« 日めくりより/斎藤義”龍”興 竹中半兵衛 | メイン | 「やりたいことができないという感覚」を味わいたくない »

2020年1月13日 (月)

真鍋淑郎氏/ジェームズ・ハンセン氏を知る

今日は令和2年1月13日。

  

この本を読み始めました。

61mwjdger7l amazon

石炭火力が日本を救う~CO2神話の崩壊

(木本協司著/現代書館)

   

温暖化、気候変動に関するいろいろな本を読もうと思って

選んだ本ですが、?と思う文章に早々出合いました。

  

そもそも「エネルギー資源がないという国内矛盾を外交や軍事

力の行使で解決するのが政治」であり、天才的な戦略家石原莞

爾は第一次世界大戦に最重要な軍需物資となった石油を求めて、

1931年9月に満州事変を起こした。もしも石油生成に関す

る「海成腐泥起源説」という誤った学説に惑わされないで満鉄

が大慶油田群を発見していたら、満州国は「輝ける産油国」と

なって(戦争をする必要がなくなるため)その後の日中戦争ー

太平洋戦争―原爆投下による敗戦という歴史はなかったのであ

る。

(20p)

  

  

著者は2人の学者の温暖化説を批判していますが、

その批判の根拠が読んでもよくわかりませんでした。

その代わりに、温暖化の危機を唱えた2人の学者のことを

知りました。

  

一人は、日本人。真鍋淑郎(しゅくろう)氏。

Wikipedia 真鍋淑郎

そしてもう一人はアメリカ人。ジェームズ・ハンセン氏。

ハンセン氏については、TEDの映像を見て勉強できました。

TED「なぜ気候変動について叫ばなければならなかったか」/ジェームズ・ハンセン

Ted  

 

この2人の学者のことを知ったのは収穫でしたが、

この本を読破するのは諦めました。

 

次の本を読もうと思いました。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Epson339
  • 81dpvaze0l
  • Clouds1834809_1920
  • Epson338
  • Rimg2225
  • Epson337
  • 91drvbn6aws
  • Epson335
  • Epson336
  • Epson334
  • Epson333
  • Img_0800

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ