アクセスランキング

Powered by Six Apart

« イラストレーター中川学さんを知りました | メイン | 20170521御池岳付近散策その2/勾配40度であきらめ »

2017年5月22日 (月)

20170521御池岳付近散策その1/花の多い季節でした

  

今日は5月22日。 

  

昨日は鈴鹿の御池岳付近を登山・散策してきました。

その時の報告を書いていきます。

  

今回の登山口はコグルミ谷入口です。

登山口近くのスペースに駐車。

Rimg4414

Rimg4415

↑登山口へ向かいます。

Rimg4416_2

↑登山口。さあまた出発です。

  

Rimg4417

↑足下に実がたくさん落ちていました。

後で他の場所で、実がまだ木についているものを撮影しました↓

Rimg0062

この木の名前は?

実の形で調べてみて・・・・

カラコギカエデ?ミツデカエデ?

迷ったけどカラコギカエデのように思えます。

でも葉っぱの形が違うかな?

また調べてみます。わかったらその時点でここに書きます。

  

  

Rimg4418

オトシブミの揺籃(ようらん)

Wikipediaには次のように書いてありました。

 

(オトシブミの)名前は、江戸時代に

他人にばれないように手紙を道端に落とし、

他人に渡したという「落とし文」から来ている。

  

江戸時代に面白いことをやっていたのですね。

この風習を知らないと、この昆虫の名前は理解できないです。

  

Rimg4419

Rimg4420

Rimg4421

Rimg4422

↑この花の名前は今は不明。わかりしだい書きます。

ミヤマハコベかな?

  

Rimg4424

↑これまた不明。

ユキザサではないかと教えてくれた人がいました。

ユキザサは花がたくさんできるようですが、

これから花が増えるのでしょうか?

  

※後記:ユキザサで決定したいです。

みんなの花図鑑」に投稿して教えてもらいました。

(5月22日 午後4時12分)

  

Rimg4425

フタリシズカ

まだ花が咲いていなくて白くありません。

   

Rimg4427

イワカガミ

  

Rimg4428

チゴユリ

同行者に教えてもらいました。ピンぼけが残念。

  

  

Rimg4426

コガネムシ

色鮮やかでした。必死に木の皮の下に潜り込んでいました。

  

このようなものを見ながら御池岳六合目へ。

ここで私たちは御池岳頂上に向かわずに、

谷を南南東に向かいました。

同行のSさんが、以前から行きたいと希望していたコースだそうです。

Epson765_2

 ↑今回の登山で参考にした地図です。

  

六合目以後は次の投稿で!

  

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0444
  • Rimg0443
  • Rimg0442
  • Rimg0439
  • Rimg0436
  • Rimg0435
  • Rimg0433
  • Rimg0432
  • Rimg0428
  • Rimg0426
  • Rimg0424
  • Rimg0422

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼