アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 買ってもらったCASIOのEX-SC100 | メイン | 最近見かけた景色 大口妖怪?/通学路のアケビの実 他 »

2016年10月30日 (日)

「おとうさんの手」を読んで

   

今日は10月30日。

今日は久々の登山に出かけます。

天気も良さそうです。

  

長谷川義史さんの本のことをちょくちょく書いてきました。

今回も1冊紹介します。

そうそう、長谷川さんも1961年生まれでした。

51m4yrbml

おとうさんの手」(まはら三桃・作 長谷川義史・絵/

講談社)

主人公のかおりさんのお父さんは、

かおりさんがあかちゃんの頃、

車の事故で頭を打って失明していました。

家族にとって暗いできごとですが、

かおりさんは素直で明るく、お母さんも明るい。

お母さんは仕事帰りに歌って帰ってくるんです。

  

おとうさんの手が、また

ラジオをつけようとしてとまった。

「かおり、耳をすましてごらん」

おとうさんが、にこっとした。

わたしは、もういちど、目をとじた。

Epson718_2

小さなうたごえが、きこえてきた。

たかくてきれいな、おかあさんのこえ。

だんだん、大きくなってくる。

しごとから、かえってきたんだ。

わたしは、おとうさんのゆびを、

ぎゅっとにぎった。

トン、トン、トンと、

だんちのかいだんがひびいた。

そして、ドアがあいた。

Epson717_2

 (60~71p)

  

お母さんの登場です。

お母さんの次の一言が、またお母さんの性格というか、

この家族の性格を表していると思いました。

楽しいことは、家族で共有しようという

チームワークの良さを感じます。

ここでは内緒。

ぜひ本を手に入れて読んでください。

お互いに思いやりのある、

こんな家族がいいなと思ったお話です。

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 010162_01
  • Rimg1986
  • Rimg1985
  • Rimg1984
  • Rimg1983
  • Rimg1982
  • Rimg1980
  • Rimg1979
  • Rimg1978
  • Rimg1977
  • Rimg1976
  • Rimg1975

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼