アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 食材宅配サービスを利用してきました | メイン | 20170902報告その10.「注文をまちがえる料理店」その2 »

2017年9月19日 (火)

20170902報告その9.「注文をまちがえる料理店」

 

今日は9月19日。

  

9月16日の記事の続きで、9月2日のキミヤーズ塾の報告を書きます。

  

赤木和重先生のお話したことからピックアップ。

  

〇「注文をまちがえる料理店」について紹介されました。

 間違えたっていいじゃないかという発想。

 赤木先生の要項によると・・・

 

 認知症という「病気観」の転換

 「治す」「食い止める」だけではなく

 「今のままがOKよ」という発想。

 =「障害」のとらえかたにも通じる

 「できる」「治る」がそのまま幸せにつながるとは限らない。

  

 ※「障害」の見方については「今のままがOKよ」という発想はいいことだと思う。

  集会でつい大きな声で反応してしまう特別支援学級の子ども。

  教師がそれを𠮟責してやめさせようとするのはいいことかと思ってきました。

  その後永遠に大きな声を出すわけではありません。

  つい出てしまった声なのです。

  微笑ましく見ていたいなと思います。

  

〇「注文をまちがえる料理店」については、

 昨日(9月18日)の番組で放映されていました。

 東京でこの3連休限定で料理店が開店していました。

 その番組のこと。そしてそれにかかわった人の話など、

 少々道草になりますが、ここに書き留めておきたいです。

  

その番組とは、テレビ朝日系の「羽鳥慎一モーニングショー」です。

チャンネルを変えたら、「注文をまちがえる料理店」についてやっていて、

急きょ録画しました。

  

聞き書きします。

  

Rimg0777  

ナレーター:一方、店では、万全のフォロー体制も整えられていました。

  ハンバーガーがA。

Rimg0778

  担々麺がB。

Rimg0780

  オムライスがCと、簡単に注文がとれるようにし、

  料金も一律1000円。

Rimg0781

Rimg0782

  間違った料理が来た場合、取り換えることができます。

Rimg0783

  しかし、みんな笑顔で受け入れ、間違った料理を楽しんでいたといいます。

Rimg0784

Rimg0785

  主催者は、認知症の人を笑いものにしてしまうのではないかという

  不安も抱えていましたが・・・・

Rimg0786

Rimg0787

お客さん1:認知症といっても(活躍できる)場所を設けてあげるということは、

  すごくいいことだと思う。

お客さん2:もっとこういったお店ができたらいいなと思います。

  

ナレーター:注文を間違えても、みんなが笑顔のレストラン。

Rimg0788

和田行男さん:人は”目に入る””肌にふれる”刺激を取り込んで

  何かこう活力を得て生きている気がするんですね。

  認知症の人たちが、自ら自分の姿を見せることで、

  認知症じゃない人たちを変えていけると思うんですよね。  

Rimg0789

Rimg0790

羽鳥アナ:すごくいいお店だと思います。

山本アナ:今回の「注文をまちがえる料理店」というのは、

  3連休限定でオープンしていて、今日(9月18日)が最終日なんですよね。

  (中略)

  近い将来、高齢者の5人に1人が認知症になると言われている時代ですから、

  私たちが認知症の人を理解して、お互いが助け合って心地よく生きていく

  すごくいいきっかけなるなあと思いました。

  実行委員長の和田さんによると、今後は期間限定ではなく、

  常設のレストランにしていきたいということです。

Rimg0791

  実際に働いている人の反応なんですけど、

  認知症になってしまうと落ち込んだり、外出を控えたりする傾向があると、

  ご自身もですが、周りの家族もやっぱり外に出さないようにしてしまう

  傾向があるんですけど、実際にやってみると、こうやって明るく積極的に

  なったように感じられると。

Rimg0792

  表情を見てみると、店員さんもお客さんも笑顔になっていて、

  すごくおおらかな空気がお店にあふれているそうです。

(中略)

Rimg0793

住田さん:認知症の方も、こういったコミュニケーションによって、  

  進行もかなり緩やかになりますし、それから怒ったりしないで笑いなので、

  引きこもり出なくなるので、とってもいいと思いました。

(中略)

Rimg0794

Rimg0795

Rimg0796

山本アナ:反響が韓国やオーストラリアからもあって、

  自分の国でもやってみたいというのが海外の国からもあるので、

  それは素晴らしいことだと思います。

(中略)

Rimg0797

玉川さん:どんな立場にいる人でも、社会とのつながりというのがすごく大事なんです。

  人間にとっては。人間は社会的な生き物だから。

  やっぱり社会とつながって、できればそれが仕事であるということが 

  もっといいわけですよね。それは誰にとってもいいことなんです。

(後略)

      

みんなで間違っても笑顔で受け入れて、間違った料理を楽しんでいたという

素晴らしい雰囲気。

障害のある子の行動にも受け入れる姿勢を

周囲の人たちが持てるといいと思いました。

でも日本の教育は、障害のある子を浮かび上がらせて、

その子を「直す」「どうにかする」「そうじゃないと将来たいへん」といった

流れになっていしまいます。

 

つづく

  

  

Forbes Japan 「注文をまちがえる料理店」のこれまでとこれから

 

日経ビジネス ON LINE NHK開発推進ディレクター 小国士朗さんに聞く  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0835_2
  • Rimg0835
  • Rimg1165
  • Rimg1160
  • Rimg1159
  • Rimg1157
  • Rimg1156
  • Rimg1155
  • Rimg1152
  • Rimg1150
  • Rimg1149
  • Rimg1141a

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼