アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 二川宿本陣資料館その3/千両箱の重さ | メイン | 実写版「そば清」が放映されました »

2017年11月23日 (木)

通算5500本目の投稿/二川宿本陣資料館その4/「東海道五十三次 吉田 豊川橋」(安藤広重 作)

  

今日は11月23日。

  

前投稿の続き。

  

Tokaido34_yoshida

文章工房すばる 広重東海道五十三次一覧(周遊の入口)

安藤広重の浮世絵「東海道五十三次」の中の「吉田 豊川橋」です。

  

二川宿本陣資料館で、疑似摺り体験器具を貸してもらいました。

これは「吉田 豊川橋」編です。

 

Rimg1248  

黒色刷り

Rimg1251

Rimg1241  

青色刷り

Rimg1250

Rimg1242  

赤色刷り

Rimg1253

Rimg1243  

  

これを摺り重ねていくと・・・

Rimg1241_2

Rimg1246

Rimg1247  

摺ってみて、黒→青→赤の順番ではなくて、

黒が一番最後かなと思いました。

  

シャチハタのインクを使った疑似摺り体験ですが、

なかなかうまく摺れなくて、上の作品を作るまでに、

10回ぐらい試しました。

疑似摺り体験ではありますが、

繰り返して摺ることで、摺師のたいへんさが少しわかる気がしました。

今度授業で、子どもたちにもこの体験をさせる予定です。

  

  

以上で、11月11日の報告終了。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Photo
  • Rimg0078a
  • Rimg0076
  • Photo_2
  • Photo
  • H08115253
  • Rimg0055
  • Img_1150_2

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼