アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 5年前、平重衡役を演じていた俳優さんでした。 | メイン | 新曲「虹」の中の「雁字搦め」 »

2017年8月 7日 (月)

20170801報告 Finger Boardで初めて教材を作った!

 

今日は8月7日。

 

8月1日に出向いた研修会の報告です。

  

Finger Boardで電子教材を作ろう」というワークショップでした。

「Finger Board」というのは、iPadのアプリです。

Semiosisという会社が作成したものです。

Semiosisのホームページは下記をクリックする行けます。

Semiosisホームページ

ここでアプリを手に入れることができるし、

Finger Boardの使い方などさまざまなことがわかります。

Photo_2

Photo

 

このアプリを使えば、iPadの画面でいろいろな教材ができます。

ワークショップの最初に、講師の先生が「簡単に教材が作れます。

待合室でも作ることができます」と言いました。

本当かな?と思いましたが、

1時間教えてもらって、確かにできると思いました。

  

私は人体の絵をタッチすると、「頭」「目」「踵(かかと)」という漢字が

すっと出てくる教材「人体の漢字」をつくることができました。

3択問題を作って、タッチして正解か不正解か示す教材なんて、

本当に簡単にできてしまいます。

  

名古屋で外国人に日本語を教える仕事をしていた方々が、

いい教材が見当たらないので、自分で作ることになり、

作りやすいソフトを開発したのだそうです。すごい。

Finger Boardができたのは今から2年半ほど前。

  

アプリは無料です。

できあがった教材は、簡単に他のタブレットに送ることができます。

こうなると、子ども一人一人がタブレットを手にする必要が出てきます。

欲しいなあ。

7月21日に研修会があった北名古屋市では、

教室には無線ランが配備され、1クラス分のタブレットが用意されているそうです。

うらやましい。

ここを見ればFinger Boardの関連情報がいち早く知ることができます。

Finger Boardフェイスブック

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg0835_2
  • Rimg0835
  • Rimg1165
  • Rimg1160
  • Rimg1159
  • Rimg1157
  • Rimg1156
  • Rimg1155
  • Rimg1152
  • Rimg1150
  • Rimg1149
  • Rimg1141a

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼