アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 3月16日は卒業式でした/「バラの花束」(2018年度版)「たいせつな人」(カサリンチュ) | メイン | 「ニッポン人のギモン~IoTってなに?」その7/IoTによる第4次産業革命 »

2017年3月18日 (土)

渡瀬恒彦さん亡くなる/「贅沢」という名前のビール

 

今日は3月18日。

  

渡瀬恒彦さんが亡くなったニュースにビックリしました。

先日、「ザ・テレビジョン」で

春からドラマ「警視庁捜査一課9係」が始まることを

チェックしたばかりだったからです。

10003654 デイリースポーツオンライン

亡くなったのは3月14日。72歳でした。

2時間ドラマでたくさん見ました。

楽しませていただきました。

死の間近までドラマ出演をしようとしていた姿は、

めざしたいです。

自分の場合は、死ぬまで好奇心で動いていたい。

   

   

  

最近「贅沢」という文字をよく見ます。

なぜか?

このビールをよく飲むようになったからです。

(本当はビールではない?でも私にはやっぱりビール)

4901004034397  

山に登って絶景を見ると言っています。

「贅沢、贅沢!」

当然のように絶景を見ると何かバチが当たりそうだと思うのです。

この山を登るには、いろいろな人にお世話になり、ご迷惑をかけ、

自然にも味方をしてもらい、その挙句に絶景を見ることができていると、

そう思っているのです。

だから「贅沢、贅沢!」と言っています。

「贅沢させてもらっています。ありがとうございます」の気持ち。

「贅沢」という言葉は、私には免罪符のような言葉であり、

おなじみの言葉です。

    

「贅沢」の由来。

※引用:語源由来辞典

贅沢の「贅」は、お金に代わって使用する宝貝の「貝」に

「余分」「有り余る」を意味する「敖」で、

余計な財貨が有り余っていることを表した会意文字。

贅沢の「沢」は、たたえた水を表し、

「つや」や「うるおい」を意味する。

これらの意味から、「贅沢」は近代より和製漢語として

用いられるようになった。

  

 

1476266_ll2

前身のこのパッケージの時には見向きもしなかったのに、

「贅沢」が加わることで、私にはほっとけないビールとなりました。

毎晩、ほぼ欠かさず飲んでいるビール。

「贅沢させてもらっています!ありがとうございます」の気持ちで

飲んでいるのかもしれません。

 

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1868
  • Rimg1867
  • Rimg1866
  • Rimg1863
  • Rimg1861
  • Rimg1860a
  • Rimg1860
  • Sl_2133
  • Dscf5323
  • Photo_2
  • Rimg1916
  • Rimg1912

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼