アクセスランキング

Powered by Six Apart

2018年7月16日 (月)

7月12日放映「遺留捜査」のロケ地探し/山門からの遠景

 

今日は7月16日。

  

やっと咳と頭痛がおさまってきました。

しかし、もう夕方。

3連休も終わりが近い。

  

休みらしいことをやりたくて、

今から道草します。

7月12日から再びスタートした

ドラマ「遺留捜査」(名古屋テレビ)の

ロケ地探し。

  

まずはこの場所。

Rimg3144

Rimg3145

京都東山山荘という場所のようです。

そこで2人の俳優さんが食していたのが

「竹筒入りの水羊羹」でした。

暑い時には、特に食べたくなるお菓子。

  

  

次はお寺。

Rimg3133

Rimg3134

Rimg3136

Rimg3141

階段を登ったところにお寺があり、

境内から山門の向こうに遠景が見られるお寺は

いいなと思います。

今回のドラマの舞台になったお寺もそうでした。

Rimg3135

門には「円刻寺」と書かれていました。

境内の様子↓

Rimg3137

Rimg3138

Rimg3139

Rimg3140

Rimg3143 

また機会があったら、

この境内を散策したいなあと思いました。

  

さてこの寺はどこか?

いつものように、エンディングの「撮影協力」を見ました。

「獨鈷抛山 千手寺」とありました。

調べました。

HPがありました。

「獨鈷抛山 千手寺(とこなげさん せんじゅじ)」HP

HPの写真などから、この寺がロケ地だと結論。

 

さらに、この2枚の写真を比べてみると・・・

124947287338516210973 お寺の風景と陶芸

Rimg3137_2

糸村刑事が近づこうとしている石灯籠は、

本当は存在しません。

Rimg3139_2


   

山門から見ることができるのは亀岡だそうです。

位置をグーグルアースで調べます。

グーグルアース 千手寺

こちらから行くと、

京都市を通り過ぎて行くことになります。

でも京都市からそんなに距離がないので、

行こうと思えば行けるなあ。

  

  

このサイトを見ると、紅葉がよさそう。

※参考その先の京都へ・・・

サイトにあった写真を1枚、紹介します。

Photo_3

ますます、山門越しに遠景を見たくなりました。

 

  

以上、忙しい日々ですが、

やってみたいと思った「遺留捜査」のロケ地探しを実行。

やってみたいことをやっていかないと、

自分らしくがなくなってしまう。

  

ポンペイ6/モザイク画「イッソスの戦い」は壁画ではなかった!

 

今日は7月16日。

  

ポンペイで発掘された壁画で、

社会科の教科書にも載っている有名なものは、

何と言っても、これでしょう。

Battleofissus 世界の歴史まっぷ イッソスの戦い

  

この中のアレクサンドロス大王のアップは、

教科書に載っています。

Alexander_the_great_mosaic 世界の歴史まっぷ アレクサンドロス3世

  

この壁画はモザイク画と呼ばれます。

モザイク画って何?

  

Wikipedia モザイクには次のよう書いてありました。

 

小片を寄せあわせ埋め込んで、

絵(図像)や模様を表す装飾美術の手法。

石、陶芸品(タイル)、有色無色のガラス、貝殻、

木などが使用され、建築物の床や壁面、

あるいは工芸品の装飾のために施される。

  

それでは、「イッソスの戦い」はどのような

材料を使ったモザイクなのだろう?

いろいろ探してみました。

イタリアへ行こう!イタリアを見よう!南イタリア モザイクの旅

ここに次のような情報あり。

  

教科書や歴史の本で見覚えのある方が

多いのではないでしょうか?

が、これが、小さな大理石片を並べて描いたモザイク画で、

しかもそれが現在、ナポリの国立考古学博物館にあるものだということは、

案外知られていないかもしれません。

(中略)

大王はもちろんのこと、そこに描かれている人それぞれの表情の豊かさ、

荒い息遣いが聞こえてきそうな、躍動感にあふれた馬たち。

遠目にはモザイクとは思えないのですが、近寄って見ると確かに、

すべて細かく刻んだ大理石や色石を埋め込んで描かれています。

テッセラと呼ばれる石片は、それぞれわずか数ミリ四方。

そのテッセラの数は合計で100万個に及びます。

(中略)

これは、ナポリ近郊、ポンペイの遺跡群の中、

通称「ファウノの家」にあったもの。

ポンペイの中でも、最も広く、豪華な邸宅の1つ、

その床を飾っていました。

四角く切った色石を並べて床を飾る舗床モザイクの手法は、

紀元前5-4世紀には、ギリシャで既に発展・普及していましたが、

それに遅れること1世紀ほど、

ローマ共和国内でもモザイクが床の装飾に使われるようになります。

  

  

だんだん見えてきました。

どのような壁画であったのかが・・・

ただ驚きは、壁画と思っていましたが、床画!

これには驚き。思い込みで壁画と思っていました。

 

グーグルアースで出かけます。

グーグルアース ポンペイ ファウヌスの家

Photo_2

  

ありがたい!床にモザイク画(レプリカ)がある様子が、

ストリートビューで、見ることができました。

ストリートビュー イッソスの戦い

Photo

 

  

床にあったのでは、このモザイク画の痛みは、

仕方がないかな。

ポンペイ5/ベスビオ山噴火の日が8月から10月になる

今日は7月16日。

  

3連休。

14・15日は大会の引率でしたが、

今日はお休み。しかし、咳がひどく、その度に頭痛。

午前中はずっと寝ていました。

昼食後に頭痛薬を飲んで、

やっと頭痛がおさまってきたかな?

 

テレビ未来遺産 緊急 池上彰と考える

巨大噴火 日本人へ古代ローマから警告

ポンペイ」(2014年5月14日放映)より。

  

Rimg3085   

この番組の中で、ベスビオ火山が噴火した日は、

それまでの説と変わっていました。

 

それまでの説は、79年8月24日でした。

この記事で紹介した動画も、その日を噴火した日としていました。

ここでも道草 ポンペイ1/監視カメラ風の映像(2018年6月28日投稿)

824  

しかし、「池上彰と考える 巨大噴火」(2014年放映)では、

次のように言っていました。

聞き書きします。

 

ナレーター:実は、数年前、1枚の銀貨の発掘で、

  ポンペイの歴史が塗りかえられた。

  それまで火山の噴火は、夏、8月と言われてきたが・・・・

池上彰:それがですね、この銀貨が遺跡から見つかったんですね。

Rimg3086

  この銀貨というのがですね、皇帝ティトゥスの即位を記念して

  発行された。発行されたのが、西暦79年の9月末だったんですね。

  ということは、8月の噴火で、これが埋もれることはないです。

  実際は8月ではなくて、10月に噴火が起きて、

  この銀貨が埋もれたのではないか、ということなんですね。

雨宮塔子:ということはですよ、2000年近く経って、

  1枚の銀貨が歴史を変えてしまった、ということでしょうか。

池上:そうなんです。そういう話、多いですよね。

  昔の歴史が、いろんな発見によって、どんどん新しくなっていくと、

  いうことなんですよね。  

  

  

番組では、噴火した日は10月24日としてありました。

「24日」は変わっていません。

「24日」には、何か有力な証拠があるのでしょう。

Wikipedia ヴェスヴィオを見ると、噴火した日は8月24日となっていました。

まだ”定説”にはなっていないのでしょうか。

2018年7月14日 (土)

7月14日「ひまわりの日」/気象衛星「ひまわり」/2度目の種まきは7月2日

今日は7月14日。

  

今日は「ひまわりの日」です。 

なぜ「ひまわりの日」なのか?

その理由は、植物の「ひまわり」ではありませんでした。

今日は何の日~毎日が記念日~7月14日

を見ると、次のように書いてあります。

  

1977年のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」が

アメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。

  

気象衛星の打ち上げが、「ひまわりの日」ができた理由でした。

でも気象衛星「ひまわり」は、やっぱり植物由来のネーミングでした。

  

Wikipedia ひまわり(気象衛星)に次のように書いてありました。

  

宇宙開発事業団 (NASDA) の初期の衛星は、

初代理事長島秀雄の意向で花の名前をつけており、

気象衛星「ひまわり」の愛称も植物のヒマワリから来ている。

植物のヒマワリの花は常に太陽に向かって花を咲かせ、

時間と共に太陽を追尾し向きが変化するといわれている

(実際にそのように動くのは芽生えから

開花前のつぼみの時期までである) 。

このためいつも地球を同じ方向から見ているという意味と、

1日に1回地球を回るという意味で「ひまわり」と名付けられた。

これに因んで、東京都清瀬市にある気象庁気象衛星センターの

前の市道は、「ひまわり通り」と名付けられている。

  

 

現在、気象衛星「ひまわり」8号が

日本上空にいて、画像を送ってくれています。

その画像を見ることができます。

ここです↓

ひまわり8号リアルタイムWeb

たとえば・・今日の移り変わりを載せます。

  

5時

まもなく夜明けです。

5  

8時

8  

11時

11

オーストラリア大陸の赤色が気になります。

  

14時

14

暑かった今日の昼過ぎ。14時(午後2時)の

日本付近のアップ。

14_2  

高気圧の下なのか、私たちの住んでいる愛知県には

雲がありません。

 

17時

17  

地球は北極側から見て反時計回り。

まもなく日本は夜のゾーンに突入します。

 

20時

20 

  

このような画像が見られました。

  

2015年7月7日より、ひまわり8号が気象観測を行っていますが、

2022年からは、ひまわり9号が運用される見通しだそうです。

そのひまわり9号が打ち上げられたのは、

もう過去の話。

2016年11月2日のことでした。

その動画。


YouTube: 静止気象衛星「ひまわり9号」打ち上げ(H-IIAロケット31号機) | Launch Report of the “Himawari-9” by H-IIA F31

運用の6年も前に打ち上げて、準備を進めるんですね。

私の仕事と違って、にわか・思いつきではないところが

素晴らしい。

 

以上、「ひまわりの日」にちなんで、

気象衛星「ひまわり」を少し調べました。

 

 

最後に、東京都清瀬市のことを調べました。

※参考:清瀬市HP Sunflower Diary~ひまわり日記(2018年7月3日~)

ここにこんな記事がありました。

Photo  

「清瀬ひまわりフェスティバル」に向けて、

6月29日に種まきをしたということです。

フェスティバルは8月18日~8月28日。

つまりその頃にまけば、お盆過ぎに開花するというわけです。

 

以前、勤務校で5月28日にひまわりの種をまいたと書きました。

ここでも道草 100mあまりの畑にひまわりの種を蒔きました(2018年5月29日投稿)

その後、世話をしてきましたが、ほとんど発芽せず。

なぜ?

それも2年連続。

  

種屋さんで聞いてきました。

「自家採集の種は危ないな」と言われました。

ひまわりの種が熟すまでには、

花が終わってから4か月!が必要だと教えてくれました。

花が終わってあまり間を開けずにひまわりを刈り取って、

種採りをすると、熟していなくて発芽しないというのです。

昨年の様子を聞くと、やはりこの説に当てはまり、

発芽しないことに納得できました。

さっそく種屋さんで、きっと発芽率の高い種を購入。

その種をあらためて畑にまいたのが7月2日でした。

ありがたいことに、現在芽が出ています。

 

いつ頃咲くのかなと思っていましたが、

清瀬市のHPのおかげで、めどが立ちました。

これからも清瀬市のひまわり日記を見て参考にしながら、

勤務校のひまわりを育てていきたい。

2018年7月13日 (金)

体調は大丈夫/懐かしい曲を2曲

今日は7月13日。

  

今日は復活の日。

1日頑張りましたが、体調は大丈夫。

 

懐かしい2曲と再会しました。


YouTube: 背番号のないエース タッチ 1

新任の学校で、この曲の楽譜を手に入れて、

全校合奏をやった曲なのです。

調べたら、1986年3月発売の曲なので、

おそらく2年目に合奏をやったと思います。

小さい学校なので、10人ほどの全校生徒でした。

  

  

もう1曲。


YouTube: みゆきED H2O想い出がいっぱいジョイファンダーズ.flv

「想い出がいっぱい」

 

1983年3月発売の曲です。 

たまにはこういう懐かしい曲もいいですね。

  

  

まだまだ疲れているのかな?

同世代の人たち、今宵は、聴いてみませんか?

加藤剛さん亡くなるのニュース/1976年の大河ドラマ

今日は7月13日。

  

加藤剛さんが亡くなったというニュース。

亡くなったのは6月18日。胆嚢癌だったそうです。

加藤さんと言えば、「大岡越前」が有名ですが、

私の中では、大岡越前と並んで、

大河ドラマ「風と雲と虹と」での「平将門」も

印象深いです。 1976年の作品です。

201601080033045bf 象嵌師のブログ

  

当時私は15歳。

平将門についてあまり知らないけど、

しっかり見ていた覚えがあります。

そのことに関して、次の記事が勉強になりました。

AERAdot. 「風と雲と虹と」に主演した加藤剛が語る“極悪人”平将門の魅力とは? 連載「大河ドラマ誕生55周年の秘話」  

 

加藤剛さんは、平将門を演じるにあたり、

次のようなことを思ったそうです。

引用します。

  

その時代の都合によって、

将門は極悪人というレッテルが貼られ、

排除され否定されてきましたが、

大河ドラマで新しい光を当てて

見直してみるという大きな機会に、

将門を演じることの重みをひしひしと感じました。

  

大河ドラマの原作者である海音寺潮五郎さんの

目指すところも同じでした。

 

このサイトの記事のラストは、

こう締めくくられています。

  

将門に関する歴史の歪みを正そうと

小説を書いた海音寺潮五郎、

将門に共鳴して熱演した加藤剛、

構成に工夫を凝らして演出した大原誠。

「平将門は」はそれぞれのジャンルの表現者が

歴史の歪みに取り組んだ大河ドラマとして

忘れられない一篇だ。

  

 

そうだったのですね。

平将門がどのような人なのかを知らずに、

先入観なくして見ていたので、

私にとって平将門は、悪人ではありません。

 

  

大河ドラマ「風と雲と虹と」で忘れられないのは、

多岐川裕美さんの初登場シーン。

夜の祭りの後、草むらで、

加藤剛さん演じる平将門と出会うシーン。

美しい人がいるもんだなあと思いました。

後に多岐川裕美さんの見るたびに、

あのシーンが思い出されます。

Youtubeで見ることができるか探してみました。

風と雲と虹と総集編 - 前編

9分50秒以後にそのシーンがありました。

Photo  

う~ん、でも物足りない。

総集編なので、カットされた部分があるのでは?

あるいは時が経って、記憶が美化されたのかも。

   

  

上記のAERAdot.の加藤剛さんの写真が素晴らしい。

この写真です↓

Photo_2

いい顔をされています。

  

子どもの頃からのお馴染みの俳優さんが、

しだいにいなくなってしまいます。

2018年7月12日 (木)

きっと明日は行ける

今日は7月12日。

  

厄介な発熱と咳でした。

インフルエンザのように高熱ではないけど、

37度台の熱は、体の自由を奪いました。

自分は若くないんだと痛感した、

今回の風邪でした。

悔しいですね。

  

先ほど体温をはかったら、36.5度。

まあ大丈夫かな。

咳がまだ出るのが気になるところですが、

どうやら快復しそうです。

明日は出勤できそうです。

10日午後・11日・12日休んだことになります。

長引いたなあ。

  

 

9日の記事で、いずれ私も「闘病記」を

書くでしょうと書きました。

その予言が的中。

その翌日からダウンしました。

ミニ闘病記を書くことになりました。

 

 

今回の風邪は、2つのことを気づかせてくれました。

ひとつは、転勤して新しい環境の中で

頑張ってきたけど、やっぱり体は疲れていたこと。

もうひとつは、若くないこと。

微熱で2.5日休んだのは、

私には軽いショックでした。

Thermometer309120_1280

pixabay  

  

2018年7月11日 (水)

熱が下がらない

今日は7月11日。

 

3日前からのどが痛いなあと思っていました。

昨日の朝からは咳がよく出るようになり、

声もガラガラ声になりました。

同僚の先生も心配してくれて、体温を計ったところ、

37度。思ったよりたいしたことないなと思ったら、

「子どもだったらほっとくけど、大人だと心配」

と言われました。

確かに、足下がフラフラになってきたので、

これはいかんと思って、昼過ぎに早退しました。

 

帰宅してから、今朝の5時くらいまでほとんど布団の中。

咳がひどく熟睡できず。

でも起き上がって何かしようという意欲もなく、

布団の中で過ごしました。

体温は最高37,5度まで上がりました。

  

  

「やっぱり疲れとるだにい」と奥さん。

そうかなあ、そうかもなあ。

中学校勤務から3ヶ月あまり。

久々の環境の中、頑張ってきたけど、

父親の介護や、地区の体育委員の仕事なども加わり、

疲れていたのでしょう。

実はまだ体温が下がらない。

  

今日は学校を休んで、

午前中は病院で治療を受けました。

「もう年なんだから、37度はきついよ。」

「のどがしっかり腫れています」

「学校を休んだのは正解。もう1日休んだ方がいいくらい」

1歳年上のお医者さんからの忠告。

「もう年なんだ」よなあ。

他の先生たちと同じようにやろうとすると、

こうやって身体にガタがきてしまいます。

あまり年を意識したくなかったけど、

57歳を意識しないとなあ。

  

  

でも実際にどう変えることができる?

復活しても、また同じことをくり返しそう。

 

 

  

まずは、こんな道草をせずに、寝ることにしよう。

  

  

2018年7月 9日 (月)

偶然出会った書家は、がん患者さんでした

今日は7月9日。

  

前投稿の続き。

  

「魂消る」が縁で、サイトに行ってみた田川悟郎さんの

オフィシャルウェブサイト。

独特の書体は、心惹かれます。

そこからblogに行ってみてビックリしました。

  

Photo_2 EBISU MINAMI DIARY

 

この写真の右下には、次のように書いてあります。

 

ABOUT THIS DIARY

 

  

わかりました!行きます。

行く予定です。

  

7月中に健康診断を受け、

11月にも人間ドックに行きます。

それよりも、小さなことにくよくよせずに、

生きます。頑張ります。

死を宣告されても、

文章を綴っている姿に刺激されました。

   

  

田川悟郎さんはがん患者さんでした。

ブログに毎日、

「今日は2018年7月9日」

余命Xデーから今日で181日生きのびています」

と書いていくことで、かみしめて1日1日を

生きておられると思いました。

  

  

  

  

この土日、実は些細なことでクヨクヨしていました。

そのような時に、次のニュース。

 

「EXILE TRIBE」の9人組ダンスボーカルグループ

「FANTASTICS」のパフォーマー・中尾翔太さんが

6日、都内の病院で死去したことが分かった。22歳だった。

 

胃がんだったそうです。

3月の検査でわかった胃がん。

若者の体を、がんは急速に蝕みました。

22才。さぞ無念だったでしょう。

その時に思いました。

  

なにクヨクヨしてるんだよ。

クヨクヨしている理由は、命に関わることなの?

そうじゃないでしょ。

クヨクヨしてたらもったいない。

そう思い、今朝は吹っ切れました。

  

  

そして今晩は田川悟郎さんとの一方的な出会い。

田川さんの生きっぷりを参考にして、

今の自分の生きっぷり見直していきたい。

些細なことでクヨクヨしていないか、

止まらなくてもいいところで、止まっていないか。

  

   

私のブログも、きっと死ぬ直前まで

書くことになるでしょう。

その時には、きっと闘病記みたいなことを

書くことでしょうね。

そうなったら何を思うか。

きっと書きしるしたいと思うと思うのです。

そのような時には、だれかクヨクヨしている人の参考になるような、

いやいやクヨクヨしている人を後押しすることを書きたいです。

でも自分のことだけで精一杯かな?


YouTube: 岳 - gaku - Japanese Calligraphy by Goroh Tagawa

 

今晩のネプリーグSPに登場した忘れたくない漢字「心許り」「魂消る」

今日は7月9日。

  

今晩の「ネプリーグSP」(東海テレビ)で、

覚えておきたい漢字に出会いました。

以前より、この番組でクイズで出題される漢字で、

そうかこう書くのか!と思う漢字は数多(あまた)登場します。

でもその場限り。

しばらくすると「そう書くのか!」と驚いた漢字は何だったか

すっかり忘れてしまいます。

  

今晩は忘れないうちに、ここに書き留めます。

2つあります。

  

  

その1・・・

「こころばかり」を漢字にするとどうなる?

 

    

  

  

  

何と、「こころばかり」とうって、「変換」ボタン押しても

正解が出てきませんでした。

  

  

答えは、「心許り」です。

その意味を引用します。

引用元:コトバンク

  

わずかに心の一部を表したものであること。

贈り物をするときなどに謙遜していう語。

副詞的にも用いる。

「心許りの品」

「お礼のしるしに、心許り粗餐を

 差し上げたいと存じます」

  

そうか!

「心許り」は「わずかに心(感謝の心)の一部」なのですね。

贈り物を受け取る人が、この意味を知っているか、知っていないか?

この言葉を使って贈る人にとって、

受け取る人が、意味まで知っていてくれたら、

ありがたいでしょうね。

「そうか、感謝の気持ちのほんの一部なんだ。

あなたの感謝はそんなに大きいんだね」とわかってくれます。

   

  

関連してこれは何と読むか?

「心許ない」

  

  

  

 

  

この読みは「こころもとない」です。

  

  

意味は、やっぱりここから引用。

コトバンク

 

気づかわしい。頼りなくて不安だ。

「娘を独りで遊学させるのはどうも-・い」

「ふところが-・い」                 

 

  

  

  

 

それではもうひとつ。

その2・・・・

  

「たまげる」を漢字にするとどうなる?

  

  

 

  

  

  

正解を見てたまげました。

「魂消る」です。

  

  

まさに魂が消えるほどの驚きを意味する言葉として、

江戸時代から使われているそうです。

参考:語源由来辞典

  

  

ちょっとこの写真が気になりました。

Photo

田川悟郎オフィシャルウェブサイト

アップで見たい方は、このサイトへ行ってみてください。  

  

つづく

最近の写真

  • Photo_3
  • Rimg3145
  • Rimg3144
  • Rimg3143
  • Rimg3141
  • Rimg3140
  • Rimg3139_2
  • Rimg3139
  • Rimg3138
  • Rimg3137_2
  • Rimg3137
  • Rimg3136

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼