« 「本を読むだけで脳は若返る」③ 読み聞かせも効果大 | メイン | ハイイロゲンゴロウを飼うのは16年ぶり »

2024年7月 8日 (月)

「本を読むだけで脳は若返る」④ 目指すは、子どもを「個」にするのではなく、 他者と関わりを持たせる工夫です

   

今日は令和6年7月8日。

  

前記事に続きで、

「本を読むだけで脳は若返る」

(川島隆太著/PHP新書)より引用します。

   

長いけど、大事だと思うので引用します。

  

今、情報があふれる社会に現代人は暮らしていますが、実に不思議な

ことに、情報量が少なくて伝達スピードの遅い読み聞かせのほうが脳

の発達を促しやすいのです。近年、誰もがスマートフォンをもつよう

になって、意識と視線が常にそのデジタル機器に向けられるようにな

りました。本人が望むと望まざるとにかかわらず、いろいろな情報が

私たちの身の回りに雨のように降ってきて、それを処理することで常

に精一杯になっています。この傾向はSNSの普及でさらに強まりまし

た。

私が、読み聞かせという読書を強くおすすめする理由の一つは、子ど

もの周りにいる親などの大人が一様に忙しくて、子どもに向き合う時

間が減っているのではないかと危惧するからです。小さなお子さんを

育てているご家庭で、子どもたちと一緒に何かをするのではなくて、

子どもたちにスマートフォンやタブレットを渡して動画を見せ、その

間に家事をするという親は少なくないと思います。あるいは、仕事が

終わってから、子育てや家事で忙しいのに、いつの間にかインターネ

ットやSNSに没頭してしまっているという方もいるのではないでしょ

うか。

これまで、私はさまざまな実験で多くの子育て世代と接してきました

が、現代社会は親子の愛着関係が作りにくくなっていると感じます。

昔も今も、親たちは我が子に強い愛情をもち、自分たちのもてる時間

の多くを子どもに費やそうとしているのですが、情報社会の中でいつ

の間にか10分の読み聞かせも「厳しい」という状態になってしまって

います。

こんな時代だからこそ、意識して親と子が濃密にかかわり合う時間を

作ることが必要だと私は考えています。短い時間で構わないのです。

どんなやり方でも良いので、子どもに読み聞かせをしてほしいと思い

ます。この読書法は、脳科学の観点から、脳に対する良い効果が確か

められています。 特に、他人の心を想像する力を育んでくれます。

人間というのは群れで暮らす動物です。一人で生きていくことはでき

ず、社会の中で生きていくことが運命づけられています。 社会の中で

生きていくということは、他者との関係性を築くということにほかな

らず、これを上手にできる力が社会の中で生きていくために一番求め

られます。

子どもが他者とかかわる能力を獲得するのは、家庭における家族との

コミュニケーションがベースになります。しかし、このコミュニケー

ションが成立しにくい社会になりつつあるように感じるのです。デジ

タル機器が普及する中で、自分自身の興味関心を満たすサービスが急

速に増え、一人ひとりが幸せであれば良いという感覚や考え方が非常

に強まり、家庭の中にいても「個」がハイライトされていきます。

現代の子育ても、家族全員がスマートフォンの画面を見ているような

状況の中で取り組まなくてはならなくなっています。 他者の心の触れ

合う場である家庭が、単なる「個」が集まっている場所になっている。

この状況のままで多くの子育てが進められていくと、他者との人間関

係をうまく築けない人が多くなり、社会が崩れていくのではないかと、

私は本気で危惧しています。読み聞かせは、「個」でなく、他者との

「絆」を強くすると私は思うのです。

さて、次の章では、ここで少し指摘したスマートフォンなどのデジタ

ル機器について、脳科学の観点からいろいろと言及したいと思います。

本もスマートフォンも、同じように文字を読むことができますが、脳

に対する影響は全く違います。

(96〜97p)

  

ここには、通級指導の参考になることが書いてあると思うのです。

手段は読み聞かせではなくてもいいと思います。

目指すは、子どもを「個」にするのではなく、

他者と関わりを持たせる工夫です。

それが「絆」になっていくと思うのです。

  

そして、この本は、次章から、

iPad中心の私の今の生活がいいのかと問うてくる内容です。

続く

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_6646
  • Img_6645
  • Img_6638
  • Img_6637
  • Img_6635
  • Img_6634
  • Img_6633
  • Img_6632
  • Img_6631
  • Img_6630
  • Img_7099
  • Img_7098

楽餓鬼

今日はにゃんの日

いま ここ 浜松

がん治療で悩むあなたに贈る言葉