アクセスランキング

Powered by Six Apart

2017年1月19日 (木)

「真田丸」シリーズ31 次の大河ドラマの宣伝シーン/久々のオリオン座

 

今日は1月19日。

  

今週の月曜日の晩は、9時半くらいまで仕事。

帰宅しようと勤務校の玄関から外に出た時に、

一緒にいた人が「オリオン座がよく見える」とつぶやきました。

その言葉で、私も空を見上げました。

  

この時期、この時間、

オリオン座はどこにあるかは承知しています。

その位置にオリオン座はデーンとありました。

  

お久しぶりです。

この冬、オリオン座を見たのはもしかして初めて。

ご無沙汰していました。

そうだよ、この時期には、オリオン座を眺めながら、

自転車で帰ることが多かったのに。

どうやらこの冬は心に余裕がないようです。

ビックリするくらい、オリオン座のことが頭になかったです。

何かと忙しい日々だけど、

オリオン座を眺めるくらいの余裕は持ちたいですね。

  

そして道草をしよう。3日ぶり。

  

  

1月6日放映の「歴史秘話ヒストリア おんな城主 直虎のイロハ」を

見ました。

今年の大河ドラマ「女城主 直虎」の主人公、直虎が

どんな人なのかといった基本的なこと(イロハ)を知りました。

直虎は、井伊家を存続させた人なのですね。

女城主として3年間、その後は徳川家の家臣になれるように、

井伊家の少年を立派に育て上げて売り込むこともしています。

その少年が井伊直政(なおまさ)。

Rimg2356

Rimg2357

井伊直政は、家康家臣となってからは、家康天下取りに貢献。

徳川四天王の一人と称されました。

武田家の兵法を受け継ぎ、鎧の色は朱色とし、

「井伊の赤備え」と呼ばれました。

赤備えを纏(まと)って兜には鬼の角のような立物をあしらい、

長槍で敵を蹴散らしていく勇猛果敢な姿は

井伊の赤鬼」と称され、諸大名から恐れられました。

※参考:Wikipedia 井伊直政

  

井伊直政は関ヶ原の戦いでも活躍しましたが、

その2年後に亡くなります。

しかし、井伊家は徳川家の重要な家臣として存続し、

大坂冬の陣では、直政次男の直孝が出陣しています。

ここで大河ドラマ「真田丸」のシーンが思い出されます。

  

昨年11月13日放映の45話「完封」から聞き書きします。

  

要塞「真田丸」の櫓の上で、徳川軍を見る真田幸村と高梨内記。

Rimg2353  

幸村:壮観だな。

内記:相手に不足はござりませぬ。

  あちらにも赤備えがおりますぞ。

Rimg2354

幸村:あれは井伊直孝の陣。

  かの井伊直政の次男坊じゃ。

内記:井伊でございますか。

幸村:向こうにも、ここに至るまでの物語があるんだろうなあ。

Rimg2355

内記:一度聞いてみたいものですなあ。  

  

  

三谷幸喜さんのくすっと笑える企てがありました。

ちゃっかり次の大河ドラマを宣伝していました。

幸いにも「ここに至るまでの物語」を聞く機会を得た身として、

これから1年、「女城主 直虎」を見ていこうと思います。

  

  

4週間ごとに通っている内科の病院の待合室には、

毎年大河ドラマのガイドブックが置いてあります。

17日に行ったら、「女城主 直虎」のガイドブックが置いてありました。

さっそく見ました。

直虎は織田信長と同世代と書いてありました。参考になりました。

織田信長は1534年生まれで、

1582年6月に本能寺の変で亡くなりました。

直虎は1536年前後に生まれたとされていて、

亡くなったのは1582年の10月です。信長の没年と同じです。

ちなみに徳川家康は1543年生まれ。

豊臣秀吉は1537年生まれ。

三英傑が目立っていた同時代に、頑張っていた人でした。

さあ、今日も1日、私も頑張ろう。

2017年1月15日 (日)

2006年9月16日竜爪山との比較

 

今日は1月15日。

  

1月9日に登った竜爪山は、以前登ったことがあると言われても

情けないことに思い出せませんでした。

でも帰りがけに寄った平山温泉はよく覚えていました。

  

具体的に2006年9月16日に登ったと教えてもらい、

写真を調べました。

そしたらちゃんと登っていました。

今のように文章は残っていません。

写真のみです。

でもこうやって自分が撮った写真が残っているのに、

覚えていないのは寂しいなあ。

  

10年以上前と今回を比較したくなりました。

  

2006年↓

P9160002a

↑初代フォレスターです。

こうやって駐車したのですね。

  

2006年↓

P9160003a

↑この時は新道から登りました。

今回と同じメンバーです。

今回はここがゴールでした。

2017年↓

Rimg2357_2

壁面に古さが出てきています。

    

  

2006年↓ 新道と旧道の分岐

P9160005

2017年↓

Rimg2346_2

同じような場所を撮影するんだなあと思いました。

少し変わったかな?

  

  

2006年↓ 穂積神社

P9160006  

2017年↓

Rimg2338_2

    

2006年↓ 神木

P9160010  

2017年↓

Rimg2331_2

↑しめ縄がなかったなあ、今回は。

  

  

2006年↓ 薬師岳頂上

P9160012  

2017年↓

Rimg2315_2

↑微妙に変わっているぞ。

  

  

2006年↓ 文殊岳からの景色

P9160013

2017年↓ 

Rimg2307

2006年も富士山は拝めなかった模様。

写真がありませんでした。

  

 

2006年↓

P9160019

P9160025

2006年はホトトギスを楽しんでいます。

  

  

2006年↓ 道白山頂上

今回と全く逆コースだったのですね。

P9160021  

2017年↓

Rimg2263_2

黄色いのは同じ標識ですね。

  

  

2006年↓ 平山温泉

P9160030

2017年↓

Rimg2361_2  

垣根がなくなっているぞ。

 

  

2006年↓ 平山温泉

P9160031  

2017年↓

Rimg2379_2

Rimg2378_2

この置物は不動だったのですね。

すっかり忘れていました。

でもこうやって比較するのは面白かった。

1月9日の竜爪山登山報告その4/無事下山・平山温泉へ

  

今日は1月15日。

  

前投稿に引き続き、1月9日の竜爪山登山報告を書いていきます。

  

Rimg2338

Rimg2337

永い間、長尾川の清流に洗われ、自然にできた神石である。」

石はそのつもりはなかったと思いますが、

川に削られたのではなくて、洗われて、いやいや磨かれて、

立派になったのでしょう。

  

穂積神社から、欅立山(けやきたてやま)に行く予定でしたが、

雨が降り始めたので中止。新道を下山しました。

出発は11時44分。

  

よく見かけたのはこの実。

Rimg2340

Rimg2341

Rimg2343

Rimg2344  

この植物の名前は、また「みんなの花図鑑」で教えてもらおう。

わかったら、ここに書きます。

  

◇後記:わかりました。

イイギリです。さすが「みんなの花図鑑」

※参考:庭木図鑑植木ペディア イイギリ(飯桐)

  

  

新道・旧道の分岐↓

Rimg2346  

どんどん下ります↓

Rimg2347

Rimg2349

Rimg2350

↑カーブは整備されていましたが、

だいぶ崩れていました↓

Rimg2351   

下山道からみた竜爪山↓

Rimg2354  

もうじき登山も終了。竹林が美しかったです。

Rimg2356   

 

新道登山口↓

Rimg2357  

駐車場に戻ってきました。12時36分でした。

Rimg2358a   

  

帰路は平山温泉へ。

2度目の入浴。

竜爪山は登った記憶が吹き飛んでいましたが、

平山温泉はよく覚えていました。

硫黄の匂いの強いお風呂であること。

石鹸で洗ってはいけないこと。

ひたすら浸かっている風呂であることから印象に残っていました。

今回、円形の風呂に仕切りがあって、湯温が違うことがよくわかりました。

私はずっと一番熱い場所に浸かっていました。

平山温泉の写真です↓

Rimg2361

Rimg2362

Rimg2364

Rimg2365

Rimg2363

Rimg2367

Rimg2378  

玄関にこんな飾りがありました↓

どうやって作るのだろう。

Rimg2368

Rimg2369

Rimg2371

Rimg2374

Rimg2375  

平山温泉のすぐ近くに、第二東名がありました。

その工事の写真が飾ってありました。

Rimg2377     

  

平山温泉を後にしました。

Rimg2379

Rimg2380

Rimg2381  

今度はいつここに戻ってくるかな?

いい湯をありがとうございました。

  

  

後日、同行者から連絡がありました。

前回竜爪山に登った日を教えてもらいました。

2006年9月16日。

一緒に登ったのは、今回と同じメンバー。

10.5年前のことでした。

写真の入っているCDを探しました。

ありました。ちゃんと写っていました。

これはブログスタート前の出来事。

したがってブログ上に記録は残っていません。

これを機会に残そうかな。でもまずはブログ投稿は中断。

今からはやらなければならないことをやる。

 

1月9日の竜爪山登山報告その3/薬師岳~穂積神社

  

今日は1月15日。

  

前投稿に引き続き、1月9日の竜爪山登山報告を書いていきます。

  

文殊岳から薬師岳への道です↓

Rimg2310

Rimg2311

↑向こうに見えるのは薬師岳。

  

そして薬師岳頂上↓ 10時48分着。ここは素通りでした。

Rimg2314

Rimg2315

Rimg2316   

頂上にあったこれ↓が薬師如来?

薬師岳と言うからには、薬師如来が祀ってあるのが本来?

Rimg2313    

  

薬師岳北展望地

Rimg2319  

雲に隠れていた富士山が少し見えていました。

富士山の左手にある雪山は毛無山だそうです。

毛無山もまた登ってみたい山です。

Rimg2317

Rimg2318   

  

ここから穂積神社までぐんぐん下りました。

急降下って感じです。

登ってくる人たちは、喘(あえ)いでいました。

Rimg2320

Rimg2323  

途中でホッとするものに出会いました↓

Rimg2324

Rimg2325

太陽電池で体をゆする雪だるまのおもちゃです。

見ているとつい微笑んでしまう動きでした。

この急坂の途中にあるのはいい。

登ってくる登山者を、なごませることでしょう。

  

  

ミツマタがまたありました↓

Rimg2327

薄暗い登山道で、ミツマタの花は、小さな星のように見えました。

   

Rimg2328

↑この植物にも注目していました。

なぜか?

今回の登山で参考にしていたのが、次のサイト↓

参考:nobuのハイキングだより 竜爪山(1月6日登山)

3日前の登山報告です。

そこに魅力的な話が書かれていました。

上記サイトから、その部分を転載させていただきます↓

Photo   

私もアサギマダラの幼虫を見たいと思いました。

たった3日前の報告なので、見られる可能性が高いと思いました。

虫に明らかに食べられているこの葉に、きっといるぞと思って、

葉を裏返して確かめていきました。

同行者も手伝ってくれましたが、見つかりませんでした。

残念でした。

  

  

Rimg2330

Rimg2329

↑古い竜爪山の説明板。

ここは何の跡地なのだろう?ここに穂積神社がもとはあったのかな?

  

Rimg2331

Rimg2332

太い大木が登場。そして穂積神社に行きつきました。

11時34分でした。

  

Rimg2333

ここのトイレに次の貼り紙がありました↓

Rimg2335

Rimg2334

少々笑えました。

(つづく)

  

1月9日の竜爪山登山報告その2/文殊岳頂上へ

 

今日は1月15日。

  

前投稿に引き続き、1月9日の竜爪山登山報告を書いていきます。

  

則沢への分岐がありました↓

Rimg2277_2  

もちろん私たちは文殊岳をめざします↓

Rimg2278_2

相変わらず文殊岳までの道は急登が多いです。

Rimg2279_3

Rimg2279_2_2   

 

足元に赤い実がありました。

Rimg2280_2

Rimg2282_2

↑同行者で、この植物の名前を知っている人がいました。

ツルリンドウです。

四季の山野草 ツルリンドウ

リンドウと言うと、花が思い浮かびますが、

このような実ができるリンドウもあるのですね。

  

 

こんな景色もありました↓

Rimg2284_2

デジカメだと、近くの木々にピントがあってしまいます。

向こうの山の頂に、太陽光発電パネルが設置されていました。

目を引きました。

  

 

ミツマタがありました↓

Rimg2289_2

Rimg2290_2

竜爪山では、ミツマタをよく見かけました。

  

こんな急登でした↓

Rimg2285_2

  

また赤い実がありました↓

Rimg2291_2

Rimg2292_2

今度も同行者が知っている人がいました。

ミヤマシキミでした。

※参考:自然の便り・岐阜かかみ野から 華やかな赤い実

仏花としても利用されるそうです。

  

 

頂上が近づいてきました↓

Rimg2293_2

↑樹間に文殊岳頂上が見えました。

Rimg2294_2

Rimg2295_2

↑文殊岳頂上です。午前10時ちょうどでした。

  

頂上での景色です↓

Rimg2297

Rimg2298

Rimg2300

Rimg2302

Rimg2306   

頂上から富士山は見ることができませんでしたが、

海の方面はよく見えました。

Rimg2304

Rimg2308  

15年間使ってきたビニールの水筒から水が漏れていて、

ザックの中が水浸しになっていることに気がつきました。。

急きょ残った水を使って湯を沸かしてカップラーメンを食べました。

予定より早めの昼ご飯を食べました。

  

 午前10時33分。次の薬師岳をめざして出発しました。(つづく)

 

  

1月9日の竜爪山登山報告その1/出発は午前7時36分

 

今日は1月14日。

  

1月9日に登った竜爪山(りゅうそうざん)の登山報告を書きます。

忙しい日々だったので、今頃うち始めます。

  

同行者が用意してくれた地図に少し書き加えたものです。

これが今回のコース↓

Epson741  

同行者が以前も竜爪山に登ったよと教えてくれましたが、

全く覚えなし。10年ほど前のようです。

登ってみたら思い出すかなと期待して、登りました。

   

ここが駐車場↓ 先客は3台。

Rimg2252a  

ここは有料駐車場。100円を支払いました↓

Rimg2250   

 

登り始めは7時36分でした。

Rimg2254

Rimg2255

↑この鳥居の下を通過して、いよいよ登り始めました。

  

すぐに左折して急登です↓

Rimg2257

Rimg2259  

↓木に絡まるつる性植物。もうつるではないですね。幹だ。

Rimg2260   

 

724m峰↓ 

「道白山」と名前の山らしいけど、

頂上には山名を記したものはありませんでした。

Rimg2263   

724m峰を過ぎ、次のピークを過ぎたあたりで、展望が良くなりました。

そこから見ることができた景色↓

Rimg2266_2

Rimg2267

Rimg2268   

  

これから登る竜爪山方向↓

左のピークが文殊岳。右のピークが薬師岳。

Rimg2270   

休憩した高圧線鉄塔↓

Rimg2271

ここに着いたのが午前8時47分。

Rimg2274

Rimg2275

↑こんな山の中に、このような大きな鉄塔を立てた人たちがいるんだよなあ。

資材はどうやって運ぶんだろう?

  

再び文殊岳をめざしました。

(つづく)

  

 

2017年1月14日 (土)

明るくなった街路灯/今晩は雪がすごい

 

今日は1月14日。

  

雪がすごい。

先ほど近くの駅まで息子を迎えに行く。

道にもしっかり雪が積もっていました。

私の車はスバルのフォレスター、四輪駆動でスタッドレス。

雪山に行くために頑張って買った自動車なので、

ちょっと余裕です。でも油断禁物。

    

  

少し前に、わが家の前にある街路灯が交換されていることに気がつきました。

どうやらLED電球になったようです。

とっても明るい。

  

1月5日の朝、撮影してみました↓

Rimg2184

Rimg2186   

同じ日の晩にも撮ってみました↓

Rimg2193   

どう撮影したら、この街路灯の明るさがつたわるか?

難しい。

その明るい街路灯が、わが家の真ん前にあります。

もちろんわが家のものではなく、公共の街路灯ですが、

わが家の入り口を煌々と照らしてくれています。

得した気分です。

  

  

先ほど、雪降る中で頑張っている街路灯も撮影してきました↓

Rimg2358   

明日の朝、どんな雪の世界になっているか楽しみです。

一人、朝、フォレスターに乗って出かけたいと思っています。

奥さんには「やめときん」と止められていますが・・・。

  

「アメリカフウの実とマヒワ」の写真を掲載

  

今日は1月14日。

  

先日、アメリカフウの実のことを書きました。

ここでも道草 151号線のアメリカフウの実 今もいい(2017年1月6日投稿)

その時に、アメリカフウの実と鳥の

素晴らしい写真に出会ったと書きました。

その写真があったのは次のサイト。

マッキーの四季折々 アメリカフウの実とマヒワ

欲張りな私は、その写真を私のブログにも載せようと思いました。

そこでサイトの運営者であるマッシ―さんにお願いしました。

  

マッシ―さんは快くOKをしてくれて、

ここに載せることができます。

ありがたいことに、未発表写真も1枚いただきました。

全部で4枚です。

いつもよりも少々大きめに載せます↓

E0156403_20494740_2

Pc069581t

Pc069631t

Pc069634t_2 

   

マッシ―さんは、私のブログの過去の記事も見てくれました。

この投稿で載せた鳥の写真を見て名前を教えてくれました。

ここでも道草 私の教室での景色/光の筋・鳥(2016年12月20日投稿)

Rimg1926

↑ジョウビタキのメスだそうです。

  ありがたい。あっけなく解決です。

そこで、マッシ―さんにもう一つお願いしました。

私の鳥の先生になってほしいと。

私が見つけて写真に撮り、その鳥の名前がわからない時には、

ぜひ教えてほしいほしいとお願いしました。

  

花の名前がわからなかったら、「みんなの花図鑑

蛾の名前がわからなかったら、「新・蛾像掲示板

そして鳥の名前がわからなかったら、

マッシ―さんに尋ねることにしました。

末永くおつき合いしたい方です。

2017年1月11日 (水)

年賀状のやりとりも一段落/音信のある人ない人

  

今日は1月11日。

  

今日も年賀状が届いていました。

こちらから出した年賀状の返信です。

ありがたいです。

年賀状のやり取りも一段落だと思います。

  

自分もだいぶ年をとってきたので、

以前からお付き合いしている人も

当然ながら年輩になってきました。

高齢の方2人からの年賀状がいまだに届かないのが心配です。

  

2人の方とも女性で、30年前後のお付き合いです。

一人は旅先で出会った方です。Oさんとします。

私は就職浪人中であり、アルバイトで稼いだお金で、

冬の北海道徒歩旅行をやりとげた直後に出会いました。

Oさんは、その時すでに退職されていました。

岩手県の人でした。

私が達成してきたばかりの旅行の話を

じっくり聞いてくれました。

それ以後年賀状のやりとりが始まり、  

一度もそれ以後出会っていませんが、

年賀状は平成27年1月までは続いていました。

  

しかし、平成28年1月にOさんからの年賀状が届きませんでした。

心配になりました。

そして平成29年1月の今、Oさんからの年賀状が届きません。

大丈夫でしょうか?

  

もう一人の方は、新任の学校でお世話になった給食のおばさん。

Sさんです。新任の私をどれだけ励ましてくれたことか。

Sさんとも、ずっと年賀状のやりとりをしていましたが、

Oさんと同じく、平成28年1月に年賀状が来なくて、

平成29年1月の今も届きません。

愛知の山間部に住む方です。

  

OさんもSさんも、90歳前後と思われます。

女性の平均寿命は87歳と聞きました。

まだまだです。どうされていることか?

それでもきっと来年も年賀状を出すでしょう。

安否がわかるまで。

  

  

   

1月7日にうれしい電話がありました。

何と、私が小学校1・2年生の時の担任の先生からです。

女性の先生です。K先生です。

ずっと年賀状をやりとりしていましたが、

小学2年生以後、お会いしていないと思います。

48年ぶりにお声を聞きました。

私からの年賀状を綴ってあるそうで、

立派な冊子になったと言っていました。

若いときから、大学、就職、結婚、親となり・・・・

そんな私の人生がきっとそこにはあると思います。

ありがたいことです。

K先生は、いつかは私に連絡をとろうと思いつつ、

実行してこなかったそうです。

でも意を決して、1月7日に思い切って電話をしてきてくれました。

最初は留守にしていて、奥さんが受けました。

また後で電話するとの伝言を聞いて、私はびっくりしたけど、

何を話そうか考えてしまいました。

でも電話で話していたら、不思議と話せました。

もうじき90歳になられるというK先生は、とても張りのある声でした。

精一杯出しているんだよと、言っていましたが、

元気さを十分感じました。いいぞ、先生、その調子と思いました。

  

通勤路に面した家であることが判明。

近いうちに、お会いできるかも。

  

会ったら何を話そう?

そんな心配があるのは確かです。

ちょっと照れくさい、恥かしい気持ちもあります。

でも、お会いしたら、電話の時のように、どんどん話すんでしょうね。

  

48年ぶりの再会という滅多に人生ではありえない体験が、

もうじきできます。

2017年1月10日 (火)

「女城主 直虎」が始まる/気になるロケ地

 

今日は1月10日。

  

大河ドラマ「真田丸」が終了。

新しい大河ドラマ「女城主 直虎」が8日にスタートしました。

  

この場面がよかった!

Rimg2246

Rimg2247

Rimg2249  

何がいいって、このロケ地。

山の中にある城。

城のすぐ横には吸い込まれそうな深い谷。

谷の向こうにはまた山。

叫びたくなる魅力的な場所です。

 

ロケ地はどこだろう?

そう思っていたら、昨日山に一緒に行った人が

知っていました。

  

静岡県浜松市天竜区水窪町にある高根城址です。

この城址については、次のサイトが写真が多く、

よくわかります。

戦国武将列伝Ω 高根城址放浪記

Photo  

お城(砦)が復元されています。

また行ってみたい場所が増えました。

 

 

行ってみたいと言えば、大川入山。

ヤマレコで最新の大川入山の様子を知りました。

ヤマレコ 大川入山に羊は居るか?(2017年1月9日登山記録)

1月8日に降った雪で、しっかり”雪山”になっていました。

Tmp_imgresize

ここも行きたい。

最近の写真

  • Rimg2357
  • Rimg2356
  • Rimg2355
  • Rimg2354
  • Rimg2353
  • Rimg2379_2
  • Rimg2378_2
  • Rimg2361_2
  • Rimg2357_2
  • Rimg2346_2
  • Rimg2338_2
  • Rimg2331_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼