アクセスランキング

Powered by Six Apart

« いつの間にか「明けの明星」になっていました | メイン | 高遠での研修 その4/作戦タイム »

2015年9月12日 (土)

高遠での研修 その3/②展開・③つながりのゲーム

  

今日は9月12日。

  

9月8日の「その2」のつづき。

  

レクリエーションの紹介です。

  

②展開

・「集合ゲーム」

 いろいろなバリエーションがある。

 実際にやったのが、「同じ血液型」「同じ生まれ月」でした。

 さらにはしゃべってはいけないというルール付きで、

 「好きな食べ物」でした。

・「ナンバーコール」

 指導者は1回、2回、3回と拍手をして行って、

 たとえば8回拍手した後に「ストップ」と言います。

 そうしたら、8人組を作るゲームです。

   

集合ゲームのコツが本「体験の風をおこそう1 

改訂版 体験活動の企画と展開」(悠光堂)

に書いてあったので、引用します。

  

集合ゲームなどの展開型のゲームには、3つのコツがあります。

①「時間」:必ず「何秒以内」という条件をつけます。

 その場合に「37秒」とか「49秒」などの微妙な数字にすると

 参加者のモチベーションが上がります。

②「バツゲーム」:もちろん実際には「バツゲーム」はしません。

 このことがあれば乗り切れない子どもたちを

 一気に乗せることが可能になります。

③「喋らないルール」:集合ゲームはどちらかというと

 元気のある参加者が目立つゲームです。

 そこで「喋らないルール」を入れることで

 目立たない子どもたちに脚光をあてることが可能になります。

 (138p)

 

この3点は研修の場でも、北見さんは説明していました。

「37秒以内」と言うと、参加者は「何でそんな変な数字なんだ」と

いぶかしがります。それが「アイスブレイク」になると言っていました。

確かにこの数字が出ると、みんなの頭には?が浮かびます。

それを「アイスブレイク」になるという発想が素晴らしい。

上記の本には、集合ゲームとして「木とリス」が紹介されていました。

やり方は本参照。

  

  

③つながり

・「ジェスチャーゲーム」

 各グループにわかれて1列に整列。先頭の人が、別室で

 「◇◇が~した」(◇◇は動物、~は動作)というお題をもらう。

 研修では「サルがソフトクリームを食べた」「ゾウがスイカを食べた」

 でした。それを2番目の人にジェスチャーで伝えます。

 2番目の人が3番目の人に伝えます。最後の人は、答を発表します。

・「間違いさがし」 

 ある人物をみんなで注目します。2分ほど。グループで、その人の

 どの部分を見るか作戦を立ててもOK。

 2分経ったら、人物に背を向けて待ちます。

 その間に、その人物はいろいろ着たり脱いだり

 着けたりはずしたりします。

 指導者の合図で、再びその人物に注目して、

 最初とは変わったところの数をグループで相談して発表します。 

・「電信ゲーム」

 これについては上記の本から引用します。

 研修では最後に行われたゲームで、いい盛り上がりをしたものでした。

  

 1.まずはグループに分かれ、手をつないで丸くなります。(中略)

 2.各グループでリーダーを決め、

   指導者の「レディ・ゴー」の合図でリーダーは、

   右隣の人の左手を握ります。

   握られたメンバーはその瞬間に右隣の人の左手を握ります。

   これを一周させます。

 3.そして最後にリーダーは左隣の人に左手を握られたら

   「来た!」とコールし、ここがゴールです。

   そのタイムを測り各グループで対抗します。

  ※コツは5分くらい練習し、中間報告会をして、

   もう3分練習して本番の決戦大会をやると

   チームビルディングに効果的です。

  ►全員の「つながり」をつくる応用編

   全グループの最高タイムの合計あるいは

   0.5秒前後1秒を足して全員でトライ!

   その場の状況に応じて秒は調整します。  141p) 

  

30人でやった「電信ゲーム」はいい思い出になりました。

・「いっせいのせ」

 ルール

 「両手が誰かの手とつながっていること、

  そして足が誰かの足とくっついていること」

 「いっせいのせ」の合図で全員が立ち上がることをめざすゲーム。

 だんだん人数を増やしていきました。

  

「つながり」のゲームに関しては、「作戦タイム」が重要だと

北見さんは言っていました。そのことについてはまた後で書きます。

  

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Rimg1933
  • Rimg1931
  • Rimg1930
  • Rimg1929
  • Rimg1928
  • Rimg1927_2
  • Rimg1926
  • Rimg1925
  • Rimg1921
  • Rimg1920
  • Rimg1919
  • Rimg1918

教材・教具のネタ帳 (特別支援の教材倉庫)

朝の豊邦420

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

目指せ幸せな生き方

楽餓鬼