« 真田丸シリーズ12.山城研究の第一人者 宮坂武男さん | メイン | 3月9日に高橋優さんの新しい曲が聴けます »

2016年2月27日 (土)

「1925年の明智小五郎」・・・奇妙なお話でした

 

今日は2月27日。

  

1月に面白い番組をやっていました。

「シリーズ・江戸川乱歩短編集」です。

1月11日第1回「D坂の殺人事件」

1月23日第2回「心理試験」

1月24日第3回「屋根裏の散歩者」

  

伏線は昨年の夏に見た

「シリーズ妖しい文学館 名探偵・明智小五郎と怪人二十面相」です。

(録画成功している)

この番組で初期の明智小五郎らしくない明智小五郎が出てくる

「D坂の殺人事件」「屋根裏の散歩者」をイラストで紹介してくれていました。

不思議な話でした。

そして今回はドラマ。それも明智小五郎を満島ひかりが演じる?

この異色さに興味を持ちました。

  

ほぼ原作通りとのこと。

江戸川乱歩の言い回しは、妙に聞き入ってしまいます。

聞きもらしてはもったいないと思いながら聞きたくなる言い回しでした。

少年探偵団シリーズは、やっぱり子ども向けの言い回しですね。

大人の読者を意識した言い回しは知的で愉快でした。

それを映像が増幅していました。

  

女性なのに男性役で、さらに楽しそうに演じていた満島ひかり。

初期の明智小五郎の好き勝手さを表現しているように思えました。

写真を載せます。

まずは「心理試験」

Rimg7224

Rimg7222

Rimg7223

なぜ満島ひかりはこんな格好をしているの?と思うでしょ。 

「屋根裏の散歩者」

Rimg7221

Rimg7219

Rimg7220  

篠原信一を役者として採用。びっくりです。

なぜ篠原信一の上に満島ひかり?と思うでしょ。

  

しかし奇妙な3作でしたが、

江戸川乱歩の作品の奇妙さを表現したようにも思えます。

このような映像にしてみたいという衝動を与える原作なのでしょう。

面白かった。3作とも録画成功。

いつか誰かに「こんな面白いドラマがあったんだよ」と言って

見せたくなるドラマでした。

  

このブログに書かれた批評は勉強になりました。

セントラル・ステーション分室 感想「D坂の殺人事件」

セントラル・ステーション分室 感想「心理試験」

セントラル・ステーション分室 感想「屋根裏の散歩者」

  

伏線の番組「シリーズ妖しい文学館 名探偵・明智小五郎と怪人二十面相」

についてはこのブログで少しだけ紹介しています。

メモ的にここにリンクをはります。

ここでも道草 Y先生の講演のキーワードは「劣等感」(2015年8月30日投稿)

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg2373
  • Rimg2372
  • Rimg2371
  • Rimg2370
  • Rimg2369
  • Rimg2368
  • Rimg2367
  • Rimg2366
  • Rimg2365
  • Rimg2364
  • Rimg2363
  • Rimg2362

今日はにゃんの日

楽餓鬼

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

◆Akira's Candid Photography