2021年6月23日 (水)

ピガフェッタの「最初の世界周航」を読みました

   

今日は令和3年6月23日。

    

この本を読みました。

と言っても半分ぐらいで挫折しました。

71wuvvaqwl_1

amazon

「マゼラン最初の世界一周航海」(長南実訳/岩波文庫)

  

マゼランに同行したピガフェッタの報告書は

読んでみたかったです。「最初の世界周航」です。

ここでも道草 ピガフェッタの記録が生んだマゼランの偉業(2021年6月5日投稿)

  

マゼランの最期のシーンを読みたかったし、

マゼランがキリスト教布教に熱心な理由も知りたかったです。

ラプラプ王と対立して戦争になったのも、

ラプラプ王がキリスト教に改宗しなかったからです。

そうまでしなくてはならなかったのか。

   

広場の中心に大きな十字架が立てられた。提督(マゼラン)はかれ

らに向かって、もし今までに申し出たようにキリスト教徒になりた

いならば、偶像をすべて焼却し、そのかわり十字架を立てて毎日手

を合わせて礼拝しなければいけない、そして毎朝、顔のところで十

字架の印を描かなければいけない、と言って、自分で十字をきって

みせた。

(104p)

  

それから八日もたたぬうちにこの島の住民は全部が、またほかの島

の住民たちも洗礼を受けた。あの隣接の島では住民が王にもわれわ

れにも服従することを拒んだので、町を焼きほろぼした。その島の

住民は異教徒(キリスト教徒とイスラム教徒以外)だったので、そ

こに十字架を立てた。もしかれらがモロ(イスラム教徒)だったな

ら、もっと厳しく罰するためにわれわれは絞首台を立ててやったで

あろう。その理由は、モロは一般の異教徒よりも頑固に改宗を拒む

からである。

(107p)

   

提督は王に命じてスパーニャ国王(スペイン国王)にたいしつねに

変わらぬ忠誠を誓わせた。王はこれを誓った。

(108p)

   

ピガフェッタの報告書を読むと、

マゼランたちはフィリピンの島々に寄った時に、

まずはお互いに贈り物を交換しています。

そして次にやることが、キリスト教への改宗です。

そして並行してスペイン国王への忠誠を誓わせます。

そこになぜはありませんでした。

当然のようにそのような行動をしています。

島々にもとからあった宗教は壊滅させようとします。

   

 

マゼランの最期は次のように書いてありました。

  

敵はどの人が提督(マゼラン)であるかを知ってかれに攻撃を集中

し、そのため冑(よろい)が二度もはねとばされた。しかし提督は

立派な騎士として雄々しく振る舞った。こうしてわれわれは数人の

同志と一時間あまりたたかった。もはや退却しようとしなかったが、

そのときひとりのインディオが提督の顔面めがけて竹槍を投げつけ

た。一瞬、提督は自分の槍でその相手を突き殺した。提督はその槍

を敵の体に突き刺したままにし、剣の柄(つか)に手をかけた。し

かし半分しか抜くことができなかった。肘のあたりを竹槍で刺され

ていたからだ。これを見ると敵は全員提督に襲いかかり、一人の敵

兵が大きな広刃刀で(この刀はイスラム教徒の新月刀に似ているが

もっと大きい)、提督の左脚に切りつけた。提督はうつぶせに倒れ

た。敵は鉄の槍と竹の槍と広刃刀をいっせいに提督に浴びせかけ、

かくて、われわれの明鏡、われらの光明、われらの慰藉(いしゃ)、

われらの無二の指導者はついに息が絶えた。

(119~120p)

  

  

マゼランはこうして命が途絶えました。

しかし、残りの乗組員が生き残ってスペインに戻ったので、

歴史に名が残りました。

今日は社会科の期末テストがありました。

その1問は、マゼランの名前を書くものでした。

2021年6月22日 (火)

番画〈288〉〈292〉:番画を見続ける 結果自然成

    

今日は令和3年6月22日。

   

番画です。

2021年になって見た番画(番組・動画)を

番号をつけて記録しています。

今年はそうしています。

きっと2022年3月の終わりまでやると思います。

    

〈288〉土曜ドラマ「ひきこもり先生 ②」

  (2021年6月19日放映)

   

〇今回のテーマは貧困家庭。貧困はある。現にある。

 親に見捨てられた形になっている子どももいる。実際にいる。

〇次週は「いじめ」がテーマかな。

   

 

〈289〉「ニュース地球まるわかり」

  (2021年6月20日放映)

  

〇特集:ISが拡大か?(シリア アフリカ モザンビーク)

〇地球ノート:野球で子どもたちに未来を(中国) 

〇旅する世界 オーストリア ウィーン ”音楽の都”再開へ

〇また外国の知識を蓄積することができた。

  

  

〈290〉大河ドラマ「青天を衝け 19 勘定組頭 渋沢篤太夫」

  (2021年6月20日放映)

  

〇日曜日の晩は、焦りがあって心穏やかではないのですが、

 「ニュース地球まるわかり」「青天を衝け」は

 腹を据えてじっくり見ている。

  

   

〈291〉「サラメシ シーズン11(10)」

  (2021年6月15日放映)

  

〇中井貴一さんのナレーションも、人さまの弁当も、

 心を和ませてくれる。

  

       

最後にフィッシャーズ

〈292〉フィッシャーズ

【ドッキリ】自宅にジムに作っちゃいましょう【筋トレ】
YouTube: 【ドッキリ】自宅にジムに作っちゃいましょう【筋トレ】

  

〇自宅にジムを作ってしまったシルク。

 もうとっくにあるのかと思っていた。

  

   

まもなく300番画になります。

半年で300番画ということは、

1か月で50番画。

サブタイトルにある結果自然成(けっかじねんになる)が

思い出されました。

ここでも道草 ドラマの中の「結果自然成(けっかじねんになる)」(2017年7月4日放映)

1番画をしっかり見ていけば、きっと何か結果が出るでしょう。

また「退職後」/丁寧に番組の内容を書き留めたい

   

今日は令和3年6月22日。  

   

昨日はうれしい便りが2つありました。

内容に共通点がありました。

   

ツイッターで「ここでも道草」を紹介してくれた人がいました。

その方とのやりとりで次のように書いてくれました。

 

丁寧に番組内容を起こして下さって感謝しております。

   

先日亡くなった山口雄也さんを扱った「ひとモノガタリ」

記事にしたものの感想です。

   

  

もう一つの便りは、この記事に届きました。

ここでも道草 ジャンプ団体戦の感動秘話/テストジャンパー(2014年1月26日投稿)

コメントに次のように書いてありました。

  

とても丁寧に記録してくださり有難うございます。

   

「奇跡体験 アンビリバボー」を記事にしたものでした。  

    

共通点は「丁寧」でした。

たくさんのテレビ番組を見ていますが、

見たら終わりというのではあまりにもったいない。

書き留めておきたいと思います。

テレビ画面の写真を撮ったり、聞き書きをしたりして

書き留めます。

そうやってできた記事に対して、

「丁寧」は誉めことばでした。

   

本当はやりたいのです。

毎日でもやりたい。

いいと思った番組をじっくり書き留めたい。

読み物化して、他の人が読んでも番組の内容が伝わるようにしたい。

でもこれも「退職後」にやりたいことですね。

  

今年は番画方式です。

見た番画に番号をつけて、内容や感想は箇条書きでささっと。

次の記事はその書き方で書きます。

道草がひとつ終了 番画〈287〉:映画「すばらしき世界」を見ました

     

今日は令和3年6月22日。

     

道草がひとつ終了しました。

    

なぜ読む気になったのかは忘れましたが、

西川美和さんの本「スクリーンが待っている」を読みました。

西川さんは映画監督です。

原作を再現できない映画の限界を語っていました。

それが新鮮でした。

   

西川さんは最近作品を制作しました。

原作に惚れたことがきっかけの映画です。

その原作が佐木隆三さんの「身分帳」でした。

読みたくなって、読みました。

   

そうなると映画が見たくなります。

映画館に行く余裕がないので、

何とかネットで見ることができないかと調べました。

ビックリ!

調べた前日の6月18日からネットで

見ることができるようになっていました。

   

そして今晩、映画「すばらしき世界」を見終えました。

 

道草は繋がるから面白い。

ひとつのものを見ると次が見たくなります。

そしてまた次のものが見たくなります。

 

道草がひとつ終了したと書きましたが、

きっと時間を空けてまた続くと思います。

西川監督作品を見るとか、佐木隆三さんの小説を読むとか・・・

こういう道草が、昔から好きなんだよなあ。

    

番画扱いで映画について書きます。

   

〈287〉映画「すばらしき世界」(2021年)

  (アマゾンプライムビデオで視聴)

   

〇映画には限界があると承知している監督の作品だと思って見た。

 その気持ちがあったためか、原作から省略したところとか、

 改変したところなどが、監督の工夫だととらえている自分がいた。

 好意的に見てしまった。

〇原作では、主人公に関心を示すが、本気の喧嘩を見せられて、

 姿を消したジャーナリストの角田だったが、

 映画では、姿を消さずに踏みとどまって、

 主人公と最も濃密に付き合う角田になっていた。

 この人物に目をつけた西川監督が楽しい。

〇主人公がラストで死んでしまいます。

 おそらく映画をいきなり見た人は、この死は唐突と思えたでしょう。

 でもモデルになった人は、出所して再び刑務所に戻ることなく

 4年8カ月を生き抜いたのに脳出血で亡くなっているのです。

 それも、自分のことが書かれた「身分帳」が出版された年に。

 生き方が世間からも肯定的に見られるようになるかもしれない時に。

 娑婆でどうにかまともに生活ができるようになった時に。

 実際も唐突だったのです。

 だから映画の死は必然でした。

〇映画を最初に見た人は、映画では描き切れなかったところを

 小説で読むといいと思う。

 2時間余りでは描けないところがあるのは当然。

Photo

森永れん乳氷バーが発売されていた

   

今日は令和3年6月22日。

   

ここでも道草 森永の練乳アイスロスの生活(2021年5月23日投稿)

☝この記事で

森永は何をしているのでしょう。

こんなにおいしいアイスをなぜ販売しないのでしょう。

  

と書きました。

今日、お店で森永さんの回答を見ました。

Epson020

練乳アイスはバーの形で発売されていました。

もちろん買って食べました。

さすがに練乳ソースの味はおいしかったです。

ただ、あのファミリーマート限定販売の

「森永練乳アイス た~っぷり練乳」の

練乳の量の衝撃には及びません。

   

ひとまず森永練乳アイスロスの生活からは脱却できました。

ありがとう、森永さん。

2021年6月21日 (月)

夕焼けの写真を撮った

    

今日は令和3年6月21日。

   

月曜日。

心療内科に通う日です。

通い始めて2年が過ぎました。

今日が97回目の通院。

まもなく100回。

よく通ったなあ。

   

病院からの帰り道、夕焼けが見事でした。

Rimg2110

   

映画「すばらしき世界」を見始めました。

今晩前半を見て、明晩後半を見る予定。

「マゼラン最初の世界一周航海」(岩波文庫)を

読み進めています。

ピガフェッタのマゼランの死を伝える記述が印象に残る。

  

夕焼けの写真を撮って、映画や本を見て、

どうにか道草しているなと

このブログでつぶやいています。


 

2021年6月20日 (日)

番画〈286〉:映画「北の零年」を観た

     

今日は令和3年6月20日。

   

番画です。

 

映画「北の零年」を観ました。   

  

〈286〉映画「北の零年」(2005年)

  (アマゾンプライムビデオで視聴)

   

〇北海道の開拓の話は、いろいろ小説を読んだので関心高い。

 いつかは観たいと思っていた映画。やっと実行。

〇徳島藩の分裂のため北海道に移住することになった武士団。

 「殿」を出迎えるためにお屋敷を作り、

 せっせと開墾するシーンは良かった。

〇「殿」をついに出迎えることになったが、

 廃藩置県で藩は消滅。

 その時の「殿」を含めての武士団たちの戸惑いは

 良く表現できていたと思う。

〇吉永小百合演じる志乃と娘の多恵が、

 消息を絶った渡辺謙演じる英明に会いに行こうとして、

 雪の中を遅々として歩くシーンは熱演だった。

〇イナゴの大群に襲われるシーンは、

 小説を読んでイメージしたものに映像は遠く及ばず、

 ここらが映像の限界かと感じた。

 絶望感は出せていなかった。

 ここで絶望感が出ていたら、

 ラストシーンで元武士団が立ち上がるのに説得力があったと思う。  

〇小説を読んで、読んだ人が頭にイメージすることは、

 偉大だとあらためてこの映画を観て思った。 

  

日めくりより/江藤新平について勉強

    

今日は令和3年6月20日。

   

日めくり「雑学王」(TRY-X)より。

   

手配写真を普及させた人物は手配写真で逮捕された?

Epson010

勉強する機会はいろいろなところにあります。

私にとって日めくりはそのひとつ。

いいなと思ったのは取っておきます。

そして読みなおします。

  

この1枚で江藤新平のことを思い出します。

関連サイトを読んでみます。

Eto_shinpei4

西郷どん(せごどん)江藤新平が佐賀の乱に至った経緯と悲しい最期

江藤新平を見出した佐賀藩主の鍋島直正(閑叟/かんそう)を

思い出します。「英雄たちの選択」で知った人です。

どんな人だったか忘れかけているので、

今一度「英雄たちの選択」を見てみたいと思います。

江藤新平の生涯を復習しました。

明治維新に尽くした人なのに、

最期は斬首で終わってしまった人。

命がけの時代だったんだなとあらためて思います。

   

今日は期末テストを作ろうと思っている日。

テスト範囲には全く関係ない江藤新平の勉強をしました。

2021年6月19日 (土)

「身分帳」② 映画を見た人に小説を手に取ってもらう作戦

   

今日は令和3年6月19日。

   

前記事に引き続き、

「身分帳」(佐木隆三著/講談社文庫)

から引用します。

   

前記事で終了しようと思っていましたが、

西川美和監督の文章で、ここに書き留めておきたい文章が

残っていました。

   

この小説には、一人の元犯罪者の社会復帰の物語とは別に、私たち

がもうすぐ完全に証人を失うはずの日本の戦後史のアウトサイドが

綴られている。戦災や引き揚げで、親と離れて社会から隔絶された

子供たちがどのような場所で育ち、急速に復興していく社会の裏側

でどうしぶとく生き抜いたのか。駅で育った子供や、ときに彼らを

取り込んで盛り場から膨れ上がったヤクザの世界など、今やもの言

わぬ人たちの希少な記録でもあると思う。モラルとは距離を置いた

特殊な共同体の中で、幼い頃から盗みを働き、薬物を教えられ、性

を荒らされ、劣悪と言えばそれまでだけれど、そういう言葉で誹(

そし)るのもためらうほどの、止むに止まれぬ「生」の迫力がある。

私たちは今こうまでして生にかじりつくだろうか。時間と制作予算

に限りある映画の中で、残念ながら私はそれらの時代性を再現して

伝えることはできない。だからこそこの小説をもう一度手に取って

もらうきっかけを作りたいと、意地になった。もう、前を向いて脚

本を書くよりほかない。

(458~459p)

   

「スクリーンは待っている」を読んだ時に、

西川監督は、映画には限界がある、

原作を読んだ人に納得してもらうことは難しいみたいなことを

書いていました。

西川監督の作戦は、映画を見た後に原作を読んでもらうことなんだ。

そこまでして、西川監督の作戦は完結します。

  

私はその順番通りではありませんが、

西川監督の思惑に乗っています。

心地よく乗っています。

  

  

今日の出来事で共通したものを感じたのは、

5月19日の「チコちゃんに叱られる」での

戦後直後の寿司屋のお話。

ここでも道草 なぜ握りずしの1人前は10個?(2021年6月19日投稿)

逸話を語ってくれたのは88歳の方でした。

戦中戦後を語れる証人はいっきにいなくなってしまう時代なのです。

本で残す、映像で残す、ネット上に残す。

いろんな方法で残していくべきなのでしょう。

「身分帳」を読む/次は映画「すばらしき世界」

    

今日は令和3年6月19日。

  

この本を読みました。

615pvlinerl

amazon

「身分帳」(佐木隆三著/講談社文庫)

   

この本を読むきっかけは、

「スクリーンが待っている」を読んだことです。

ここでも道草 「スクリーンが待っている」①(2021年5月7日投稿)

映画監督の西川美和さんの本でした。

西川監督の最新作の映画「すばらしき世界」の原作だと知って

読みたくなりました。実行しました。

なんと、その映画が昨日から

ネットで見ることができるようになりました。

映画も近日中に見たいです。

映画を見る順番では「北の零年」を見たら、

「すばらしき世界」を見ます。

ここでも道草 映画「北の零年」を観たい(2021年5月17日投稿)

   

  

本からの引用をします。

今回「身分帳」は復刊されました。

本の最後には「復刊にあたって」と題して

西川さんが文章を寄せています。

   

そこからの引用です。

   

主人公は十三年間の獄中生活を経て旭川刑務所を出所し、人生の再

スタートを切ろうと東京暮らしを始めるが、切符を買うにも電車に

乗るにも、浜に戻った浦島太郎のごとくぎこちなく、窓口の係の口

ぶりひとつにも、過去を咎められた気になって過敏に触れてしまう。

普通の人にしてみれば「凡々たる日常」であるものが、裏社会と塀

の中でしか生きてこなかった主人公には衝突と挫折の連続で全く凡

々と進まないのだ。

(450p)

  

確かに「身分帳」を読んでいて、

この衝突と挫折はじれったいほどでした。

   

  

山川が体制側から受けた理不尽な仕打ちについても仔細に書かれて

はいるが、刑務所の職員にも、役人にも、警察にも、裁判官にも、

隣人たちにも、お定まりの冷遇をされる局面もあれば、意外な情を

かけてもらえる瞬間もある。山川が読み手の願い通りにすんなり立

ち直ってくれないのと同じ分だけ、世間の方も冷たいばかりではな

い。けれどもそれこそが社会の複雑さであり、生きていくことの難

しさと楽しさではないか。

(452p)

   

そうそうと思いながら読みました。

読み手の願い通りにすんなり立ち直ってくれないけど、

世間も捨てたものではないという場面もありました。

西川監督は、そんな世間を映画で表したかったのでしょうか。

   

映画「すばらしき世界」が楽しみです。

Photo

ワーナーブラザーズ
  

最近の写真

  • 71wuvvaqwl_1
  • Photo
  • Epson020
  • Rimg2110
  • Eto_shinpei4
  • Epson010
  • 615pvlinerl
  • Photo
  • Epson009
  • Epson008
  • Epson007
  • Kaigai_160413_mv

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ