アクセスランキング

Powered by Six Apart

« ヒョウモンリクガメ、その後/運動場を歩く | メイン | 6月中旬の花々20/アーモンド・コセンダングサ・イヌツゲ3 »

2012年7月11日 (水)

6月中旬の花々19/マツバボタン・フクシア・オランダハッカ

 

今日は7月11日。

やっと「6月中旬の花々」シリーズの終わりが見えてきました。

6月20日撮影の花が登場。

 

RIMG0333 6月20日撮影 通勤路

RIMG0354

マツバボタン

 

じっくりマツバボタンを見たことがなかったのでしょう。

接写のために、ぐっと花に近づいて、花の中央に、花粉をつけた雄しべに囲まれて、

すっと1本雌しべが立っているのに気がつきました。

雌しべの先は開いています。それがとてもかわいく、美しく見えました。

当たり前ですが、どの花もそうなっています。

細かいところまでしっかりできた花に感心しました。

 

 

RIMG0333 6月20日撮影 通勤路

RIMG0336

フクシア

台風が通過した翌日だったこともあって、花が傷んでいました。

1週間後の同じ場所での撮影↓。

RIMG0021

この形、この色!

目立つように、いろいろ兼ね備えている花だなあと思いました。

 

 

 

RIMG0364 6月20日撮影 通勤路

RIMG0363

オランダハッカ

 

どんな花が咲くのか楽しみにしていました。

予想以上にいい花でした。

雑草のようにここでは育っていましたが、

最近は畑の片隅で育てられているところを撮りました。

 

RIMG0300 7月5日撮影 通勤路

RIMG0301

次のサイトから引用します。

「野の花散歩 オランダハッカとミント類」htm

ハッカ(薄荷)はミントとも呼ばれるハーブの一種で、

医薬、料理、歯磨等の香料として数千年の歴史を持つ植物で、

4000年前のエジプト文明の頃、富豪の香水風呂に用いられたとされ、

ミイラの頭に乾いたハッカの葉が敷かれていた事が分かっている。

ハッカ(ミント)は大きく分けて、緑ハッカ(スペアミント)、和種ハッカ(ジャパニーズミント)、

コショウハッカとも呼ばれる洋種ハッカ(ペパーミント)の三種類に分けられ、

オランダハッカはスペアミントのひとつである。

 

よく耳にする「スペアミント「ペパーミント」の意味がわかりました。

う~ん、わかった気がします。

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603251/31072187

6月中旬の花々19/マツバボタン・フクシア・オランダハッカを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1873
  • Rimg1871
  • Rimg1869
  • Rimg1868
  • Rimg1867
  • Rimg1866
  • Rimg1865
  • Rimg1862
  • Rimg1861
  • Epson019
  • Thum_01_2
  • Thum_01

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼