アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 閏年2月29日の話 | メイン | かえるをのんだととさんに、ハエをのみこんだおばあさん+「天の町やなぎ通り」 »

2008年2月29日 (金)

さらに閏年2月29日の話

前投稿に続いて、FM豊橋の渡辺よっちゃんの話。

4年に1度の2月29日。その日が誕生日の人は、4年に1度しか誕生日が来ないのか?

よく言われること。

年をとるのは実は誕生日ではないそうです。

法律があって、「誕生日の前日が終了する瞬間に年齢が変る」と定められています。

つまり、2月29日の誕生日の人は、前日の2月28日の午後11時59分59秒9999・・・に年をとるのです。

2月28日は必ずあるので、問題なく毎年、年をとることができます。

この法律によって、次のことも説明できます。

なぜか4月1日生まれの子は、前学年に組み入れられます。

これも、4月1日に誕生日の人が、法律上年をとるのは3月31日であることから、

前学年になるのです。なるほどね!

  

朝日新聞の天声人語にこんな言葉を発見。

「地球が太陽の周りを回りきるには、365日と6時間弱かかる。端数が4年分たまって”きょう”になる。1日もうけたと思える人は充実した毎日を送っているのだろう。」

ここは意地でも「1日もうけた」と心で思いたい。

前向きに。

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31077041

さらに閏年2月29日の話を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo
  • Rimg1468
  • Rimg1472
  • Rimg1873
  • Rimg1871
  • Rimg1869
  • Rimg1868
  • Rimg1867
  • Rimg1866
  • Rimg1865
  • Rimg1862
  • Rimg1861

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼