アクセスランキング

Powered by Six Apart

« ルールを知っただけで、ひたすら自習できるAI | メイン | 特別支援学級だけでどうにかするのは✖の時代 »

2017年10月29日 (日)

「定休日」と書くところを「骨休み」

今日は10月29日。

  

10月7日の記事に、毎朝下腹部の痛みがあることを書きました。

ここでも道草(2017年10月7日投稿)

尿道結石かもと思って、生まれて初めて泌尿器科の病院に行きました。

でも異常なし。

でも気づいたんです。

今回の仙腸関節付近での腰痛は、左後ろの痛み。

下腹部の痛みは、左前。ちょうど痛い場所は表裏一致!

下腹部の痛みも腰痛も、起床時になぜか辛い。

そして痛みの種類も、よく考えれば似ています。

思えば腰痛になってから、左前の下腹部の痛みはなくなっています。

つまり左前が痛かったのが、左後ろに移っているのです。

素人の考えですが、実際の体験上、今回の一連の痛みの原因は一緒。

仙腸関節が悲鳴を上げているのです、きっと。

 

昨日は、テレビを見たり、ブログを書いたり、寝ていたりとゆっくりしました。

そういえば、金曜日の晩も爆睡でした。

「骨休み」という言葉が浮かびました。

体の芯にある「骨」まで休む・・そんな休み方を連想します。

昨日はそんな日だったかな。

 

次のサイトに面白いことが書いてありました。

名張市 共鳴法整体の紫鯨亭(しげいてい) なぜ大切なのか?「骨休み」が意味するもの

 

引用します。

 

奈良にある薬師寺と唐招提寺の前にある

近鉄橿原線 西ノ京駅を降りると

田舎料理 草ノ戸(くさのえ)さんの看板があります。

その看板には、お休みの案内に「骨休み」と書いています。

 

「定休日」と書くであろう場所に、

「骨休み」と書いてあるのです。

(上記サイトを見ると、写真があります)

くすっと笑えます。

でもいいなあ。

「定休日」はどこか言い訳っぽい。

今日は決まった休みの日なのだから休んでいるんですよと

公言しているように思えます。

でも「骨休み」は、「休まなかったらやっていけないよ」と

自己主張しています。楽しい。

  

  

 

今日は仕事もします。

腰痛は治っていませんが、仕方なし。

ごまかし、ごまかし日々を過ごしていきたいです。

たいへんだと思っても、いずれは終わる。

幸い、気持ちは前向き。萎えていません。

コメント

はじめまして。紫鯨亭直と申します。
引用ありがとうございました。
道草のブログまた覗きにきます。
今後ともよろしくお願いします。

紫鯨亭直さん
おはようございます。
コメントをありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
もう一日頑張って、骨休みです。

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1489
  • Rimg1488
  • Rimg1487
  • Rimg1486
  • Rimg1484
  • Rimg1482
  • Rimg1481
  • Rimg1467
  • Rimg1465
  • Photo
  • Rimg1456_2
  • Andremarieampere02_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼