« 「山海記」① 現代日本の私小説の名手 | メイン | 「山海記」③ ショーソンの「詩曲」を初めて聴く »

2020年1月24日 (金)

「山海記」② 蛇が付く地名は鉄砲水や山津波が発生した場所に付く

  

今日は令和2年1月24日。

  

前記事に引き続き「山海記」(佐伯一麦著/講談社)より

引用していきます。

   

待合所にあったチラシを見ると、高速道路を使わない路線バス

としては日本で一番長い距離を走り、全長166,9メートル、

何と百十七もの停留所を数えるという。

(13p)

  

奈良県の「八木駅」から和歌山県の「新宮駅」までの

奈良交通株式会社の路線バスのことです。

※参考:奈良交通(株)運行系統図

☝ ここを見ると、日本一長い路線のバス停を

見ることができます。

全てを停まるバスの運転手さんはたいへんだと思います。

  

  

それから三年後(2014年)、広島市でも七十四名の死者を

出した大規模土砂災害が発生した。特に被害が大きかった安佐

南区八木三丁目の旧地名は上落地芦谷で、さらにその前は蛇落

地悪谷(じゃらくじあしだに)だったと知って、前の話との類

似に驚かされ、暗然たる思いに沈んだ。

土砂崩れのことを蛇抜けとも言い、蛇が付く地名は鉄砲水や山

津波が発生した場所に付けられる。大きな蛇が頭上から落ちて

きたときの恐怖を彼は想った。昭和四十二年八月に羽越水害に

襲われた荒川が流れる新潟県の関川村を訪れたときにも、村に

は大蛇による洪水伝説のある蛇喰(じゃばみ)という集落があ

った。東京の目黒区にもかつては蛇崩(じゃくずれ)という地

名があり、大水で崩れた崖から大蛇が出たという伝説があった

が、昭和七年の目黒区誕生を機に姿を消した。交差点にはいま

でも名前が残されているので、彼は電気工として都内を駆け巡

っていた頃に目にして、妙な名前だと思ったものだった。確か

に蛇と付くと、耳触りのよい地名ではないので、「あし」を「

よし」と言い換えるのと同じように、名前を変えたい思いもわ

からないではないが、地名の改竄(かいざん)は歴史の改竄に

繋がる。

(48~49p)

   

新潟県関川村の「蛇喰」にグーグルアースで迫ります。

グーグルアース 蛇喰

1  

羽越(うえつ)水害については、ここを読みました。☟

Wikipedia 羽越豪雨

関川村では、堤防の決壊によって34名の死者が出たそうです。

堤防決壊の歴史は今に始まったことではないのです。

  

つづく

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Epson339
  • 81dpvaze0l
  • Clouds1834809_1920
  • Epson338
  • Rimg2225
  • Epson337
  • 91drvbn6aws
  • Epson335
  • Epson336
  • Epson334
  • Epson333
  • Img_0800

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ