アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 20180304報告その3 欠点をなくせば、長所もなくなる! | メイン | 20180304報告その4 マンネリ打破のために「遊び心」 »

2018年3月11日 (日)

次は2001年発売のカイリー・ミノーグのアルバム

今日は3月11日。

 

生活のBGMを今日から変えます。

2月26日からカイリー・ミノーグのアルバムでしたが、

引き続きカイリー・ミノーグのアルバムです。

61dokisxvl__sl1461_Amazon  

アルバム「フィーバー」です。2001年のアルバムです。

このアルバムの中に、カイリー・ミノーグとの出会いの曲

「カム・イントゥ・マイ・ワールド」があります。

もう一度その動画を載せます↓


YouTube: Kylie Minogue - Come Into My World

どうやって撮影しているのか、

いまだにわからないPVです。

  

カイリー・ミノーグは1968年5月

オーストラリアのメルボルンに生まれる。

現在49歳。2014年にイギリス住居を移し、

主な活動拠点にしているそうです。

参考:Wikipedia

このアルバムが出る前年、

オーストラリアではシドニーオリンピックが行われました。

期間は2000年9月15日~10月1日でした。

その閉会式で、カイリー・ミノーグは「ダンシングヒーロー」を歌いました。

その時の映像です↓

先ほどのWikipediaによると、

カイリー・ミノーグは若くして成功するのですが、

1990年代後半は低迷期。

2000年に発売したアルバムがヒットして、

そしてオリンピックでの歌唱。

上げ潮時に作られたのがこのアルバム「フィーバー」なのだそうです。

  

人は物語に興味を持ちます。

カイリー・ミノーグの物語に、自分の話も付け加えます。

2000年の秋に、私はオーストラリアにいました。

オリンピック閉会直後だったと思います。

勤務していた小学校が、シドニーの小学校の姉妹提携。

2週間ほど子どもたちとオーストラリアに行き、

単身ホームステイ体験をしていました。

あの頃、きっとカイリーミノーグの曲を聞いていたんだろうなあ。

その直後、私は体調を崩し、

自分にこのようなことが起こるんだと思うほどの

辛い時期の始まりでした。

でも今こうやって無事勤めています。

  

  

もう18年が経ちます。

その頃を思い出しながら、

いや、本当は思い出したくないなあと思いつつ、

このアルバムを聴きます。

いまだに笑い話にならない過去です。

  

平成29年度末の生活は、カイリー・ミノーグで染まっています。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_12
  • Hatu04
  • Photo_11
  • 1kxoxkl0_400x400
  • Epson866_2
  • Epson865
  • Photo_10
  • Photo_9
  • Photo_8
  • Photo_7
  • Photo_6
  • Photo_5

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼