« 4月1日の「雑学王」より/ティッシュペーパーを2枚重ねにしている理由 | メイン | 4月13日は「決闘の日」 »

2019年4月14日 (日)

「姿三四郎」のモデルは、嘉納治五郎の弟子でした

今日は平成31年4月14日。

  

コミック版 世界の伝記 嘉納治五郎

(原作:しずかかおる マンガ:かわのいちろう ポプラ社)

を読みました。 

710lil82wol amazon

  

ここで懐かしい名前に出合いました。

姿三四郎」です。

子どもの頃に、テレビドラマでやっていました。

主演は竹脇無我さん。

Blog_import_5018f1b863c53 カゲロー日記新館

放映されたのは1970年。

私は小学生でした。

夢中で見ていた覚えがあります。

夏目漱石の小説「三四郎」を見た時は、

中身は「姿三四郎」のことが書いてあると思い込んで読み始め、

読み始めて全く無関係だと知りました。

  

姿三四郎のモデルになった人が、

嘉納治五郎の弟子で、「四天王」と呼ばれた優秀な4人のひとりである

西郷四郎(1866年生~1922年没)です。

Img_0 ツル茶ん ヴィンランド VOL、2

姿三四郎の得意技が「山嵐」でしたが、

それは西郷四郎の得意技だったそうです。

西郷四郎は、会津出身。

会津で「西郷」ときたら、連想されるのが、会津藩家臣西郷頼母

何と、西郷四郎は、西郷頼母の養子さんだそうです。

ビックリです。

 

そして同じく「四天王」のひとりである富田常次郎(1865年生~

1937年没)の息子富田常雄が、小説家となり、『姿三四郎』を

書きました。

  

いろいろ繋がっていて、ワクワクしました。

 

これもNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で、

嘉納治五郎がクローズアップされたおかげです。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg4750
  • Rimg4746
  • Rimg4745
  • Rimg2150a
  • Rimg2150
  • Rimg2149a
  • Rimg2149
  • Rimg2141a
  • Rimg2141
  • Rimg2156_2
  • Rimg2155
  • Rimg2132

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography