アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 雲が” つ ”に見える! | メイン | 変形タイヤがなくなり、キャナリィ・ロウが開店する »

2015年5月23日 (土)

床屋さんの帰り道に見てきたこと

 

今日は5月23日。

  

今朝、自転車に乗って25分の床屋さんに行ってきました。

最近は自動車で行くことが多く、久々の自転車でした。

自転車だと、見えなかったものが見えてきます。

  

Rimg1881a

Rimg1882a  

「センダン」の花が咲いていました。

この強力なセンダンの花が咲くのはこの時期でした。

このブログでも時々話題にする「交差点のセンダン」は

今も生き続けています。

※ここでも道草 身辺雑記・・・パチンコ店、交差点のセンダン(2015年9月24日投稿)

  

  

Rimg1884_2

Rimg1885

↑市内のある駅のホーム。

電車がちょうど停まり、扉が開きました。

その下に道があります。

ホームの下に道。それもちょっと年季の入った道です。

この景色、いいなあと思って撮影。

  

  

Rimg1886

↑玄関横の木でできた小さな物置き?

美しい仕上がりでした。

プロの仕事?日曜大工?

Rimg1887   

   

 

Rimg1888

Rimg1889

↑最近はビワの実を見ます。

この時期に実をつけるビワは、やっぱり異色です。

花が咲くのは冬です。

冬に咲いても、寒さでやられてしまう花もあるそうです。

ひと房に100こほどの花が咲きますが、実ができるのは少なく、

人間が実を大きくするために摘果もします。

その結果、ひと房3個ほどの実となります。

※参考:ビワよもやま話

  

   

Rimg1890

Rimg1891

↑南京錠までついた本格的な「ひみつきち」

「たかのり」って、誰だろう?

男の子だと想像しますが、犬かなあ。

近くに家のない道沿いの場所になぜこんなものが?

  

   

  

自転車で行くと、こんなことに気がついて楽しいです。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼