« SOTOの「マイクロレギュレーターストーブ」購入 | メイン | 「山海記」① 現代日本の私小説の名手 »

2020年1月24日 (金)

介護の正解は難しい

今日は令和2年1月24日。

  

1月22日朝日新聞朝刊の記事です。

「声」の欄の記事です。

Epson219 

介護は難しいです。何が正解なのか。

 

私の父もパーキンソン病であろうという診断を受け、

今は自力で歩くことが難しく、車いす生活です。

認知症も進み、直近のことほど忘れていきます。

毎日の介護で、私はつぶれ休職してしまったので、

現在は週で4泊5日のショートスティと1日のデイサービスに

移行しています。

私の負担は減って、復職に向けて準備している段階です。

でもこれが正解かどうか。

  

父親は「どうしても行かんといかんかあ」

「今日は休みたいなあ」「そろそろお前が代わりに行けよ」

などと、施設に行くことは消極的です。

施設に行くことを「仕事」と認識しているので、

このような発言が出ます。

家でゆっくり休みたいと思っています。

    

ケアマネージャーさんが言うには、施設は全館冷暖房完備だから、

気温の上がり下がりが少ない環境であるため

身体には良くて、長生きするんですよとのこと。

そう考えると、父親にはいいのかなと思います。

正解は難しいです。

  

せめて家に居るときには、世話をしっかりしたいです。

今日は病院に連れて行きます。

  

   

記事のような老々介護は、共倒れの危険をはらみます。

他の家族もそれどころではない状況なので、

まずは少しでも介護施設の利用を勧めたいです。

 

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Epson339
  • 81dpvaze0l
  • Clouds1834809_1920
  • Epson338
  • Rimg2225
  • Epson337
  • 91drvbn6aws
  • Epson335
  • Epson336
  • Epson334
  • Epson333
  • Img_0800

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ