アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「伸び代」は新語でした | メイン | 山岡鉄舟の予習 »

2012年1月25日 (水)

行き詰ったら、とにかく一歩踏み出してみる

  

今日は1月25日。

本「将棋をやっている子供は、なぜ『伸びしろ』が大きいのか?」からの引用。

   

「伸び代(のびしろ)」を調べていて見つけた本。

図書館にあることがわかって借りてきて、さっそく読んでいます。

将棋を通して見えてくるものが、

4ページひとまとまりでわかりやすく書いてあって、

すらすら読める本です。

   

行き詰ったら、とにかく一歩踏み出してみる

という項目からの引用。

   

(攻めが行き詰った場合)

将棋には前に進めない駒はありません。

「香車」は後ろに下がることはできませんが、

前には何マスも進めます。

「歩兵」は前に1マス、「桂馬」も前方のみへの移動とされています。

どの駒もみんな、前には進めるようになっています。

すなわち将棋というのは、前に進むようにできているのです。

ですから、やはり一歩踏み出さないと勝つことはできないのです。(中略)

繰り返しになりますが将棋とは、人と人とが対峙して、

そのときの最善の指し手を盤上に描き出す芸術です。

その原点に立ち返ってみれば、行き詰ったら、

今の時点での自分の力を試すことが最善手なのです。

やはり行き詰ったら、とにかく一歩踏み出してみることが大事です。

攻めれば、必ず取られてしまう駒が出てきます。

けれども取られてもいいのです。

損したように見えても、

それによって違う駒が活躍する場が必ず出てくる。

そこからまた局面を打開することができるのです。(132-133p)

    

いいなあ、この文章。

行き詰って、一歩踏み出しても、必ずしもうまくいかないことが起こります。

でも、何が転じて幸いになるかわかりません。

結果、いい方向にいくことがあります。

でも一歩踏み出さないと始まらないのです。

   

さらにこう続きます。

   

ただそれには勇気が必要です。

誰だって損はしたくありませんし、失敗もしたくない。

しかし、「それでもいい。やってみよう!」という

強い気持ちを持たなければ勝つことはできないのです。

いざというときには勇気をもって踏み込むことは、

じつに大切なことなのです。(134p)

   

一歩一歩、これでいいかと思いつつ前進している毎日です。

心臓は使いますね。毎日ドキドキです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31072835

行き詰ったら、とにかく一歩踏み出してみるを参照しているブログ:

コメント

AUTHOR: 21番ですww
EMAIL:
IP: 122.49.241.184
URL:
DATE: 01/26/2012 04:26:39 PM

21番ですwwさん、コメントをありがとう。
書いてあったことは全て大事なところにしまわせてもらったよ。
元気出していくぞう。

コメントを投稿

最近の写真

  • 010162_01
  • Rimg1986
  • Rimg1985
  • Rimg1984
  • Rimg1983
  • Rimg1982
  • Rimg1980
  • Rimg1979
  • Rimg1978
  • Rimg1977
  • Rimg1976
  • Rimg1975

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼