アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 生ビール「このために生きているなあ」 | メイン | H25 5月の花々15 コンボルブルス‐サバティウス ・ シラー‐ペルビアナ2 ・ ハナキリン »

2013年6月21日 (金)

6月20日 ちょっとハッカにくわしくなった日

今日は6月21日。

夏至の日。いかがお過ごしでしたか?

担任している2年生の学級で毎日行っている「今日は何の日」クイズ。

6月20日は「ペパーミントの日

20日が「はつか」と読むことから「ハッカ」が連想されます。

「ハッカ」からできる香辛料「ペパーミント」の日というわけです。

前日の19日。

20日の「今日は何の日」クイズで次のことを確認したいと思いました。

・「20日」は「はつか」と読むこと。

・「ハッカ」の香りを再認識させること。

・草花の「ハッカ」を見させること

以上3点です。

「ハッカ」の香りを体験させるには、何がいいか探りました。

「ハッカ油(ゆ)」というものを知りました。

薬局にあるらしいので、学校帰りのよって購入しました。

今まで薬局で見かけた覚えはなく、本当にあるのかなと思って探しました。

あっけなく見つかりました。698円でした。

ちょっと高い。買うのを迷いましたが、後学のために買いました。

Rimg1725

フタを開けると、しっかりハッカの香りがしました。

このハッカ油、どうやって使うのだろう?

インターネットで調べたところ、制汗スプレーとして、

消臭剤として、虫除けスプレーとしてなどいろいろ使えることがわかりました。

こんなのがあったのですね。

20日、霧吹きに水をいれて数滴「ハッカ油」を加えました。

子どもたちに霧吹きで、ハッカの霧を体験させました。

大喜びでした。

昨年、ハッカの名がつく草花を見つけていました。

ここでも道草 H24 6月の花々 オランダハッカ (2012年7月11日)

この記事によると、6月20日に撮影していました。

ちょうど1年前。

撮影した場所もわかる。

そこで20日の朝、その場所に行ってみました。

ありました、ありました。

Rimg1723

雑草に混じって、ハッカ(オランダハッカ)がありました。

摘んで学校へ。

子どもたちに見せました。

摘んできたハッカは、私と一緒で植物に夢中の男の子にプレゼントしました。

  

      

草花のハッカからどうやってハッカ油がつくられるのか?

子どもたちにも聞かれましたが、答えられませんでした。

次のサイトの説明を読んでもイマイチ。なかなか難しい。

ペパーミント商会 ハッカ油の作り方

でもハッカ油は、ハッカの茎や葉に含まれているようです。

   

   

以上、ちょっとハッカに詳しくなった6月20日でした。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼