アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「美茄子」と書いて「ビーナス」と読む | メイン | CMより・・・未知を開こう/世界は一面だけでは語れない »

2017年7月30日 (日)

「赤血球の色が本当は青いからだ」は本当か?

 

今日は7月30日。  

  

日めくり「雑学王」(TRY-X)より。

  

内出血した血はどこに消える?

20130101_00000031  

この日めくりで気になったのが次の文。

赤血球の色が本当は青いからだ

あっさり書いてあるけど、そうなの!と突っこみたくなる文です。

  

調べましたが、実は納得する説明はいまいち。

でもこういうことかな。

赤血球の色はやっぱり赤です。

動脈の赤血球は酸素が多くて鮮やかな赤。

静脈の赤血球は酸素が減っていて濃い赤色です。

血液検査の時に出てくる血液は、静脈の血液です。

静脈の血管を肌を通して見ると青く見えるようです。

  

しかし日めくりは断言しています。

赤血球の色が本当は青いからだ

この自信満々な文をどうにかしたいと思って調べましたが、

ダメでした。

この文章を書いた人と話をしたいです。

  

それでも次のサイトは勉強になりました。

ログミー 血管が青く見えるのはなぜ? 血液の色に関する大きな誤解

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_1065
  • Img_1062
  • Img_1061
  • Img_1060
  • Img_1059
  • Img_1057
  • Img_1056
  • Img_1055
  • Detail_jordan
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼