アクセスランキング

Powered by Six Apart

2017年9月16日 (土)

20170902報告その8.「楽しい授業」→「まわりに興味を持つ」

  

今日は9月16日。

  

前投稿に引き続き、9月2日のキミヤーズ塾の報告を書きます。

  

〇レジメの引用

 

 「自己表現してこそ、人間関係」

 楽しい授業で、子どもは好きなことが増える。

 まわりに興味を持つ。勉強が好きになる。

 人が好きになる。自分が好きになる。

 重要なのは人とのつながり。

 知識・技術の習得は副産物。

 成果主義に陥るな!

 焦ってプリント学習なんかするんじゃない!

 SSTで決まり文句を覚えても意味がない!

  

 村上先生の考え方。改めてこうやってうって、認識。

 「楽しい授業」→「まわりに興味を持つ」

 この流れは成し遂げたい。

 でもここまで割り切れない現実はある。

 「知識・技術の習得は副産物」は憧れですが、難しい。

  

〇ワシントン大学のパトリシア・クール教授の実験が紹介される。

 赤ちゃんに、中国語を学習させるのに、

 ビデオを見せても効果がなかった。

 でもビデオに出ていた講師役の人が直接赤ちゃんの前に来て、

 同じように教えると効果があった。

 つまり、人とのつながりが学習を進める

 タブレット端末による効率的な学習が行われる時代が来たとしても、

 人間が直接人間と接して教え教えられることは必要。

  

〇最近考えていますか。考えることをしなくなっているのでは。

 「脳が退化していきますよ」と村上先生。

 言われてみて気がつく。案外、考えていない自分。

 

〇ロバート・ウォルディンガーさんのプレゼン紹介。

 これは村上先生の昨年8月29日の三好でのお話で

 初めて出てきたものである。

 ※参考:ここでも道草 村上先生のお話2.良い人間関係が人を幸福にする(2016年8月30日投稿)

 ↑ここにも載せた映像と引用文を再掲載する。再認識。

 


YouTube: What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness | Robert Waldinger

 彼らの人生から得た 何万ページにもなる情報から

 分かった事は何でしょう?

 それは富でも名声でも 無我夢中で働く事でもなく

 75年に渡る研究から はっきりと分かった事は

 私たちを健康に幸福にするのは

 良い人間関係に尽きるという事です。

 これから人間関係に関して 3つの大きな教訓がありました。

 第一に周りとの繋がりは 健康に本当に良いという事

 孤独は命取りで 家族 友達 コミュニティと よく繋がっている人程

 幸せで 身体的に健康で 繋がりの少ない人より

 長生きするという事が 分かりました

 孤独は害となるという 研究結果が出たのです

 しかし 群衆の中や 結婚生活の中でも 孤独を感じることはあります

 つまり ここで重大な事は 友人の数だけが ものをいうのではなく

 生涯を共にする相手の 有無でもないのです

 重要なのは 身近な人達との関係の質なのです

 争いの真っただ中で暮らすのは 健康に悪い事が分かっています

 例えば愛情が薄い 喧嘩の多い結婚は 健康に悪影響を及ぼし

 恐らく離婚より悪いでしょう

 愛情のある 良い関係は 人を保護します (後略)

  

 結論:良い人間関係が、良い人生を送らせる。

  

  

村上先生の講座に何回も出て、村上先生の基本理念に何回も触れ、

再認識して、自分なりに解釈して実践につなげていく。

それが自分を進化させていく一つの方法だと信じて出向いています。

  

(まだつづく)

20170902報告その7.しょうもない授業をしていたら、人生がもったいない

  

今日は9月16日。

  

9月9日の記事の続きで、

キミヤーズ塾の報告を書いていきます。

  

〇「飛んで、仮名文」という実践。

 村上公也先生が、教職を引退されてから編み出した実践だと思う。

 引退されても、教育活動は引退されていない証拠のような実践。

 大事にされているのは、子どもが表現すること。

 その子の体験を踏まえた作文が作られると、

 「その子らしさ」が出ていいと考える。

 したがって、その子のことをよく知っていると、

 「飛んで、仮名文」の正解に行きつきやすくなる。 

  

〇みんなの前で自分の経験を語ることを勧めていたのは、

 佐藤幸司先生の考えにもつながる。

 ※参考:佐藤先生のチキンライスの授業(2007年11月25日投稿)

  

〇「飛んで、仮名文」「ワン・ヒント・クイズ」で、

 会場の参加者にも答えを求められたが、

 なかなか挙手して答えを発する人がいなかった。

 村上先生がその場面で言ったことが心に残った。

 「自信がないから言わない。それはそれまでの教育が違う。

 間違った教育を受けている証拠

 

 そうかもしれない。

 子どもの時に、正解を求める授業体験が多いと、

 不正解で恥ずかしい体験をしないようになってしまっている。

 それが大人になっても変わらない。

  

 私自身も、それまで受けた教育の影響を受けているかも

 そう思わせてくれた言葉でした。

 

〇村上先生の言葉で印象に残ったといえば、この言葉も。

 「しょうもない授業をしていたら、教師は面白くないよ。

  人生がもったいないよ

 これはそう思う。

 人生の多くの時間を費やして準備して、授業を行ている。

 惰性で授業をやっていては、人生の無駄遣い。

 10月に行う国語の研究授業。いいアイデアが浮かんでいる。

 ぜひ思いついたことを実行して、授業を楽しみたい。

 楽しむのはやっぱり、惰性ではなく、自ら変化させていくところに

 面白さがあると思う。

 最初に書いたように、引退されても新しい実践を生み出す村上先生は

 やっぱり楽しそうだ。

  

(つづく)

  

2017年9月12日 (火)

今まで知らなかった「ししゃも/SHISYAMO」

 

今日は9月13日。

 

なかなか道草できない日々。

短時間で1本。

  

昨日から生活のBGMを変更。

このアルバムです。 

Static_shishamo1_927  

SHISYAMO(ししゃも)と言えば、思い出すのはこのCMですよね。


YouTube: NTTドコモ 面白いCM 曲 綾野剛 堤真一 ししゃも 明日も

  

堤:最近、学生に何が流行っているんだよ。

綾野:ししゃもっすよ。

堤:ししゃも!そんなもんが流行っているのか。

綾野:何言ってるんですか。うまいじゃないですか。

堤:まあ確かにうまいなあ。

綾野:最高っすよ。

堤:日本酒にも合うしなあ。

綾野:え?

堤:子持ちは特にうまいよな。

綾野:どのししゃもですか?

  

Photo  

このCMを見た時に、私も堤さんと同じように

子持ちししゃもを思い浮かべていました。

Kam2543402 https://item.rakuten.co.jp/shokutac/kam254340/

  

 

SHISYAMOの曲でさっそくのお気に入りは、

「みんなのうた」で放映された「音楽室は秘密基地」ですね。

ここで聴けました。

https://twitter.com/mishamo_love/status/828142566277148672

Photo_2

  

♪ あれから私は大人になったけど

今も先生がくれたキラキラをカバンに入れて

毎日生きてる

 

この歌詞がよかった。

子どもたちにキラキラを与えたいですね。

そのためには先生自身がキラキラしていないとね。

今日も頑張ろっと。

2017年9月 9日 (土)

20170902報告その6.考えること・表現すること・つながること

  

今日は9月9日。

  

1週間前のキミヤーズ塾の報告をします。

  

今回のテーマは「考えることを楽しむの巻」でした。

  

バーレスク(風刺劇)が冒頭にありました。

悪子先生とゆかり先生の対比劇。

聞くところによると、最近のキミヤーズ塾の打ち合わせで、

このバーレスクの打ち合わせが最も長い時間をかけているそうです。

 

したがって、バーレスクの中にメッセージが込められていると考えます。

悪子先生の教え方は、子どもたちをこうしたら導けるという方法の裏付けがあり、

熱心さがありました。

しかし、子どもたちとの人間関係がよくない。

それは、子どもたちとの今の姿を認めずに、

教師がそうさせたいと思っている姿のみが正解で、

そこに当てはめようとするからです。

今の子どもたちを否定しています。

それでは良い人間関係は築けません。

  

村上公也先生の要項にこう書いてありました。

  

子どもたちに敬意を払い

よーく実験観察しながら

  

このやり方でいいかどうか、子どもを観察しながら実践することを

勧めています。今の子どもを否定しません。

  

  

要項より。

 

キミヤーズは

考えることを大切にしている

表現することを大切にしている

つながることを大切にしている

 

何度もキミヤーズで教わっていること。

あらためて確認。 

「仲良しこよし」が人間関係形成ではなく、

いろいろなトラブルを越えていった先の人間関係形成をめざします。

  

  

今までの教育について要項にこう書いてあります。

 

形式(挨拶、ルール、しきたり)、やり方だけ教えて、

表面だけ普通に近づけるのが目的なんか?

「うん」と返事する子を「ハイ」としか言えない子にして、

ドヤ顔して胸を張る教師でいいのか?

  

1学期に「ハイと返事できる子」「イスをしまえる子」をめざしてきた身としては、

自分の実践を反省する内容でした。

  

でも村上先生には強烈な体験があったようです。

今回垣間見ることができました。

 

その子はとても明るくいい子だったようです。

村上先生の教え子かな?

その子が村上先生の元を離れて、しばらくして出会ったら、

表情のない無反応な子になっていたそうです。

この話を唐突に始めた村上先生は、

悔しかったのか憤ていました。

それが他の先生たちの教育の成果だったのです。

そんな子にしてしまう教育でいいのかときっと村上先生は考えたのでしょう。

  

人に迷惑をかけない子どもに育てることは

大事な教育方針だと思いますが、

考えられない・表現できない・人とつながらない子になっては

悲劇だと感じられたのでしょう。

村上先生の原点たる体験談を少し聞けました。

  

つづく 

お店でもらったパンフレット ローメン/豆餅

 

今日は9月9日。

  

お店でいただいたパンフレットの写真です。

  

まずは長野県伊那市の「萬里彩園」でいただいたパンフレット。

関連記事はここ↓

ここでも道草 2017年夏・仙丈ケ岳登山報告その8・・・駐車場まで歩いた!(2017年8月31日投稿)

Epson769

Epson768  

このパンフレットによると、ローメン誕生は昭和30年(1955年)8月。

創作者の伊藤和弌(わいち)さんは、1931年生まれなので、

およそ24才だったのですね。若い。

もともとの名前は「チャーローメン」だったのですね。

  

 

  

次は京都市の「出町ふたば」でいただいたパンフレット。

関連記事はここ↓

ここでも道草 20170902報告その3.鴨川沿いに行きたくなった理由 「名代 豆餅」(2017年9月6日投稿)

Epson770

Epson771

豆餅の特徴の一つは、赤エンドウが入っていること。

それは初代三次郎さんのふるさと石川県小松にあった

豆餅が起源だったのですね。

赤エンドウは、莢が固い種類のエンドウです。

みつ豆に入っている豆が赤エンドウ。

Mitsumame 1分で読める違いは?「みつまめ」と「あんみつ」の違いは?

  

20170902報告その5.実践編 鴨川の飛び石

今日は9月9日。

  

前投稿のつづきで、

7月11日放映の番組「京都ぶらり歴史探訪SP 大河の一滴

 ~鴨川が変えた京の暮らし~」を見たことで行きたくなったところに

実際に行ってみた報告。 

  

出町ふたばで豆餅を買った後に、鴨川に向かいました。

Rimg0641  

いよいよ飛び石体験です。

Rimg0642

Rimg0643  

当たり前ですが、飛び石はテレビ番組と同じように、

そこにありました。

それがまずうれしい。

そしてその飛び石飛んでみました。

 

Rimg0646

Rimg0648

↑中間地点に到着。

前投稿で、片岡孝太郎さんたちがおいしそうに豆餅を食べていたのは

この場所でした。

 

Rimg0649

Rimg0650

↑上流側を撮影。

  

Rimg0651

↑向こう岸まで渡っって、振り返って撮影。

この後、再び飛び石を戻りました。

京都をよく知っている人が、

飛び石はアベックや親子連れが多くて、

男1人だと、少々恥ずかしいぞと聞いていました。

でも今回は、朝早かったせいか、そのようなことはありませんでした。

ゆっくり味わいながら渡れました。

  

↓飛び石の上に足跡。どうやらサギの足跡のようです。

Rimg0654

Rimg0655 ↑下流側を撮影。サギがいます。

  

Rimg0656

↑清らかな流れを写真で表現するのは難しい↓Rimg0658 

  

川面で楽しんでいるサギを撮影しようと構えるカメラマンさんを撮影。

Rimg0660   

 

Rimg0662

Rimg0663

Rimg0664

鴨川から上がってきたところには花屋がありました。

そして駐車場へ。

Rimg0665   

  

この後、以前に書いた御室仁和寺駅に行き、

そしてキミヤーズ塾に行きました。

次回はキミヤーズ塾のことを書きます。1週間経ってしまいました。

  

 

2017年9月 8日 (金)

20170902報告その4.実践編 鯖街道口碑/豆餅

  

今日は9月8日。

  

6日の投稿のつづき。

  

7月11日放映の番組「京都ぶらり歴史探訪SP 大河の一滴

 ~鴨川が変えた京の暮らし~」を見たことで行きたくなったところに

実際に行ってみた報告。  

  

Rimg0639

↑駐車場は、番組でも映っていた京都市出町駐車場を選びました。

この場所が都合がよかったです。

  

まずは鯖街道口碑に行きました。

Rimg0629

Rimg0632  

柳の木がいい感じでした。

実際にその場に行ってみて気がつきました。

次な枡形商店街へ。

Rimg0634  

お目当ての店はすぐに見つかりました。

Rimg0635

Rimg0637

Rimg0636  

買おうと思っていた「名代 豆餅」もありました。

さっそく10個、お土産で買いました。

 

ところで「日付」について。

実際に行った時には、まだ勉強不足で、店頭に日付の書いた札があることに

気がついていませんでした。

日付が写っている写真はないか探しました。

1枚ありました。

Rimg0638  

その部分をアップにしてみました。

Rimg0638a  

よ~く見てください。

「5」ですよね。

なぜか5日になっていました。

本当は9月2日なのに。

ますますあの日付の横に書いてあった「次の~~~は」の

読めない部分が気になってきました。

※参考:ここでも道草 20170902報告その3.鴨川沿いに行きたくなった理由 「名代 豆餅」(2017年9月6日投稿)

  

次に行く機会には必ず見よう。

2017年9月 7日 (木)

京都を舞台にしたCM 「京都・弓の道」篇

 

今日は9月7日。

 

気になったCMです。

このブログに書きとめておきたいと思いました。

聞き書きします。

  


YouTube: 共創共生「京都・弓の道」篇

京都府京都市

Photo

この国ではお茶もお花も剣も

どうしてみんな道になるのでしょう。

弓もそう。

勝ち負けよりも大切なこと。

礼を忘れず、相手を敬う。

自分を磨く道がそこにある。

500年前からこの街で

代々弓を作り続ける家があります。

注文を受けると、まずお客様と話をします。

経験、力量、弓への思い。

弓は工芸品ではない。

人が使う実用品ですから。

と、弓師は言います。

それは人が道を極めるための伴侶。

道具の「道(どう)」は道(みち)そのもの。

道というこの国独特の文化。

見えないけれど大切な心。

私たちのお手本です。

共に創る、共に生きる。

ダイワハウスグループ。

 

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

御弓師 柴田勘十郎」と書かれた暖簾が出てきました。

調べるきっかけを与えていただきました。

  

CMの説明にありました↓

大和ハウス工業株式会社 テレビCM 共創共生「京都・弓の道」篇

「撮影エピソード」の文章を引用。

 

室町時代から一子相伝で京弓を受け継いできた

第二十一代御弓師、柴田勘十郎さん。

CMのハイライトは「にべ打ち」という工程。

「にべ」とは、鹿革を煮詰めてつくる天然の接着剤です。

湯を沸かし「にべ」を温めながら竹を重ね合わせ、

すぐさま竹の楔をカンカンと打ち込んでいく作業は、

時間との戦い。勘十郎さんと跡継ぎの息子さん、

若いお弟子さん、3人の息もぴったりの連携作業は、

ドラマチックで手に汗握る緊迫感でした。

  

「竹の楔をカンカンとうち込んでいく作業」のより具体的様子は、

次のサイトがいいと思います。

弓道写真集 御弓師 二十一代 柴田勘十郎

このサイトに載っている写真は、

弓がこんなふうにできるのかと驚く予想外のものです。

CMをきっかけにいい勉強ができました。

  

「道具」の「道」のいわれは知りたいですね。

由来・語源辞典には次のように書いてありました。

 

元来は「仏道の具」のことで、仏道修行のための

衣や鉢、錫杖(しゃくじょう)など、

六物(ろくもつ)といわれる必需品や、

密教の修法に用いる宝具などをさした。

そこから一般化し、武家の「道具(槍・刀など)」

「大工道具(鉋・金槌など)」、芝居の「大道具」などをさすようになった。

  

つまり「仏道」という道を究めるための伴侶であったわけで、

CMで言っていたことは、正確だったようです。

  

  

京都を舞台にしたCM。

やっぱり京都のバックにある歴史はすごい。

狭くてゴチャゴチャしている街ですが、

その歴史が京都の街の魅力を出していると思います。

キミヤーズ塾で京都に行くようになって、

京都が少しは見えてきたように思えます。

2017年9月 6日 (水)

20170902報告その3.鴨川沿いに行きたくなった理由 「名代 豆餅」

  

今日は9月6日。

  

前投稿に引き続いて、京都の鴨川沿いに行ってみたくなったきかっけの

番組「京都ぶらり歴史探訪SP 大河の一滴~鴨川が変えた京の暮らし~」より。

  

Rimg0630_2

Rimg0631

出町ふたば」という和菓子店にたくさんのお客さんがいます。

明治32年創業のお店。

お客さんのお目当ては「名代 豆餅(なだい まめもち)」

Rimg0632

「名代」とは?   調べました。

【名代】=名前を知られていること。評判の高いこと。

 ※引用:デジタル大辞泉

  

「名代 豆餅」は1日約3000個を作っているそうです。

店頭のすぐ後ろで作られている伝統の豆餅。

その製造方法は・・・

お米は滋賀県産の羽二重餅米(はぶたえもちごめ)。

Rimg0633

Rimg0634

↑餅米をついています。

  

餅に加えるのは、ほくほくの赤エンドウ↓

Rimg0635

赤エンドウなんだ!  

赤エンドウとつきたての餅を混ぜ合わせます↓

Rimg0636

Rimg0637  

  

こしあんに使う小豆は、北海道産。

ひとつひとつ、手作りで仕上げていきます↓

Rimg0638

Rimg0639  

ナレーターの語りを聞き書きします。

  

やわらかい餅に、豆の歯ごたえとほのかな塩味。

中のこしあんはなめらかで、さっぱりした甘さが絶妙。

Rimg0644

塩味も含まれているのがいいなあ。

ね、食べたくなりませんか。

  

 

ところで、この番組のこの「出町ふたば」の映像で

面白いことがわかりました。

 

ロケをした日がわかりました。

片岡孝太郎さんたちがお店を訪れたときに、

カレンダーは5月でした。

Rimg0656a

Rimg0657  

Rimg0657a  

5月でした。

さらにもっと具体的に日にちがわかる映像がありました。

Rimg0641  

どこだかわかりますか?

アップにします。

Rimg0642  

「30日 火旺日」とあります。

今年で探すとこれは5月です。

カレンダーのこともあり、

ロケは5月30日のことだと思いますが、

ただ日にちの右側に書いてある文章が不鮮明で読めません。

Rimg0642b

「次の~~~は」と書いてあるように思えます。

ここがわかれば、確実なものになるでしょう。

 

ロケが5月に行われたのは確実と思った矢先、

途中にこのような映像がありました。

Rimg0642a

Rimg0643a  

「4日 水旺日」とあります。

映っているお客さんの服装も厚着であって、

とても5月のように思えません。

何月なのだと調べました。

これは1月でした。

  

びっくり。

5月のロケの合間に、1月の映像がさっと入っていました。

このことに気がつくのは、制作側の人たちと、

この私ぐらいではと思っています。

  

ある意味、映像の怖さだなあと思いました。

  

片岡孝太郎さんらは、「名代 豆餅」を買って、

飛び石のある鴨川の河原で食べています。

Rimg0648

Rimg0649

Rimg0650  

それはそれはおいしそうでした。

「出町ふたば」に行きたくなったのは、

この食べている姿を見たのが決定打でした。

  

つづく

  

20170902報告その2.鴨川沿いに行きたくなった理由 鴨川の飛び石/鯖街道口碑

  

今日は9月5日。

  

前投稿の続きです。

9月2日にキミヤーズ塾に行く前に、

恒例の京都見学をしました。

その時に鴨川沿いに行きました。

そのきっかけです。

  

きっかけ① 「出町柳町」に興味をもったこと

 これは8月10日のことです↓

 参考:ここでも道草 実践・貴船神社・・・出町柳駅(2017年8月14日投稿)

きっかけ② 7月11日放映の番組「京都ぶらり歴史探訪SP 大河の一滴

 ~鴨川が変えた京の暮らし~」を見たこと

  

「京都ぶらり歴史探訪」は、鴨川の始まりから終わりまでをたどる旅番組でした。

多くの興味ある場面がありましたが、興味のあった出町柳町付近に

特に行ってみたいと思ったのです。

   

では番組紹介。

  

レポーターは片岡孝太郎さん。

出町柳駅の近くの、鴨川と高野川が合流する地点には飛び石があります。

Rimg0647  

その飛び石に片岡孝太郎さんが挑戦していました。

Rimg0651  

たわいもないことかもしれませんが、

この飛び石を自分も飛んでみたいと思いました。

 

飛び石の下にはブロックが敷かれています。

川が大水になった時に川床が削られて深くなると、

川の護岸も傷んでしまいます。

ただブロックを敷くだけでは面白くないということで、

当時の技術者が飛び石も考えたそうです。

一番最初にやり始めたのは25年前くらいだそうです。

  

  

次はここ↓

Rimg0652  

Photo  

出町橋のすぐ横に「鯖街道口碑」があります。

Rimg0653

Rimg0654  

若狭の方から海産物を運んできて、終着するのがこの場所だったそうです。

特に鯖が多かったことから「鯖街道」と呼ばれました。

それらの海産物で商売をすることで、この出町付近は栄えたそうです。

 

その出町にある人気店が「出町枡形商店街」の中にある「出町ふたば」です。

ここに自動車をとめると便利そうな駐車場↓

Rimg0655

Rimg0656

Rimg0630  

詳しくは次の投稿で。

今から今日の授業準備。

  

最近の写真

  • A1wpewsvc1l__sx522_
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo
  • 326bc1c239bac476d530d61b7d4ecb73
  • Rimg0797
  • Rimg0796
  • Rimg0795
  • Rimg0794
  • Rimg0793
  • Rimg0792
  • Rimg0791

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼