« 「放射線の被爆量は交通事故で考える」 | メイン | 「認知症の人が見ている世界」② 認知症の行動・心理症状(BPSD)  »

2021年5月26日 (水)

「認知症の人が見ている世界」① 認知症になっても人生は終わりではない

   

今日は令和3年5月26日。

    

この本を読みました。

91cxnax15hs

amazon

「マンガでわかる!認知症の人が見ている世界」

(川端智著/文響社)

   

参考になる本でした。

認知症の父親との暮らしを振り返る機会となりました。

  

認知症は、長年、誤解され、偏見にさらされてきた病気といえます。

歴史をひも解くと、「痴呆」「呆け」などと呼ばれていた時代には、

認知症の人を身体拘束したり、閉じ込めたりすることがありました。

現在ではそうした状態はかなり改善されたものの、依然として「認

知症になったら何もわからなくなる」「認知症になったら人生は終

わり」と考える人は少なくありません。「本人は何もわからなくな

るから、らくなもの。苦しむのは家族だ」といわれることもありま

す。 

確かに、脳の働きが低下して認知症になると、記憶障害をはじめ、

理解力や判断力が低下し、生活にさまざまな不便が生じます。しか

し、認知症になったからといって、何もかもわからなくなるわけで

はありません。適切なサポートがあれば、病状が進んでも自立した

生活を送ることができます。

最近は認知症の当事者の会が数多く発足し、認知症の人が講演や手

記を通じ、自身の心の内や体験を発信するようになりました。そう

した活動を通し、認知症の人が、将来への不安や孤独、周囲の無理

解に苦しみながらも、豊かな感情を持って生きていることが知られ

るようになってきています。

(2~3p)

   

思い出します。

父親に認知症の症状が出始めた時は焦りました。

それこそ認知症が進行したら、

何もわからなくなってしまうのではと思いました。

今なら理解できます。

わからないことが多いのですが、

わかることはちゃんと残っていて、

そこをベースにして、今の状態を必死に理解しようとしています。

「豊かな感情」があることも感じます。

気づけば、焦りはなくなったと思います。

「認知症になったら人生が終わり」という考えは、今や過去のものに

すべきなのです。

(5p) 

  

現に、父親の人生が終わりとは思えません。

いろいろな感情を見せながら生きています。

  

  

今晩はここまで。


 

   

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 71wuvvaqwl_1
  • Photo
  • Epson020
  • Rimg2110
  • Eto_shinpei4
  • Epson010
  • 615pvlinerl
  • Photo
  • Epson009
  • Epson008
  • Epson007
  • Kaigai_160413_mv

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ