« 今晩のお薦め「NHKスペシャル ボクの自学ノート~7年間の小さな大冒険~」  | メイン | 「星の見える家」①/「イズコ」「ニオ」 馬の出産シーン »

2019年11月30日 (土)

「ボクの自学ノート」①ノートが彼をいろいろなところに導いた

  

今日は令和元年11月30日。

  

5月1日に放映され、今晩も放映される

ボクの自学ノート~7年間の小さな大冒険~」を

読み物化していきます。

  

番組冒頭は、リリー・フランキーさんのこの言葉から

始まります。

  

リリー・フランキー:コラムニストとしてもかなり上質だと思うし、

  研究者としても真摯だと思う。 

  最後のアナログの子ども。

Rimg2089  

最相葉月:この世代にも好きなことを取材して書く子がいるんだなあ。

  希有な作品。

Rimg2090  

メーテル?:このノートが彼をいろいろなところに導いた。

  ただの少年のノートではない。

Rimg2095  

誰のことを言っているかというと・・・

Rimg2091

Rimg2093  

2018年度大賞を受賞した梅田明日佳君です。

Rimg2092  

明日佳君は、「自学ノート」を小学校3年生からやっています。

どんなノートなのかを、本人が説明しています。

 

明日佳:プラモの箱だらけの本棚の一角に、貼り付けたもので

  大きくふくらんだ「自学ノート」のコーナーがある。

  「自学」とは、自分でテーマを見つけ学ぶこと、と言うと

  エラそうだが、単に「好きなことをして『学んだ』と言っていい」

  ということだ。

Rimg2094   

明日佳君はこうも言います。

 

明日佳:このノートをきっかけに、思ってもみなかった場所に行け、

  普通なら会えない人と話せた。

Rimg2096

 

こうして、番組は始まります。

Rimg2097

  

明日佳君の「自学ノート」と私の「ここでも道草」がだぶります。

やっていることが一緒だと思い、随所で共感した番組でした。

メーテル(正体はまた後日紹介)が言ったことが特に印象深いです。

後に書いていきますが、人とコミュニケーションをとるのが苦手な

明日佳君が、自分の趣味で作った「自学ノート」のおかげで、

積極的にいろいろな人とかかわっていくのです。

  

つづく

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 51hdjvzhyl
  • 81vefhksjnl
  • Rimg2137_2
  • Rimg2135_2
  • C7d7fd18
  • Img_0646
  • Img_0641
  • Epson156a
  • Photo_8
  • Photo_7
  • Photo_6
  • Photo_5

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography