« 20200111報告 再び鳳来寺山本堂へ/血管年齢の測定 | メイン | 「シリア内戦」② 政権に反対する者は断固討伐するほかない »

2020年1月12日 (日)

「シリア内戦」① 物理的な達成感も味わった本

  

今日は令和2年1月12日。

  

本を読み終えることができました。

91z068kefzl amazon

シリア内戦」(安武塔馬著/あっぷる出版社)です。

 

藤原和博さんが、

本は、物理的なものであるがゆえに、読み終わったあとの達成

感がある。

(「本を読む人だけが手にするもの」170p)

と書いていました。

※参考:ここでも道草 「本を読む人だけ」⑤ 中学校では3割が情報編集力(2020年1月9日投稿)

この本は、その達成感を感じました。

全397p。

Rimg2099

Rimg2098  

シリア内戦ぼっ発は、2011年3月のことでした。

日本では東日本大震災があった時です。

それ以後、シリアでは内戦がずっと続いていて、現在に至っています。

この本では、内戦ぼっ発から2016年までのことが書かれていました。

シリアと周辺中東諸国、あるいは米国ロシアヨーロッパ諸国が

どのようにシリア内戦に関わったのか、

ほぼ時系列の詳細に書かれています。

人の命が、簡単にもぎ取られる日が、シリアでは毎日なのです。

そして内戦が簡単に終わらないことが実感できてしまう本でした。

でも作者は、あとがきに次のように書いています。

  

本当の意味で内戦が終結し、シリアが元の統一国家に戻る道筋

は見えない。本書が提供する情報が、今後の状況を変える流れに、

何らかのかたちで貢献できるとすれば、筆者としての望外の

幸せである。

(387~388p)

  

私はこの本を読んで、2011年~2016年のこの地での

出来事が、ニュースで知ってはいたけどバラバラだったものが、

繋がってきました。その繋がった延長に、今があるんだなと

想像することができました。

この本では、最近アメリカ軍の無人飛行機で殺された

スレイマニ司令官についても書かれています。

なぜ彼が殺されて、イランがあのような反応をしたのか、

なぜ旅客機を撃墜するという悲惨なことをしてしまったのかも

見えてきました。

過去があるから今がある。今を少しでも変えていかないと、

未来はまだまだ暗いと思います。

  

  

「わかった」「なるほど」と思って読んだところに、

上の写真のように付箋を貼りました。

今からその部分だけ再読しようと思います。

そして特に手元に残しておきたい文章を書き留めたいです。

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Epson339
  • 81dpvaze0l
  • Clouds1834809_1920
  • Epson338
  • Rimg2225
  • Epson337
  • 91drvbn6aws
  • Epson335
  • Epson336
  • Epson334
  • Epson333
  • Img_0800

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ