« 「さよならテレビ」はどんな映画なのだろう? | メイン | 2019年冬長野(11)各地から来たボランティアとの交流は楽しい »

2019年12月11日 (水)

知れば知るほど、素晴らしい人/中村哲さん

今日は令和元年12月11日。

  

昨晩放映された「クローズアップ現代+ 中村哲医師 貫いた志

昨晩見て、今晩も見ました。

亡くなられて知った人ですが、にわかファンとなりました。

知れば知るほど、素晴らしい人です。

番組の写真です。まずは基礎勉強。☟

Rimg2367 

  

中村哲さんの言葉、文章です。☟

  

Rimg2338

Rimg2340

Rimg2373  

あの同時多発テロの時に、こう考えていた人がいたのですね。

現地にいたからこそでしょう。

私には全く思いが浮かばなかったことです。

 

 

 

Rimg2343

Rimg2344

Rimg2345

Rimg2346  

下痢で亡くなる。

ここでも道草 11月19日は「世界トイレの日」でした(2018年11月20日投稿)

この記事を思い出しました。

日本では下痢で亡くなることはなかなか想像できません。

でも想像しなくてはなりません。

  

「医者100人より、水路1本」

これも実体験からの言葉。    

  

  

Rimg2347

Rimg2348

Rimg2349

Rimg2350   

だれも好んで戦争をしていない。命をかけない。

安心して食べていけることが、何よりも大きな願い、望み」 

治安が悪い中で、この考え方を通したことが素晴らしい。  

  

   

Rimg2351

Rimg2352

Rimg2353  

「世界平和」のための戦争。

何かおかしいぞと思っていましたが、中村哲さんは、とっくに

解答を持っていました。

    

  

Rimg2354

Rimg2355

Rimg2358   

みんなが安心して暮らせることが、何よりなんですよね。

ここんところが、中村哲さんの基本です。

   

 

 

Rimg2359

Rimg2360

Rimg2361

Rimg2362  

ヘリコプターの機銃掃射で、危険な目に合っていました。

それでも作業を続けていました。

  

 

 

Rimg2363

Rimg2364

Rimg2365

Rimg2366  

 

 

Rimg2368

Rimg2369  

 

 

Rimg2370

Rimg2371

Rimg2372  

基本ですね、やっぱり。

今日の朝日新聞朝刊のコピーです。 

(クリックして拡大して読んでみてください)

Epson160  

我々より先に無名の先駆者がたくさんいる。それは脈々と続い

ている。だから小さくても大きくても、いいと思ったことをま

っすぐ続けること。

  

 

印象に残る言葉がたくさんあります。

言葉だけでなく、実行しているから、言葉に重みがあります。

現場に出向いて活動するところも見倣いたいです。

長野市のボランティア活動に参加したのは、

ささやかだけど、私にとってはいい出発点になりました。

(次の記事からボランティア活動に参加した時のことを

書いていこうと思います)

  

記事の中に出てきた「医者、用水路を拓く」を読んでみようかな。

  

今晩は夜ふかしをしました。

でもこの記事を書きあげたかったです。

明日からもいいと思ったことをやるぞ。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 71wrq8gp3yl
  • Epson223
  • Epson222
  • 81lshywdgxl
  • 1
  • 91jseiiazal
  • Epson219
  • Rimg2125
  • Rimg2124
  • Rimg2123
  • Rimg2121
  • Epson221

ありがとう幸せな毎日

楽餓鬼

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

今日はにゃんの日

◆Akira's Candid Photography

いま ここ 浜松

凛々しく前へ