アクセスランキング

Powered by Six Apart

« なぜ核兵器はなくならないのか?その3/ポツダム会談直前に行われた世界初の核実験 | メイン | 初めての整体に行く予定/本證寺に行きたいなあ »

2018年2月11日 (日)

お父さん、お母さんを教えた教師の立場

今日は2月11日。

  

この記事で書いたことを実行しました。

ここでも道草 雪の中を走って帰りました/運動不足解消をめざす(20182月6日投稿)

 

2月5日~9日と自転車通勤を達成。有言実行しました。

そして2月10日にはバスケの大会で審判をしました。

コートを走り回りました。

自転車通勤のおかげでしょう。

  

 

その会場の応援席で、見知らぬ男の子に声をかけられました。

苗字を呼ばれました。

「誰かな?」と尋ねたら、「お母さんに頼まれた」とのこと。

それでも意味がわからずいたら、

その子のお母さんらしき人が現れて、

「先生ですよね」と確かめられました。

何と、20年ぶりくらいの再会。

以前、中学校勤務の時に教えた子、Kさん・・・今は立派なお母さんでした。

35歳。

大会に子どもが出場していて応援に来た模様。

そうなんだ、かつて教えていた子が親になり、

このような大会で出会うのですね。

私だと確認するために、まずは息子に尋ねさせたようです。

笑えました。そんなことを頼まれてやってしまう息子さんが偉い。

知らないおじさんに声をかけるのは勇気がいることでしょう。

 

いろいろ話をして、学級通信「道草」の話をして、

このブログの名前も教えました。

新任から続いている通信「道草」は今も続いていて、

”ブログでも”道草をするから「ここでも道草」

ふと浮かんだ名前ですが、お気に入りです。

見てくれているかな?またコメントをたのむね。

  

 

大会の会場では、もう一人S君にも声をかけられました。

同じく子どもの応援に来ていました。

彼は父親。42歳。

審判をやっているのを見て気がついたようです。

「先生、若いねえ」と冷やかされました。

自転車通勤のおかげで、動けているところが見せられてよかった。

  

 

 

立派なお母さん、お父さんをになった人たちを

かつて教えていた教師。

生きているとこういう立場を味わうのですね。

何か嘘みたいです。

 

 

  

でも初めてではありません。

今の勤務校にもいますよ。

かつての教え子が。

その子は父親です。

※参考:ここでも道草 意外な再会/教え子のお母さんが、孫の授業を見に来ていました(2012年12月4日投稿)

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 614dujk39l
  • B49613f2771cd1f1a0cf71e3162f2cc0
  • Photo
  • 61a0ub7gdl
  • Photo_6
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1100_2
  • Rimg1099_2
  • Rimg1098_2

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼