アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「小さな達成感」「ささやかな幸福感」この積み重ねが大事 | メイン | 4連休の話/香嵐渓の紅葉を1時間で楽しみました »

2017年11月26日 (日)

4連休の話/なぜ戦争体験を語らなかったのか 4つの理由

  

今日は11月26日。

  

4連休の話。

  

11月24日に、ある小学校の実践発表に参加しました。

6年生の授業を見ました。

  

その学級は、太平洋戦争中に比較的近い地区で起きた

米軍による機銃掃射の学習を進めていました。

この機銃掃射は、以前から私も関心をもっていたものです。

ここでも道草 渥美線電車機銃掃射 現場(2015年6月28日投稿)

その機銃掃射の関係者の方の話を聞いたり、

現場に行ってどんなことが起こったのか説明を受けたりしました。

関係者の証言を集めて証言集を出版している方にも

話を聞いています。

充実した学習内容でした。

  

今回の授業での注目は、証言集を発行した方(Yさん)の話です。

機銃掃射の関係者が、なぜ今まであまり機銃掃射のことを

積極的に発言しなかったのか、

そしてなぜ今発言を始めたのかを、

ゲストテーチャーとして、子どもたちに話してくれた内容です。

Yさんが黒板に掲示した資料の写真です。

Rimg1339  

〇今ま機銃掃射のことを発言しなかった理由

1.悲しい出来事

 とにかく悲しい出来事だったので、話をするのも辛い。

2.気の毒で聞けない

 周りの人たちも、当事者に聞けなかった。聞く側にも理由があったのです。

3.戦争で命を失う→戦時下では珍しいことではない。

 珍しいことではなかったので、あえて話すことはなかった。

 「珍しいことではなかった」時代は、やっぱり異常です。

4.戦後。時代が変わった。

 戦後は、過去の戦争のことよりも、これからのことに人々の関心があったため。

 

これらの4つの理由は勉強になりました。

最初の理由くらいは、私たちも浮かびますが、

2~4の理由は、戦後を生きた人たちだから感じてきたことだと思います。

振替休日でしたが、参加した甲斐がありました。  

  

  

  

〇なぜ話そうという気になったかという理由

1.聞いてくれる人出てきた。

 戦争体験を聞くのは当たり前。そう思ってきました。  

 でも違うんですね。

 聞く人が出てきたから、関係者も話す気になったのです。

 なるほどです。

2.今、話しておかないと・・。

 私が体験したことが、私が死んだら消えてしまう。歴史に残らない。

 それは良くなことだという判断なのでしょう。

 大賛成です。証言者だけでなく、

   機銃掃射で命を落とした人たちのためにも、

 話してほしいです。

3.記録することに協力

 これは上の2,3の理由とダブります。

 聞く人が出てきて、それを記録する人、

 Yさんのような人が出てきました。 

 自分が死んだら消えてしまうことを残そうという理由です。 

   

  

Yさんはこの他に、証言者の方たちのいだく戦争への危機感を

代弁してくれました。

 

 

〇戦争への危機感

1.外国との危機感

 たとえば、北朝鮮をめぐる日本の対応を心配しています。

2.自衛隊の増強

3.戦争を知らない世代の増加

 

  

今度、この学級では、

「戦争のない日本は続いていくのか」というテーマで

話し合いが行われるそうです。

充実した学習をしてきた6年生たちが、

どのような発言をするのか見てみたいなあ。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_1065
  • Img_1062
  • Img_1061
  • Img_1060
  • Img_1059
  • Img_1057
  • Img_1056
  • Img_1055
  • Detail_jordan
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼