« 「紙芝居がやってきた!」① ヒロインに乗り移る悪党 | メイン | 6月12日の日の出/最も太陽が早起きの期間 »

2024年6月10日 (月)

80年前の6月10日 オラドゥール村での大虐殺

    

今日は令和6年6月10日。

  

6月10日というと、思い出すのは、

フランスのオラドゥール村の大虐殺です。

1944年のことです。ちょうど80年前。

この大虐殺のことを、チャンネル登録している

「大人の教養TV」で、現地に立って解説してくれています。


YouTube: 【ナチスに1日で消された村】オラドゥール村の大虐殺をわかりやすく解説

  

この動画の写真を並べていきます。

Img_5965_2

Img_5966_2

1944年6月10日。

オラドゥール村に、ドイツ軍約200人がやってきました。

住民に向かって、広場に集まるように指示しました。

住民たちは集まりますが、怪しいと思った人たちは、

村から抜け出ます。

Img_5967_2

当時のフランスは、ドイツの支配下にありました。

広場に集められた人たちは、2つに分けられました。

男性グループで、約200人。

女性・子どもグループで、約450人。

女性・子どもグループは、教会に連れて行かれ、閉じ込められます。

Img_5969_2

Img_5970_2

Img_5971_2

ドイツ軍は、最初に大きな箱を持ち込みました。

それは爆弾でした。

450人が密集した場所で爆発をさせたのです。

爆風とともに、爆弾は悲劇をもたらします。

爆発によって酸素が使われるので、教会内は酸欠となり、

窒息死を招いたのです。

Img_5972_2

Img_5973_2

Img_5974_2

Img_5975_2

Img_5976_2

爆弾を爆破した次に、ドイツ軍は、機関銃によって人々を撃ち始めます。

銃口は低く、人々の足を狙っていました。

動けなくするのが目的でした。

Img_5977_2

Img_5978_2

Img_5979_2

Img_5980_2

450人の中で、1人が生き残り、この時の惨状を後世に伝えています。

Img_5981_2

Img_5982_2

Img_5983_2

Img_5984_2

Img_5985_2

男性たちは6つのグループに分けられ、それぞれ倉庫に入れられます。

グループに分けたのは、男性の反撃を恐れたためと考えられます。

男性たちも機関銃で撃たれ、火を放たれます。

Img_5986_2

Img_5987_2

Img_5988_2

  

なぜオラドゥール村で大虐殺が行われたのか。

Img_5989_2


レジスタンスとは?

Img_5992_2

レジスタンスは、軍服を着ていなくいて、民間人と区別ができません。

Img_5993_2

オラドゥール村に、レジスタンスが潜伏しているという情報があり、

民間人と区別ができないために、虐殺が行われました。

Img_5994_2

Img_5995_2

赤ちゃんや高齢者まで殺されたのは、見せしめだったのです。

Img_5996

しかし、オラドゥール村はレジスタンスの拠点ではありませんでした。

Img_5997

Img_5998

Img_5999

焼かれてしまったために、身元が不明の死体が多かったのです。

  

戦後、大虐殺に関わったドイツ軍指揮官、兵士が裁判にかけられます。

しかし、約200人の兵士の多くが、後にあったノルマンディーの戦いなどに

従軍して命を落としていて、生存者は少なかったのです。

大虐殺の加害者にも、過酷な運命が待っていました。












  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_6093
  • Img_6092
  • Img_6091
  • Img_6090
  • Img_6089
  • Img_6355
  • Img_6349
  • Img_6346
  • Img_6343
  • Img_6328
  • Img_6327
  • Img_6326

楽餓鬼

今日はにゃんの日

いま ここ 浜松

がん治療で悩むあなたに贈る言葉