2024年6月10日 (月)

80年前の6月10日 オラドゥール村での大虐殺

    

今日は令和6年6月10日。

  

6月10日というと、思い出すのは、

フランスのオラドゥール村の大虐殺です。

1944年のことです。ちょうど80年前。

この大虐殺のことを、チャンネル登録している

「大人の教養TV」で、現地に立って解説してくれています。


YouTube: 【ナチスに1日で消された村】オラドゥール村の大虐殺をわかりやすく解説

  

この動画の写真を並べていきます。

Img_5965_2

Img_5966_2

1944年6月10日。

オラドゥール村に、ドイツ軍約200人がやってきました。

住民に向かって、広場に集まるように指示しました。

住民たちは集まりますが、怪しいと思った人たちは、

村から抜け出ます。

Img_5967_2

当時のフランスは、ドイツの支配下にありました。

広場に集められた人たちは、2つに分けられました。

男性グループで、約200人。

女性・子どもグループで、約450人。

女性・子どもグループは、教会に連れて行かれ、閉じ込められます。

Img_5969_2

Img_5970_2

Img_5971_2

ドイツ軍は、最初に大きな箱を持ち込みました。

それは爆弾でした。

450人が密集した場所で爆発をさせたのです。

爆風とともに、爆弾は悲劇をもたらします。

爆発によって酸素が使われるので、教会内は酸欠となり、

窒息死を招いたのです。

Img_5972_2

Img_5973_2

Img_5974_2

Img_5975_2

Img_5976_2

爆弾を爆破した次に、ドイツ軍は、機関銃によって人々を撃ち始めます。

銃口は低く、人々の足を狙っていました。

動けなくするのが目的でした。

Img_5977_2

Img_5978_2

Img_5979_2

Img_5980_2

450人の中で、1人が生き残り、この時の惨状を後世に伝えています。

Img_5981_2

Img_5982_2

Img_5983_2

Img_5984_2

Img_5985_2

男性たちは6つのグループに分けられ、それぞれ倉庫に入れられます。

グループに分けたのは、男性の反撃を恐れたためと考えられます。

男性たちも機関銃で撃たれ、火を放たれます。

Img_5986_2

Img_5987_2

Img_5988_2

  

なぜオラドゥール村で大虐殺が行われたのか。

Img_5989_2


レジスタンスとは?

Img_5992_2

レジスタンスは、軍服を着ていなくいて、民間人と区別ができません。

Img_5993_2

オラドゥール村に、レジスタンスが潜伏しているという情報があり、

民間人と区別ができないために、虐殺が行われました。

Img_5994_2

Img_5995_2

赤ちゃんや高齢者まで殺されたのは、見せしめだったのです。

Img_5996

しかし、オラドゥール村はレジスタンスの拠点ではありませんでした。

Img_5997

Img_5998

Img_5999

焼かれてしまったために、身元が不明の死体が多かったのです。

  

戦後、大虐殺に関わったドイツ軍指揮官、兵士が裁判にかけられます。

しかし、約200人の兵士の多くが、後にあったノルマンディーの戦いなどに

従軍して命を落としていて、生存者は少なかったのです。

大虐殺の加害者にも、過酷な運命が待っていました。












  

2024年6月 8日 (土)

「紙芝居がやってきた!」① ヒロインに乗り移る悪党

   

今日は令和6年6月8日。

  

この本を読みました。

Img_5963

amazon

「紙芝居がやってきた!」(鈴木常勝著/河出書房新社)

  

この本の冒頭に紹介されていたのは、

紙芝居「飛龍狸(ひりゅうだぬき) 神変白狐の巻」

Epson123

(4〜5p)

  

悪党が、ヒロインに乗り移ったり、

ヒロインに変身して、周囲を翻弄(ほんろう)するシーンは、

ワクワクするお話です。

こういう話は、紙芝居の時もあったのですね。

今回の本を読んで知りました。

こういう話は、昔からあったのだ。

男性にとって、ヒロインに変身されると、

翻弄されちゃうんだよね。

  

そんなドラマ、たくさんあり。

今も変わりません。

バックしたイモムシ/アオボシハマキ

    

今日は令和6年6月8日。

   

6月3日、庭のイヌマキの垣根を見ていたら、

虫を発見しました。

青っぽい細長い幼虫です。芋虫です。

写真を撮ったりしましたが、

その幼虫は不思議な行動をしました。

バックしたのです。

そして、葉っぱの陰に隠れたのです。

  

よく見ると幼虫が隠れた葉っぱが変でした。

葉っぱが集められて、何やら部屋のようなものができており、

幼虫はその部屋にひきこもっと感じです。

Img_6748

Img_6750


  

面白い虫だなあと思って、

アプリBiomeを使って、

同定をお願いしました。

今朝、わかりました。

  

アトボシハマキでした。

   

北海道立総合研究機構 林業試験場 アトボシハマキ

ここから引用します。

  

幼虫は新梢先端の葉を綴って巣を作り、成長するに従い巣に次々と葉

をかぶせていく。このため、老齢幼虫の巣の中には初めの頃の巣が枯

れて包まれている。

  

なるほど。

成虫はこんな姿をしています。

みんなで作る日本産蛾類図鑑 アトボシハマキ

ここから写真を転載します。

  

オス♂です。

Img_5961

   

  

メス♀です。

Img_5960

  

体調最大は25mm。

そんなに大きくないです。

いつか出合えるかな。

2024年6月 7日 (金)

富士山登山/まずは授業で使う写真一覧

今日は令和6年6月7日。

  

富士山無事に行ってきました。

さっそく報告記事を書いて、今回の体験を定着させたいのですが、

実は山の報告は溜まっています。

5月19日 南沢山・横川山

6月1日  大川入山

そして

6月6日  富士山

登山中に生じたいろいろな疑問を調べて解決しながらの

報告記事の作成。私の楽しみです。

順番に記事にしていきたいので、富士山はもう少し後です。

  

ただ、富士山登山の話は、通級の授業で使いたいです。

通級担任教師は、1体1での指導ですが、

魅力ある教師でなければ、1対1はスムーズにいかないと考えます。

そんな気持ちでやってきました。

平日に富士山に登ってきた担任教師は、

子どもたちにどう映るのでしょうか。

  

今回は、富士山登山で使いたい写真を選んで載せます。

写真のみです。

説明は後日作成する報告記事で書きたいと思います。

   

Img_6755

Img_6757

Img_6758

Img_6761

Img_6762


Img_6766

Img_6769

Img_6789


Img_6795


  

Img_6803_2

Img_6806

Img_6813

Img_6824

Img_6826

Img_6828

Img_6831

Img_6839

Img_6846

Img_6854

Img_6856

Img_6858

これが最高の1枚↑

Img_6860

Img_6862

Img_6865


  

以上24枚です。

まもなく出勤。

登山疲れはありますが、負けてはいられません。

  

2024年6月 5日 (水)

「食べる酸素」を久々に買いました

   

今日は令和6年6月5日。

   

Img_5927

大きさが見当がつくように、メガネケースを置きました。

見てほしいのは「食べる酸素」。

前回、富士山に登った時にも買いました。

その時には家族で登り、子どもたちが小さかったので、

安全のために買いました。

17年前になるのかな。

  

今日の午後5時に自宅を出発して、富士山に行きます。

2回目の富士山です。

同伴者は、山の師匠のNさんです。

今晩、五合目に泊まって、明朝頂上を目指して出発。

10時間かけて往復する予定です。

 

ニュースによると、富士山の雪はだいぶとけていましたが、

最近の寒気によって降雪があり、だいぶ白くなっているようです。

どんな景色と出会えるのか。

楽しみです。

  

「食べる酸素」

パッケージに既視感があります。

17年前から変わっていないのではないかな。

効果があるかどうか不明ですが、

やっぱり富士山は特別。買いました。

  

まもなく5時。

行ってきます。

2024年6月 3日 (月)

ヤマアジサイ・ガクアジサイ・アジサイの違い

   

今日は令和6年6月3日。

  

豊橋市のガーデンガーデンというお店で、

ヤマアジサイを買いました。

5月11日(土)のことです。

翌日に母の日を控えて、娘が買いました。

ガーデンガーデンは、写真撮影がOKだと知ったので、

撮影しました。

Img_6090

Img_6089

Img_6091

Img_6092

Img_6093

Img_6094


我が家にやってきたのは、写真前半の伊予獅子てまりです。

気になるのは「ヤマ/山」

なぜ山アジサイに「山」がつくのでしょう。

趣味が登山の私には、気になります。

  

これは日本の山に自生していた種類のようです。

山の、主に沢に自生していたことから、

沢アジサイとも呼ばれるようです。

日本の海岸沿いに自生しているアジサイの中で、

もう少しガクが大きめなのがガクアジサイ。

アジサイは日本が原産国!ですが、

ヨーロッパで品種改良されて、逆輸入されたのが、

普通にアジサイと呼ばれるものです。

もう少し、詳しく調べてみます。

   

    

装飾花と両性花の区別があり、

ここがヤマアジサイ、ガクアジサイ、アジサイの区別では

覚えておかないといけないキーワードです。

このサイトを参考にします。

森と水の郷あきた 樹木シリーズ36 アジサイ、ガクアジサイ、ヤマアジサイ

  

ガクアジサイです。

Img_5919

装飾花にも花はありますが、実を結ばない。

雄しべと雌しべがない花です。

虫を引き寄せるための花なので、装飾花。

装飾花のガクの数は4枚です。

両性花は雄しべと雌しべ両方を持つ花で、

その花の中で受粉して実ができます。

したがって、タネで増やすことができます。

    

ヤマアジサイ。

Img_5920

形状はガクアジサイと同じ。

装飾花の中に、両性花があります。

装飾花は、ガクアジサイより小ぶりで、

ガクの数は3〜5枚。

葉もやや小さめで細長いです。

  

我が家で買った山アジサイの伊予獅子てまり。

一見、装飾花ばかりに見えるけど、

どうやら、装飾花の中に両性花が混じっているらしいです。

後で、しっかり観察してみたいです。 

  

  

そして、子どもの頃からお馴染みのアジサイ。

Img_5921

ヨーロッパで、装飾花のみに品種改良されて逆輸入されたもの。

実ができないので、挿し木で増やします。

なるほど。

  

  

アジサイの花には2種あることを知りました。

なぜアジサイは挿し木で増やすのかもわかりました。

面白かった。

  

最後にアジサイのタネを見たくなりました。

Img_5922

神戸市立森林植物園 あじさい情報センター

カタツムリとアジサイ/カタツムリの「やり」

   

今日は令和6年6月3日。

   

昨晩、カタツムリのことを記事に書きました。

カタツムリというと、アジサイと一緒というイメージがあります。

イラストを2枚載せます。

Img_5914

Img_5915

  

こんな感じのイラストがお馴染みです。

  

でも、カタツムリはアジサイを好んでいるわけではないようです。

このサイトを参考にします。

とれぴく ※カタツムリとあじさいの関係!食べるわけでもないのになぜそこに…?

  

引用します。

  

実はあじさいの葉には、「青酸配糖体」という毒素が含まれていて、一

般的なカタツムリはこれを食べることはできないのです。

この青酸配糖体は人間にも有毒で、これを摂取しすぎるとめまいや呼吸

困難に襲われてしまう可能性もあります。あじさいの葉以外では、青梅

なんかにも含まれている成分です。

ただ、例えばあじさいの葉をひとかじりした程度でそのような症状が現

れることは量的にあり得ないのですが、カタツムリもその有毒性を知っ

ているのか、好んであじさいの葉を食べるようなことはしません。

  

アジサイの葉っぱは食べないのですね。

まあ確かに、アジサイの葉っぱが食べられているのは、

あまり見た覚えがありません。

葉っぱの防衛対策が、功を奏しているのでしょう。

  

ではなぜカタツムリは、アジサイの葉っぱにいるのか。

実際にこのサイトでも、アジサイと一緒に写る

カタツムリの写真をアップしています。転載します。

Img_5916

サイトによると、身を隠すためと、雨や風から実を守るためのようです。

カタツムリが活動する季節と、アジサイが咲く季節が同じという理由も

大きいでしょう。

  

以前、カタツムリの「やり」のことを調べました。

ここでも道草 かたつむりの「やり」とは?(2013年8月14日投稿)

「やり」というのは、あの4本の触覚のことを言うのではありません。

「やり」は、カタツムリの十分な観察がないと見られないものです。

カタツムリが、生殖行動をする時に、出てきます。

  

この図も参考になるかな。

Img_5917

  

毎日新聞

  

カタツムリも、ミミズと同じように、

生殖器が体の上部にあります。

ここを近づけて、精子をお互いに提供します。

この付近から出てくる恋矢(れんし)が「やり」の正体です。

Img_5918

BUNA

この写真のカタツムリは、やり(ヤリ)を出しています。

  

これは実際に見たことがありません。

2024年6月 2日 (日)

ツバキの木に立派なカタツムリがいた

   

今日は令和6年6月2日。

  

2日間、道草ができませんでした。

今晩も遅いので、もう書かずに寝てしまおうかなと思いましたが、

書きたいことが溜まってしまうので、

1歩でも前進、1本でも記事を書くことにします。

  

今日は大失敗。サークルに行きそびれました。

庭の剪定をやっている時に、サークルの世話役の

Jさんから電話。

「あ、もしかしたら、今日だったか!」と思って

電話に出ました。

「すみません、サークル、今日でしたっけ?」

「そうだよ、今からだよ」

滅多にないことが起こってしまいました。

日記兼予定表に書いておかなかったことがミス。

反省。

  

今から剪定の片付けをして、提案文書を作成して出かけるのは、

時間がかかります。今日は欠席させてもらいました。

  

その剪定時に、立派なカタツモリを見かけました。

Img_6733

Img_6732

Img_6730

Img_6726

  

動画も撮影しました。

ただ動いているのを撮影した3分48秒です。

お手隙の人は、見てください。


YouTube: 2024年6月2日 ツバキにいた立派なカタツムリ ただ動いているだけの映像

    

4本の触覚が、モノに触れると、さっと短くなるのが

見ていて楽しいです。

2024年5月30日 (木)

今年はタイサンボクの開花を見逃さなかった

   

今日は令和6年5月30日。今日も「即今着手」

  

現在の時刻は午前5時13分。

予定だったら、今頃富士山の五合目を出発して、

頂上を目指して歩き出しています。

しかし、現在は自宅にいます。

先日の大雨で、道路がどうなるか、山がどうなるのか

見えないので、1週間富士山登山は延期になりました。

昨年のように中止にならずに、延期です。

まあ、お楽しみは後に取っておきましょう。

いい1週間を過ごして、富士山登山に出かけたいです。

  

校庭のカキに、小さな実ができているかどうか、

確かめに行きました。昨日の帰りです。5月29日。

Img_6571

青くて小さなミニ柿ができていました。

これを子どもたちに見せたいですね。

花が咲いて、実ができて、それがだんだん大きくなって、

色づいて、それをみんなは目にして、食べているという

その過程を確かめさせたいです。

  

カキの木の隣にあるタイサンボクに、

いつの間にかいくつも花が咲いているのに気づきました。

Img_6572

Img_6569

Img_6570

大きくて、白くて、存在感のある花です。

花の位置が高くて、アップで撮影できないのが残念。

  

タイサンボクはモクレンの仲間。

モクレンとは開花時期が違い、5月下旬から6月に花が

次々に咲きます。

昨年は7月24日に花に気がつきました。

咲き終わりで、たった1輪の花を見ただけでした。

今年は見逃さなかったです。

これも子どもたちと見に行きたいです。

  

ここでも道草 6月上旬の花々5/タイサンボク

(2012年6月15日投稿)

この記事で書いていますが、いかにも中国原産みたいな名前ですが、

タイサンボクの原産は北アメリカ東南部です。

タイサンボクのアメリカでの呼び名は、マグノリア。

マグノリア?聞いたことあるぞ。

映画ですね。

Img_5903

シネマの万華鏡 【クリスマスに観たい映画】 『マグノリア』 カエル降る夜に愛を知る

他にも映画「マグノリアの花たち」「マグノリアの花の下で」がありましたが、

私が思い浮かんだのは、1999年公開のこの映画でしょう。

5月は映画「オッペンハイマー」を映画館に観に行って、

まだその1本。

毎月最低でも2本の映画を観る目標達成のために、

今日と明日で、この「マグノリア」を観ようかな。

  

  

なぜあんなに大きな花なのか。

長居植物園ブログ こんな名前ですけれど…「タイサンボク」

このサイトにその答えがありました。

引用します。

  

このタイサンボクはモクレンの仲間で、植物の中ではかなり古い時代

からある種類です。

花が大きく、雌しべがしっかりしているのはハチが誕生する以前に進

化したため、甲虫(コガネムシなど)を誘引するように発達したから

だと言われています。

甲虫の徘徊による破壊や食害を防いでいるのです。
   

なるほど。

ハチの誕生によって、花は小型化されたんですね。 

  

タイサンボクの実って、昨年確認しなかったなあ。

今年は確認しよう。

  

タイサンボクが日本に来た年は明確です。

  

タイサンボクは 1873年(明治6年)に渡来したとされ、1879年(明

治12年)に来日したグラント将軍夫妻によって、上野公園に記念植樹

されて有名になった。

  

小石川植物園

  

グラント将軍の正確には奥さんが植えたタイサンボクは今も健在とのこと。


  

2024年5月29日 (水)

あの葉っぱの後ろにある白いかたまりは、蜘蛛の卵嚢?

   

今日は令和6年5月29日。

  

前記事でアカスジシロコケガのことを調べて書きましたが、

そのアカスジシロコケガを捕食するササグモに、

魅せられました。

このサイトです。

アカスジシロコケガの幼虫、繭作り、蛹、成虫、成虫、災難

このタイトルの「災難」に登場してきたのがササグモ。

Img_5897

  

体が透明で、美しいクモです。

クモといえば、ツチグモとハエトリグモしか知りません。

このクモもいい。

このクモ、意外と簡単に見ることができるかもしれません。

  

虫がいないか、いろいろな植物の葉っぱを裏返していますが、

時々白いかたまりを見かけます。

どうもあれは、ササグモの卵嚢の可能性があったようなんです。

自然となかよしおじさんの“ごった煮記“ ササグモの育児

Img_5900

Img_5901

白いかたまりがあって、近くに母グモがいたら、

卵嚢ですね。

母グモは、真剣に子どもたちを守るのだそうです。

明日にでも、家の植物の葉っぱをめくってみようかな。

ユズやキンカンの木が怪しい。

  

でもササグモなる名前から、ササやススキなどのイネ科の植物に

ついていることがおおいようです。

ちょうどいいかな。

クロコノマチョウの幼虫を手に入れたいので、

探しに行ってみようかな。

参考:ここでも道草 16年ぶりにクロコノマチョウに会いたい(2024年5月20日投稿)

  

最後にササグモの写真のアップ。

Img_5902

小さな訪問者 平群の野虫 ササグモ

最近の写真

  • Img_6093
  • Img_6092
  • Img_6091
  • Img_6090
  • Img_6089
  • Img_6355
  • Img_6349
  • Img_6346
  • Img_6343
  • Img_6328
  • Img_6327
  • Img_6326

楽餓鬼

今日はにゃんの日

いま ここ 浜松

がん治療で悩むあなたに贈る言葉