アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 浜松に行ってきました その2/犬くぐり道 | メイン | 浜松に行ってきました その4/堀川城跡 »

2018年1月25日 (木)

浜松に行ってきました その3/獄門畷

 

今日は1月25日。

  

前投稿の続きで、1月21日に浜松に行った時のことを書きます。

  

「犬くぐり道」の説明板から、「浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館」の

駐車場に戻ってきました。

資料館の後ろ側も犬くぐり道になっていて、

そこを写真の矢印のように歩いて、

獄門畷(ごくもんなわて)に向かいました。

Rimg1751  

道を下っていく途中で、変わったデザインのマンホールに出会いました。

Rimg1731

町の花の桜と、旧町で数多く発掘された銅鐸がデザインされているそうです。

※参考:進め!マンホールの蓋調査隊

  

Photo

大通り(国道362号線)まで下りて右折。

 

バス停「呉石」バス停の向こうに、目的の獄門畷が見えます。

Rimg1741  

「直虎紀行」で紹介されていた獄門畷に実際にやって来ました。

※参考:ここでも道草 「直虎紀行」/堀川城跡 山村修理の辞世の句(2018年1月21日投稿)

「直虎紀行」での説明をここに再び載せます。

 

堀川城の北に、地元の人たちに大切に守られてきた供養塔があります。

捕虜となった人々がのちに処刑された場所です。

ここには多くの首がさらされ、獄門畷(なわて)と呼ばれました。

  

獄門畷の写真です。

Rimg1732

Rimg1733

Rimg1735

Rimg1736

Rimg1737  

「直虎紀行」の映像では、国道に面しているとは思えませんでした。

映像だとわからないことが、実際に行くとわかります。

しょせん、映像は一部分しか映していないのです。

その映像から、想像するのも面白いけど、

いつかは実際に行くことをめざしたですね。

今回でまた思いました。

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_1065
  • Img_1062
  • Img_1061
  • Img_1060
  • Img_1059
  • Img_1057
  • Img_1056
  • Img_1055
  • Detail_jordan
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼