« 「圧力隔壁説をくつがえす」① 事故を「事件」と書いていた外務省職員 | メイン | 「圧力隔壁説をくつがえす」③ 日航安全啓発センターの役割 »

2021年9月12日 (日)

「圧力隔壁説をくつがえす」② 「異常外力」が垂直尾翼に加わっていた

      

今日は令和3年9月12日。

    

前記事に引き続き、

「日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす」

(青山透子著/河出書房新社)

より引用していきます。

  

  

今になって、事件を決定づける「異常外力」について記された一枚

が、膨大な書類の間からこっそり出てきたのである。

(72p)

  

専門家が語る公文書の不可思議な特性として、膨大な資料の中に時

折気付かないうちに追加されることもあるとのことだったが、実際

に外務省の公文書で私はそれを体験した。

(73p)

   

部分的に引用しているので、流れがわかりにくいと思います。

事故調査報告書の別冊に垂直尾翼の中央付近に、

異常外力が加わったことを示す資料があったということです。

ちょうどこの本の表紙で使われた図です。

91iqxhhp1wl_3

報告書は公開されましたが、別冊は公開されなかった模様。

    

この『別冊』に話を戻すと、これが最初に出された1987年時の

報告書とともに同時に公開されていれば、事件の原因が明瞭になっ

たはずであり、圧力隔壁破壊は、誰もがおかしいと納得できたはず

である。逆にいえば、意図的に隠された公文書となる。

(74p)

  

あらゆるデータが示しているこの異常外力の存在は否定できないの

である。しかも、垂直尾翼先端ではなく、黒い丸印が示す通り、尾

翼中央の胴体部分に近いところであり、ここに外からの力が加わっ

た、という事実は消せない。だから『別冊』で、その存在を書かざ

るをえなかった。

(77p)

   

外力によって穴の空いた垂直尾翼が、なぜ内圧で吹き飛ぶのか。子

供でもすぐわかることを35年間も騙してきたのである。

こういう「目眩まし手法」で報告書を書き、素人である国民を欺く

専門家がいたとして、そこにいかなる政治的判断があろうとも、こ

れでは、521人の死の証明にはあまりにお粗末であり、たとえ権

威ある研究者であっても政府側に阿(おもね)った発言をして許さ

れるはずがない。

(88p)

   

重要なことは「情報を持ち、隠すことができれば、無知を意図的に

支配できる」という見本が、この日航123便であってはならない

ということだ。これを悪しき事例とするのではなく、私たちが騙さ

れないようにすることこそが未来への義務である。

(100p)

  

  

「異常外力」の説明はなされないままきています。

それでも「圧力隔壁破壊」が墜落の原因だとしています。

おかしいことです。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 51vaea9qyfl
  • 91iqxhhp1wl_3
  • 91iqxhhp1wl_2
  • 3
  • 2
  • D63248133143343
  • 9117ci2myl
  • 51jliclxnl_ac_sy445_
  • 724a4b535eb095b6bd85085d6fea
  • 00402480hdk724x1024
  • 10
  • 9

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ