アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 今回の腰痛は辛い!/「仙骨」「腸骨」の語源 | メイン | 空から日本を見てみよう/藤原鉱山 »

2017年10月28日 (土)

ジャクソンブラウン「Walls and Doors」の歌詞を調べた

 

今日は10月28日。

  

生活のBGMで聴いているジャクソンブラウンのアルバム

「スタンディング・イン・ザ・ブリーチ」の中に、

気になる曲名があります。

Walls and Doors

この曲名で連想するのが、あの言葉。

 

Every walls are doors.

「すべての壁は扉である」

ここでも道草 校長先生の通信より/大きな壁は重いけど扉かも(2017年6月26日投稿)

 

どのような歌詞なのか知りたいけど、

曲を聴いても聴き取れません。

歌詞をインターネットで探したけどわかりません。

じれったいです。

曲はいい感じです。

最初に心に沁みてきた曲でした。

  

  

調べていたら、Youtubeで聴くことができました。


YouTube: Jackson Browne - Walls and Doors

  

さらに調べていたら、見つけました!歌詞。

ここです↓

What does this song mean to you?

このサイトのタイトルの意味は

「この曲は何を意味していますか?」

まさに私が知りたかったことです。

「Walls And Doors Lyrics」

「Lyrics」は「歌詞」 

  

「Walls And Doors Lyrics」を、「Google翻訳」に注ぎ込みました。

google 翻訳

  

Ever since the world's existed

There's one thing that is certain

There are those who build walls

And those who open doors
 

歌詞の冒頭に「walls」「doors」は出てきます。

 

こんな訳でしょうか?

google翻訳を少々手直しします。

 

世界が存在して以来ずっと
 
確かに一つのことがあります
 
壁を作る人がいれば、
 
ドアを開ける人もいるということ。

  

どうやら政治色のある歌詞のようです。

上のことわざとは少々違うかな。

「walls and doors」であって「walls are doors」ではないもんな。

 

  

今朝から気になっていたことが解決。

今日はどんな日になるかな。

今日の午前中に予定されていた

地区の子ども会ドッジボール大会の中止連絡がありました。

審判を頼まれていました。

腰痛に苦しむ身には朗報でした。 

骨休み・・・腰休みできます。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_1065
  • Img_1062
  • Img_1061
  • Img_1060
  • Img_1059
  • Img_1057
  • Img_1056
  • Img_1055
  • Detail_jordan
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo_2

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼