アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 「ダメ!を言わなければ・・・」からの引用その4 | メイン | 「自然成長」で親の悩みは自然消滅 »

2016年2月25日 (木)

いたたまれない・・・利根川での心中事件

 

今日は2月25日。

  

昨年のニュースでずっと気になっているニュースがあります。

   

22日午前9時10分ごろ、埼玉県熊谷市間々田の利根川で、

ボートに乗っていた男性が川の中で同県深谷市稲荷町北の無職、

藤田ヨキさん(81)が死亡しているのを発見、110番通報した。

約300メートル上流の浅瀬では、夫の無職、

慶秀さん(74)も死亡しているのが見つかった。

埼玉県警深谷署は23日、殺人と自殺幇助(ほうじょ)の疑いで、

三女の無職、波方敦子容疑者(47)を逮捕した。

波方容疑者はヨキさんの近くで低体温症で発見された。

容疑を認めているという。

「貯金も現金もなく、父が『死にたい』というので3人で川に入った」

と話しており、同署は無理心中を図ったとみている。

ヨキさんの発見現場から約2キロ離れた同市石塚の利根川上流の浅瀬で、

3人が乗っていたとみられる軽乗用車が見つかった。

波方容疑者は「車が止まったので一緒に歩いて水の中に入った」

と話しているという。 (産経ニュース 2015年11月23日)

  

いたたまれないニュースでした。

昨晩の「ハートネットTV 届かなかった支援 利根川心中事件をめぐって」は、

この事件のことを扱った番組でした。

その番組の写真。

Rimg7202  

事件までの詳しい経緯が紹介されていました。

11月17日に生活保護を申請。

訪問調査が行われ、まもなく生活保護が認められる可能性があった時の

心中でした。三女がこう言ったそうです。

「生活保護なんて受けたくなかった」

  

貧困や生活保護に対する差別意識が生んだ事件なのでしょうか。

  

貧困はすぐ近くにあると感じたのは、

夏に見た「NHKスペシャル」でした。

ここでも道草 親子共倒れ・・・生きていくのが苦しい生活(2015年8月31日投稿)

その貧困が招いた悲劇が実際に起こってしまったと思いました。

   

何かの事情でお金に余裕がなくなった時には、

やはり他の人に頼るべきなのです。

誰の身にも起こりうることなのです。

でも貧しいと思われたくないという気持ちが、

外部に援助を積極的に求められないの理由になっているようです。

「ハートネットTV」では、貧困者を救う手立てが紹介されていました。

再放送は3月2日の午後1時5分からです。

  

  

ドラマ「相棒」の中でも衝撃的だった話を思い出します。

Season9の第8話「ボーダーライン」です。

2010年12月15日放映。

つい最近再放送を夕方やっていました。

職を失い、家族からも見放された若者が

最後には自ら死を選ぶ辛いお話でした。

 

いつ自分も貧困の状況になるかもしれないという不安を抱えつつも、

現代に確実にある貧困問題をどうにかしたいという思いもあります。

日本は実は怖い国だと思うようになってきました。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 010162_01
  • Rimg1986
  • Rimg1985
  • Rimg1984
  • Rimg1983
  • Rimg1982
  • Rimg1980
  • Rimg1979
  • Rimg1978
  • Rimg1977
  • Rimg1976
  • Rimg1975

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼