の方が多かったです。

私は病気休職中の参加でしたが、他の人たちもきっと

いろいろやりくりして参加されたことと思います。

  

つづく

2019年12月11日 (水)

知れば知るほど、素晴らしい人/中村哲さん

今日は令和元年12月11日。

  

昨晩放映された「クローズアップ現代+ 中村哲医師 貫いた志

昨晩見て、今晩も見ました。

亡くなられて知った人ですが、にわかファンとなりました。

知れば知るほど、素晴らしい人です。

番組の写真です。まずは基礎勉強。☟

Rimg2367 

  

中村哲さんの言葉、文章です。☟

  

Rimg2338

Rimg2340

Rimg2373  

あの同時多発テロの時に、こう考えていた人がいたのですね。

現地にいたからこそでしょう。

私には全く思いが浮かばなかったことです。

 

 

 

Rimg2343

Rimg2344

Rimg2345

Rimg2346  

下痢で亡くなる。

ここでも道草 11月19日は「世界トイレの日」でした(2018年11月20日投稿)

この記事を思い出しました。

日本では下痢で亡くなることはなかなか想像できません。

でも想像しなくてはなりません。

  

「医者100人より、水路1本」

これも実体験からの言葉。    

  

  

Rimg2347

Rimg2348

Rimg2349

Rimg2350   

だれも好んで戦争をしていない。命をかけない。

安心して食べていけることが、何よりも大きな願い、望み」 

治安が悪い中で、この考え方を通したことが素晴らしい。  

  

   

Rimg2351

Rimg2352

Rimg2353  

「世界平和」のための戦争。

何かおかしいぞと思っていましたが、中村哲さんは、とっくに

解答を持っていました。

    

  

Rimg2354

Rimg2355

Rimg2358   

みんなが安心して暮らせることが、何よりなんですよね。

ここんところが、中村哲さんの基本です。

   

 

 

Rimg2359

Rimg2360

Rimg2361

Rimg2362  

ヘリコプターの機銃掃射で、危険な目に合っていました。

それでも作業を続けていました。

  

 

 

Rimg2363

Rimg2364

Rimg2365

Rimg2366  

 

 

Rimg2368

Rimg2369  

 

 

Rimg2370

Rimg2371

Rimg2372  

基本ですね、やっぱり。

今日の朝日新聞朝刊のコピーです。 

(クリックして拡大して読んでみてください)

Epson160  

我々より先に無名の先駆者がたくさんいる。それは脈々と続い

ている。だから小さくても大きくても、いいと思ったことをま

っすぐ続けること。

  

 

印象に残る言葉がたくさんあります。

言葉だけでなく、実行しているから、言葉に重みがあります。

現場に出向いて活動するところも見倣いたいです。

長野市のボランティア活動に参加したのは、

ささやかだけど、私にとってはいい出発点になりました。

(次の記事からボランティア活動に参加した時のことを

書いていこうと思います)

  

記事の中に出てきた「医者、用水路を拓く」を読んでみようかな。

  

今晩は夜ふかしをしました。

でもこの記事を書きあげたかったです。

明日からもいいと思ったことをやるぞ。

「さよならテレビ」はどんな映画なのだろう?

  

今日は令和元年12月11日。

  

12月10日朝日新聞夕刊に気になる記事がありました。

Epson159  

映画「さよならテレビ

どんな映画なのだろう?

 

2018年9月に地元東海テレビで放映された

ドキュメンタリー番組の映画化。

う~ん、放映された時には気がつかず、録画していません。

 

このブログを読んでいただいたらわかると思いますが、

テレビ番組をいかに教育に活かせないかなあと

考えている私にとっては気になる映画です。


YouTube: 映画「さよならテレビ」予告編(プロデューサー:阿武野勝彦/監督:圡方宏史)

 

とりあえず行動。

「劇場鑑賞券をお願いします」とハガキに書いて

送ることにしよう。  

どんな映画なのか、実際に見に行って確かめたいですね。

 

2019年12月10日 (火)

小説「出口のない海」⑦回天を伝えるために死のうと思う

  

今日は令和元年12月10日。

  

前投稿に引き続いて「出口のない海」 (横山秀夫著/講談社)

から引用します。

  

出撃の時に、回天のハッチは、外にいる整備員が閉めます。

  

  

「ハッチ閉めます。ご成功を祈っています!」

「伊藤、これまでありがとう」

「こちらこそ、ありがとうございました! --閉めます・・・!」

ゴクンと重い音がしてハッチが閉じた。

鼓膜に密閉の圧が掛かる。

(242p)

  

鼓膜に密閉の圧が掛かる

この一行が素晴らしい。緊迫感が伝わります。

  

  

  

沖田は顔を上げた。

「でも一つだけ聞かせてください。祖国防衛ではなく、ならば

並木少尉はなんのために死ぬのですか」

「それをずっと考えてたんだ」

並木は遠くを見つめた。

「俺はな、回天を伝えるために死のうと思う」

「伝える・・・?」

並木は頷いた。

「勝とうが負けようが、いずれ戦争は終わる。平和な時がきっ

とくる。その時になって回天を知ったら、みんなはどう思うだ

ろう。なんと非人間的な兵器だといきり立つか。祖国のために

魚雷に乗り込んだ俺たちの心情に憐れむか。馬鹿馬鹿しいと笑

うか。それはわからないが、俺は人間魚雷という兵器がこの世

に存在したことを伝えたい。俺たちの死は、人間が兵器の一部

になったことの動かしがたい事実として残る。それでいい。俺

はそのために死ぬ」

(272~273p)

  

これは作者がこの作品を書いた主題でもあると思います。

  

  

ボレロが聞きたくなった並木は、休暇に陸に上がった時に、

沖田と一緒に国民学校を訪れます。音楽室に行って、

そこにいた女教師に、ボレロを聴かせてほしいと頼みます。

女教師は、ここにはレコードはないが、女学校に行けばあると言って、

自転車で出かけます。女教師は、2人が特攻隊員だと知っていて、

どうにかしてあげたいと思ったのです。

並木と沖田は、音楽室で待つことになります。

  

 

外で音がした。見ると自転車が倒れていて、膝を擦りむいた女

教師が立ち上がるところだった。構わず小走りでこちらにやっ

てくる。

「すみません、お待たせしちゃって」

女教師は肩で息をしていた。

「大丈夫ですか」

「あ、平気です。でも・・・・」

女教師は顔を曇らせた。

「なかったんです。ボレロのレコード」

「ああ、いいんです。お気持ちだけいただいて帰ります。本当

にありがとうございました」

並木と沖田は折り目正しく挨拶をして音楽室を出ようとした。

その背に声が掛かった。

「あの・・・オルガンではいけませんか」

並木は振り向いた。

「オルガン?」

「うまく弾けるかわかりませんけど・・・」

女教師は黄ばんだ楽譜を握りしめていた。

並木と沖田は明るい顔を見合わせた。

「ぜひ、お願いします」

足踏み式のオルガンからボレロが流れ始めた。女教師は何度も

つっかえ、何度も弾き直した。だがそれは胸に響いた。どんな

有名な交響楽団が奏でるボレロより心に残った。

(273~274p)

 

この小説を読むと、「ボレロ」が聴きたくなりますよ。

きっと。


YouTube: Bolero (Gergiev)

  

  

ふ~疲れた。でも引用したい文章は全て書きうつしました。

ミニ財産になりました。

本の返却期限は今日まで。間に合いました。

小説「出口のない海」⑥怖い言葉「最後は一人になるんだな」

 

今日は令和元年12月10日。

  

前投稿に引き続いて「出口のない海」 (横山秀夫著/講談社)

から引用します。

  

並木らがボートに乗り込み伊号潜水艦に向かうと、見送る基地

隊員は岸壁に鈴なりだ。(中略)

岸壁、島、山、追い掛けて来るくるボート。すべて、人、人、

人で埋め尽くされている。

並木は胸に熱いものを抱きながら、潜水艦の外ラッタルを駆け

上った。厳粛な儀式は並木の心を死の決意に導いた。大勢の人

々の見送りの声は闘争本能に火をつけた。男にとって最高の死

に場所。よくそう口にしていた沖田の気持ちが今ならわかる。

これほどまで一人の人間の存在を、その死を、大きく見せてく

れる門出が他にあるだろうか。

(219p)

  

  

このように書きながら、次のページでは、潜水艦上に一人残っ

た並木の心情を対照的に描いています。

  

海はまた静まり返った。

たった今まで胸にあった興奮が嘘のように冷え切っている。

いっときの幻だったのだろうか。

並木は甲板に立ち尽くした。他の搭乗員が艦内に下りていく。

が、並木は動かなかった。

頬に風を感じていた。

身を切るような孤独感が襲ってきた。力の抜けた手を離れた桜

の枝が、甲板の縁に滑って海に落ちた。

後方の波間に遠ざかっていくその枝を見つめた。

ーーー最後は一人になるんだな・・・・。

野球部の仲間と別れ、家族と美奈子と別れ、とうとう沖田や隊

のみんなとも別れた。そして最後はたった一人回天に乗る。

一人で死ぬ。(中略)

美しい海。母なる海。だがそれは、二度と陸地を踏むことを許

さない、出口のない海でもあった。

(220~221p)

  

「ーーー最後は一人になるんだな・・・・」

怖い言葉だなと思います。

並木に限らず、たくさんの別れの後に死は来るんだよなあ。

長生きはしたいけど、長生きすることで孤独感は増すことでしょう。

死も怖いけど、孤独感も怖い。

回天での死は、それ以上ない恐怖の死に方です。

  

小説のタイトル「出口のない海」は221pに登場。

  

  

並木は孤独感を振り払おうと、次のようなことをしようとします。

  

並木は手早く発進用意を済ませ、胸ポケットから三枚の写真を取り

出した。よく見えるように機械の隙間に挟む。(中略)

 

3枚の写真は、美奈子の写真、家族の写真、出征前の最後の試合の

メンバーの写真。

  

近づいた。いよいよだ。

発進したら、写真の中のみんなの名を一人一人呼ぼう。呼びながら

敵艦に突っ込もう。そう決めていた。佐久間の名も呼ぶ。北の名も

呼んでやろう。

ありがとう。さようなら。みんなに、そう言いながら突っ込もう。

ーー俺は一人じゃなかった。俺はいつだって素晴らしい人たちに囲

まれていた。俺は・・・・俺はみんなと・・・。

(254~255p)

  

  

最近の写真

  • Photo_2
  • 2
  • Rimg2190
  • Rimg2188
  • Rimg2184
  • Rimg2183
  • Rimg2182
  • Rimg2179
  • Rimg2177_2
  • Rimg2176
  • Rimg2174
  • Rimg2168

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography