アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「独壇場」ではなくて「独擅場」だったけど・・・ | メイン | 「アド街ック天国 浜松」⑩遠州織物⑨お菓子⑧舘山寺⑥さわやか »

2017年4月29日 (土)

「アド街ック天国 浜松」⑪浜松風こなもん

  

今日は4月29日。

  

2月18日放映の「アド街ック天国 浜松」より。

    

大河ドラマ「おんな城主 直虎」が始まったことがきっかけで、

浜松に関心が高まり、ちょくちょく浜松に出かけています。

そのタイミングで、「アド街ック天国」で浜松を扱ってくれました。

タイムリーでした。

テレビで見て興味をもったものは、実際に行ってみる確かめてみる。

今回の番組も、いずれ実行に移したい内容です。

   

Rimg4196_2

↑ 20~11位の発表ボードです。

黄色の文字は自分が画像に書き加えました。

   

11位 浜松流こなもん

Rimg4182

↑2種類の「こなもん」が紹介されました。

  

Rimg4183

Rimg4184  

まずは「遠州焼

Rimg4185

Rimg4186

Rimg4187

↑たくあんを入れることが遠州焼の特徴。

なぜたくあんを入れるようになったか調べました。

TNC静岡ご当地グルメ特集  ←ここから引用します。

  

遠州焼きのルーツは、戦争が終わって食べ物が不足していた

昭和の初めの一銭焼きと言われています。

当時、三方原特産の大根を漬けた「たくあん」が

手軽に入手できたことから生まれました。

地域外の人から通常のお好み焼きと区別するため

「遠州焼き」と呼ばれるようになり、

地元では、遠州焼きとは呼ばず、お好み焼きとして

提供されている店もあります。

  

このような歴史があったのですね。

その歴史を噛みしめながら食べてみたいです。

 

   

  

次は「いそやき

Rimg4188

Rimg4189

Rimg4190

Rimg4191

Rimg4192

Rimg4193

Rimg4195  

「いそやき」についても調べました。

このサイトが追究していました↓

静岡大好き。しずふぁん!!

一部引用します。

  

今から40年~50年前に光代さんのご両親が

浜松市内の祭り会場でいそやきを販売していました。

その人気ぶりはというと、いそやきを買い求める為に

1時間待ちの長蛇の列が出来る程だったそうです。

1度は姿を消したいそやきですが、

15~16年のブランクを経て、2年前にお店として復活。

光代さんが当時から使われている機械、看板を引き継ぎました。

「庭の木を切り倒して細々とやってますよ。」と笑う光代さん。

現在は、お祭りでの屋台の出店はしておらず、

自宅の庭でいそやきのみを販売しています。

  

  

番組で見たお店は、自宅の庭に建てたお店だったのですね。

何とも不思議な雰囲気だったのが、理解できました。

ますます行きたくなりました。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • A1wpewsvc1l__sx522_
  • Photo
  • Photo_3
  • Photo
  • 326bc1c239bac476d530d61b7d4ecb73
  • Rimg0797
  • Rimg0796
  • Rimg0795
  • Rimg0794
  • Rimg0793
  • Rimg0792
  • Rimg0791

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼