アクセスランキング

Powered by Six Apart

« 思えば赤石山脈を歩いてきた7.ライチョウとオコジョを撮影/高巻き | メイン | 御嶽山噴火のニュースを見る »

2014年9月27日 (土)

ひらがなの文字を押せば発声してくれるアプリ

  

今日は9月27日。

  

ひらがながなかなか覚えられない子がいます。

ひらがながおぼえられない子には、

最初は漢字から教えるといいとアドバイスをしてくれた先生もいます。

ひらがなは記号だから覚えるのは大変。

漢字なら、実物と合わせて覚えられるというわけです。

なるほど。

  
でもひらがな学習のアプリもいろいろあります。

ひらがなの文字を押せば、発音されるアプリを探していました。

おもちゃにはそういうのがあります。

例えば・・・

 

91qzmubozhl__sl1500_  

Amazon  

  

買えばきっと役に立つと思いますが、2500円ほどかかります。

同じ機能でアプリを探しました。

  
ありました。

  

実際に使ってみました。

なかなか良かったです。

  

こんな画面が出ます。

Ccc

そしたら、この6文字を使って言葉さがしをします。

例えば「あな」「かさ」「あさ」「はな」「はた」

もし友だちにいたら「たなか」など。

その度に、考えた人が文字を押していきます。
  

もうこれ以上でなくなったら、「シャッフル」ボタンを押します。

Cc  

今度は何ができそうかな?

子どもたちから出たのは、「はい」  返事が出ました!

同じものを押して「もも」  賢い!

「ほね」も出ました。
  

また「シャッフル」

C_2  

 え~と、これなら、

「みみ」「せみ」「そん」

こんなこともしました。

「腕のここを押したら”ど”と言ってよ」と子どもに言っておいて、

「い」「ん」と押した後に、子どもの腕を押して「いんど」の完成。

そのなコミュニケーションも楽しいですよ。
  

「や」の発音が子どもたちには人気でした。「いや!」という感じの発音です。

3種類あるそうなので、ちょうどその発音が出るかどうかわかりませんが。

  

  
  
  

子どもたちにひらがなを親しませるためには、

シンプルですが、とても効果的なアプリでした。

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_3
  • Photo_2
  • Rimg1966
  • Rimg1965
  • Rimg1964
  • Rimg1963
  • Rimg1962
  • Rimg1961
  • Rimg1960
  • Rimg1959
  • Rimg1926
  • Rimg1925

朝の豊邦420

末期がん患者(ステージⅣ)の生存確認ブログ|恵比寿南日記

いま ここ 浜松

凛々しく前へ

ありがとう幸せな毎日

taronokoのブログ

iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる

楽餓鬼