アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 空から日本を見てみよう/破砕機・太平洋セメント・武甲山  | メイン | 空から日本を見てみよう/末広橋梁(四日市) »

2017年10月28日 (土)

空から日本を見てみよう/太平洋セメント藤原工場・三岐鉄道

 

今日は10月28日。

  

前投稿に引き続いて、6月29日放映の

空から日本を見てみよう/三重県 いなべ~桑名」より。

  

埼玉県の秩父に飛んで行ってしまった話を、

再び三重県のいなべ市に戻します。

太平洋セメント株式会社藤原工場です。

Rimg1111

Rimg1112

↑これが細かく砕かれた石灰石です。

 

石灰石に粘土類、鉄原料をなどを調合してセメントの原料を作るそうです。

Rimg1113

↑スケールが大きな調合機です。

   

ここで大量の古タイヤの映像が映りました。

Rimg1114  

藤原工場の方の説明によると・・・

Rimg1115

タイヤは燃料として使い、さらに、

中に含まれているスチールも、セメントの原料になるそうです。

 

このように藤原工場では、主原料の石灰石に加えて、

粘土類やリサイクル原料を調合してセメントを製造しています。

Rimg1116  

  

調合したセメントの原料を、回転窯(かいてんがま)で

焼成してセメントを作ります。

Rimg1118

この回転窯のスケールがまたでかい。

 

【焼成】=原料を高熱で焼いて性質に変化を生じさせること。

     粘土を窯 (かま) で加熱して石質にするなど。

  

そして出来上がったセメント。

Rimg1119  

このセメントは、貨物列車で出荷されます。

Rimg1120

Rimg1121

Rimg1123

Rimg1122

Rimg1124 

石灰石を貨物列車で運ぶところはあるが、

貨物列車でセメントを運んでいるのは、この藤原工場だけなのだそうです。

  

  

「三岐鉄道」と聞いて、ピンと来たのが、

10月15日放映の「科捜研の女」です。

三岐鉄道が撮影協力をしていました。

土門刑事が列車にはねられるシーンがありました。

はねた列車は、三岐鉄道の列車でした。

  

  

三岐鉄道を利用して運ばれるセメント。

港に運ばれて、船で輸送されます。

港に行く前に、面白い場所がありました。

(つづく)

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1933
  • Rimg1931
  • Rimg1930
  • Rimg1929
  • Rimg1928
  • Rimg1927_2
  • Rimg1926
  • Rimg1925
  • Rimg1921
  • Rimg1920
  • Rimg1919
  • Rimg1918

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼