アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 全校で一緒に30回噛むぞ | メイン | 「月のきほん」5円硬貨の穴から月見 »

2009年10月29日 (木)

「棒」ではなくて「俸」

朝のニュースで、フリップに「年棒」と書いてあり、

アナウンサーが「木偏になっていますが、正しくは人偏です」と言っていました。

そうかそうかと思いました。

「年俸」が正しいわけです。

漠然と見ていて何にも気がつきませんでした。

一つ利口になりました。

    

さっそく「常用字解」(平凡社)に当たります。

   

奉は神の憑(よ)りつく(乗り移る)上に伸びた木の枝を両手で神に捧げ、

さらにそれを下から手で支えている形で、

神にたてまつる、神にさしあげるの意味となる。(583p)

     

そこに人偏だから、人に提供する意味になったようです。

年俸だけでなく、俸給、本俸、俸禄、増俸、減俸、号俸などの熟語があります。

年俸があるなら、「月俸」もあるだろうと思って調べたら、ちゃんとありました。

読み方は「げっぽう」でした。

「月給」は使うけど、「月俸」は馴染みがないですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31075159

「棒」ではなくて「俸」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼