アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「ウワサの保護者会 プログラミング教育」その3 | メイン | 「ウワサの保護者会 プログラミング教育」その5 »

2017年6月10日 (土)

「ウワサの保護者会 プログラミング教育」その4

 

今日は6月10日。

前投稿に引き続き、5月20日放映の番組

ウワサの保護者会 “プログラミング教育”って、なに?!」の

聞き書きをしていきます。

  

  

プログラミング教育を先行して実施している小学校を紹介していました。

  

千葉県柏市立大津ヶ丘第一小学校です。

Rimg4451

Rimg4452

訪れたのは6年生の授業。

課題は「学校のことを何にも知らない1年生に、

教室や場所を紹介する」こと。

Rimg4453

  

ナレーター:課題を解決するため、論理的に考える力をつけることが、

  授業の目的だ。まず担当する教室ごとに分かれ、

  1年生にどうやって伝えるかを考える。

  こちらはコンピュータ室担当。

Rimg4634

    

Rimg4635  

  子ども:プリンターの写真とともに、

    (その写真に)「ここから紙を印刷します」と説明を

    加えたほうがいいよね。

  子ども:「印刷」が(1年生には)わかんなくない?

 

  

Rimg4636

子ども:(カメラに向かって)1年生向けっいうのがあって、

  ただ書くだけじゃなくて、わかりやすくしないといけないということを

  どうしようかと話し合っています。

  

Rimg4637

  子ども:1年生が使うところだけでいいんじゃん。

  子ども:じゃあ、プロジェクターは使うじゃん。

  子ども:情報モラルはいらない・・・

  子ども:まだいらない。

  子ども:情報モラルの張り紙はいらない。

  

Rimg4638

ナレーター:プログラミング教育では、課題を解決するためには

  どうしたらいいか、子どもたちの発想力も育まれている。

  

 

ナレーター:こちらは職員室を担当する班。

  

Rimg4639

  子ども:おもしろい感じに文をまとめたりして、1年生も楽しめる。

 

ナレーター:次に素材になる写真を撮影する。

Rimg4640

  子ども:加納先生いますか?

      おもしろいと思ってほしいので、「変顔」(してください)。

  先生:本当に?

Rimg4641

ナレーター:変顔(の写真)で、職員室にはおもしろい先生もいることを

  伝えたい。

  一方、音楽室を担当するこの班は・・・・

Rimg4642  

Rimg4643

子ども:(このような)楽器って、吹奏楽部にならない限り、

  音が聴けないので、他の学年の人だって音を聴いてみたいはずだから

  音を録った方がいいかなあと思って。

 

ナレーター:音楽室にあるさまざまな楽器の音を録音。 

  

Rimg4644

Rimg4645  

Rimg4646

  子ども:無理。いきなり無理。

  子ども:よかったのに。

 

  

ナレーター:そしてその翌日。

Rimg4647

  集めた素材を使って、いよいよプログラミングを始める。

  教えるのは、担任に加え、柏市から委託を受けたIT教育の専門家。

Rimg4648

  子どもたちが使うのは、指示の書かれたブロックを組み合わせて、

  プログラミングできるソフト。

Rimg4649

  例えば「ずっと」と「10歩動かす」を組み合わせると、

  すると指示されたキャラクターは、ずっと10歩を繰り返す。

  視覚的の操作ができるので、子どもたちにも簡単だ。

Rimg4650

Rimg4651

Rimg4652

  

ナレーター:カーソルを合わせると、写真や文字が表示される

  というプログラムを使い、それぞれの場所に何があるのか紹介する。

Rimg4653

  

 

ナレーター:こちらは理科室担当。

Rimg4654

  子ども:ここの水道、どうするの?

  子ども:水道(の写真)ってある?

  子ども:使う素材に(アップの写真は)ないよね。

  子ども:水道がありますって、ふきだしでいいじゃん。

Rimg4655

  

音楽室担当

Rimg4656

  

子ども:(カメラに向かって)鉄琴をたたいているところを、

  写真を動かしてできるようにしようと思っています。

Rimg4657

  

Rimg4658

ナレーター:思いついたことを実現するために、

  プログラミングの中で試行錯誤を繰り返す。そして・・・

Rimg4659

子ども:(カメラに向かって)こんな感じで

  鉄琴をたたいているようになります。

ナレータ-:パソコンだけではない総合的な学び。プログラミング教育。

  子どもたち、どう感じた?

 

子どもたちの答

子ども:この授業を活かして、柏市のいいところとか、

  学校全体のいいところとか、そういうのをいろいろな人に

  伝えられたらと思う。

子ども:家で使える家事をやってくれるロボットとかを作りたい。

  食洗機とかもさらに使いやすく改良してみたいと思います。

  お母さんにいろいろやってもらっているので、

  ちょっと楽をさせてあげたい。

子ども:災害から身を守るロボットを作って、

  みんなに感謝されるようにしたい。

 

近い将来、プログラミング教育の内容を考えるときに、

今回の聞き書きが役に立つような気がします。

あと1回で、聞き書きを終えることができるかな。

(つづく)

 

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1493
  • Rimg1492_2
  • Rimg1491
  • Rimg1490
  • Rimg1485
  • Rimg1489
  • Rimg1488
  • Rimg1487
  • Rimg1486
  • Rimg1484
  • Rimg1482
  • Rimg1481

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼