« 番画:タイムスクープハンターとの出合い/佐渡島庸平さん | メイン | 番画:「又吉直樹のヘウレーカ!」酔っぱらうこと/フィッシャーズ当たり牛丼 »

2021年1月16日 (土)

「幕末・維新人物伝 渋沢栄一」/大河ドラマが楽しみ

   

今日は令和3年1月16日。

  

生徒に勧められ、貸してもらって、この本を読みました。

9784591168400

ポプラ社

  

「幕末・維新人物伝 渋沢栄一」

(加来耕三企画・構成・監修/後藤ひろみ原作/中島健志作画

 /ポプラ社)

  

〇2月に始まる大河ドラマの主人公、渋沢栄一。

 どんな人なのか、この本を読んで初めて知った。

〇92歳で亡くなるまでに、たくさんのことをした人物。

 大河ドラマで描き切れるのかと思った。

〇2ページ、コピーを載せる。

Epson577

〇渋沢栄一にとって、この海外渡航が大きなきっかけになったようだ。

 工事中のスエズ運河を見て、その巨大プロジェクトに驚いている。

 大河ドラマではどう描かれるか注目したい。

〇人生の何かのきっかけは、このような見聞を広める体験がなる。

 出かけることは今は出来にくい状況だが、番画シリーズに期待したい。

  

  

Epson578

〇このページに関係して、加来さんの文章を引用する。

  

明治6(1873)年、日本で最初の洋紙製造会社である抄紙会社

(現・王子製紙)の創立をはじめ、紡績会社(現・東洋紡)、海上

保険会社(現・東京海上自動火災保険)、ほかにも東京瓦斯(現・

東京ガス)、人造肥料会社(現・日産化学)、日本鉄道会社(現・

JR東日本の東北本線)など、渋沢が創設したり経営を援助したり

した会社は、多岐にわたった。産業立国日本を支えた、といってよ

い。

しかし、彼はかくも多くの企業の創立、経営に関与しながら、決し

て自身の財を築くことを目的としなかった。それは渋沢が、晩年に

いたるまで三井、三菱、住友、安田といった大財閥を形成しなかっ

たことからも、明らかであったといえる。

それよりも彼は、日本の近代産業の育成、発展させるために、『論

語』を徳育の規範として、「道徳経済合一説」を実践しなければな

らない、と提唱しつづけた。

(113~114p)

   

〇大河ドラマが楽しみになってきた。

 理想を追いかける人物だったようだ。刺激になる可能性大。

  

月曜日にこの本は生徒に返します。

タイムリーに読むことができました。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Epson039_2_2
  • Epson039_3
  • Pimg20161227a
  • Mode3_w520
  • Rimg2129
  • 61crarupytl
  • 9
  • 518pbqzgl
  • 51vaea9qyfl
  • 91iqxhhp1wl_3
  • 91iqxhhp1wl_2
  • 3

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ