« 早起きして見たもの2・・・細い月と金星 | メイン | 「洋灯吊」はどうやって読むのか? »

2014年1月30日 (木)

九九の反復練習で使っている教具

 

今日は1月30日。

  

さくら社の発行している「子どもが夢中で手を挙げる算数の授業」(横山験也監修)を使って、

子どもたちに九九の反復練習を行っています。

DVDにいろいろな練習画面があります。

こんな画面があります。

Onaji

Tokkunn

Tenntunagi

Pazuru1

Pazuru2  

何度も何度も繰り返してやっています。

隙間時間でさっとできます。

特にこのジグソーパズルは、すごいなあと思いました。

少しでも早く当てはめていくために、工夫することで、

数字の並びの規則性にも気づきます。

こんな面白いことに気づくなんて、考えた人は嬉しかっただろうなあ。

  

今日はいまひとつ理解が十分ではなかった「正方形・長方形・直角三角形」の復習を、

このシリーズで行ってみたいです。

  

   

TOSSの発行しているアプリ「スーパー九九尺」も使っています。

1の段から9の段に進んでいくうちに、白い面積がどんどん広がっていくことが、

視覚的によくわかります。※参考:TOSSアプリランド スーパー九九尺

Rimg9360

Rimg9358

Rimg9361  

「さん」「し」とか「しち」「しち」といった読み方が、数字のすぐ横にあるのもやさしいです。
 

あとは、音があるといいなと思いました。

  

  

こんな教具を使って、子どもたちが飽きずに九九を唱えることをめざしています。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg2373
  • Rimg2372
  • Rimg2371
  • Rimg2370
  • Rimg2369
  • Rimg2368
  • Rimg2367
  • Rimg2366
  • Rimg2365
  • Rimg2364
  • Rimg2363
  • Rimg2362

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography