アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 図工の授業7・・・絵も気づくことが大切  | メイン | 今年は見られそう、街路樹の紅葉/パチンコ店のその後 »

2011年11月26日 (土)

図工の授業8・・・指導員の先生に教えてもらったこと

   

今日は11月26日。

前投稿のつづき。

   

前投稿でこのシリーズは終わりだと思いましたが、

指導員の先生に教えてもらったことがまだありました。

忘れないようにここに書き留めます。

   

私は授業で、「エプソムの競馬」「冨嶽三十六景 隅田川関屋の里」の

A3サイズの写真を黒板に掲示しました。

それ以外に、一人一人にカラー印刷して、2枚の絵を配りました。

指導員の先生から、2人に一枚でもよかったと言われました。

その方が2人の間で会話が始まるからと。

なるほど~。

意見交換が自然に始まることが目に見えます。納得。

次回はそうしよう。

    

愛知県美術館のHPも紹介してくれました。

愛知県美術館では鑑賞学習交流会が行われているそうです。

「愛知県美術館 鑑賞学習交流会」html

鑑賞学習の実践例の発表もあるようです。

実際に、HPの中でも実践例の紹介があります。

「愛知県美術館 鑑賞授業実践例」html

ここから授業のヒントはもらえそうです。

   

    

図工の授業を初めて見てもらって、いろいろおまけがもらえた気分です。

ちょっと図工の鑑賞の授業が見えてきました。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31073039

図工の授業8・・・指導員の先生に教えてもらったことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Ougyo03_2
  • 9784408007953
  • Epson001
  • A0107574_18305618_2
  • A0107574_23435814_2
  • A0107574_1375198_2
  • Photo
  • Ae69f12f
  • A305304b
  • C98402aa
  • 1515cbcd
  • 614dujk39l

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼