アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 三浦半島のキャベツ畑/太陽熱消毒法 | メイン | 20170801報告 Finger Boardで初めて教材を作った! »

2017年8月 5日 (土)

5年前、平重衡役を演じていた俳優さんでした。

 

今日は8月5日。

  

8月3日放映のドラマ「遺留捜査」より。

Rimg0224  

Rimg0223  

この日重要な石橋啓介役を演じたのは辻本祐樹さんでした。

娘が役者の名前がわかった時に、ポロリと言いました。

「あ、やっぱり、この人『平清盛』で重衡(しげひら)をやっていた人」

「平清盛」と言えば、2012年のNHK大河ドラマ。5年前。

娘は当時「平清盛」をしっかり見ていました。

私も見ていましたが、今回、役者を見て平重衡役をやった人とは、

全く気がつきませんでした。

平重衡役の辻本祐樹さんです↓

Epson781NHK大河ドラマストーリー 平清盛 完結編」(NHK出版)より。

平重衡と言えば、東大寺の大仏殿を炎上させた人として有名です。

 

東大寺の大仏が燃えるという事件は、私には興味津々なことです。

5年前もそうでした。

ここでも道草 今晩大仏殿が炎上する(2012年12月9日投稿)

わくわくして大河ドラマ「平清盛 第48回」を見た覚えがあります。

  

  

第48回の内容は次のサイトの方が詳しく書いています。

世事熟視~コソダチP 『平清盛』第48回「幻の都」★大仏を燃やして空気は読まず~重衡(辻本祐樹)

ここを読むと、ドラマの映像がよみがえります。

  

重衡は清盛に次のように報告していました。

上記サイトから引用します。

  

(大仏殿炎上の報に)平家一門も沈痛な面持ちで集まっています。

知盛(小柳友)は父・清盛がキレたら拙いと考えたのか

「重衡とて、大仏様まで燃やすつもりはなかったでしょう。」

宗盛(石黒英雄)は「強き風に煽られたのでございましょう。」と、

重衡を庇います。

しかし意外にも清盛は弱気で「天は平家を見放した」などと力なく呟くだけ・・・。

そこに重衡(辻本祐樹)が帰還してきました。

その場の空気を読まずに、意気揚々と

「父上、南都を攻め、悪僧の首四十九を討ち取り、

また一人を生け捕りにしましてござります。

思いがけず火が風にあおられ、伽藍を焼き尽くしてしまいましたが、

なぁに、天もお許しくださりましょう。

我らが焼いたは仏にあらず、仏を盾に狼藉を働く不埒者どもにござります。

これを抑えられるは、我ら平家のみ。

どこにも劣らぬ強き武門の我らをおいて他にはおらぬと、

世に示しましてござりまする!」 悪びれもせず思いっきり元気よく爽やかに報告。

なんちゅう”バチあたり”な奴や。 これには、さすがの清盛も口が半開き・・・。

-◆-

重衡の”元気いっぱいの報告”を聞いて目をつぶって黙り込んでいた清盛でしたが

「重衡・・・」と呟いて立ち上がりました。

いよいよ重衡にキック連発かと思いきや、

清盛は「ようやった・・・ようやった」 一同唖然。

(『吉本新喜劇』なら、チャーリー浜や桑原和男たちのギャグで全員がコケる場面。)

 

このような文章がWeb上にあるのがうれしい。

あのシーンを思い出します。

  

辻本さんが「遺留捜査」に出演したことで、

東大寺大仏殿が炎上した事件を復習できました。

いい機会と考えて次のサイトも読みました。

東大寺・御朱印 奈良県・東大寺の大仏殿の「由来・歴史・見どころ・仏像(画像付き)」でご説明!

大仏殿が燃えたのは2回。

重衡が燃やした「治承の兵火(南都焼討)」、

戦国時代の「永禄の兵火」です。

そのことも説明してあります。

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1489
  • Rimg1488
  • Rimg1487
  • Rimg1486
  • Rimg1484
  • Rimg1482
  • Rimg1481
  • Rimg1467
  • Rimg1465
  • Photo
  • Rimg1456_2
  • Andremarieampere02_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼